吉田みきと ほぼ毎日ブログ

「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。」 吉田松陰・高杉晋作語録   「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない。」 西郷隆盛・山岡鉄舟語録

研修/勉強会

松本大氏の真っ正直さ 振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない

オンライン証券大手のマネックス証券を創業された、松本大(まつもとおおき)氏は、真っ正直な方でした。ある学校内での講演会を拝聴したのですが、氏の人生観を、淡々と、かつ変に格好付けず、学生に向けて話してくれたのが非常に好印象。

氏は、東京大学文科一類卒業後、ソロモンブラザーズ入社、7年後にゴールドマン・サックスに転職、4年後にパートナー(共同経営者)へ昇格、4年後に辞任し、マネックス証券を創業。直近では仮想通貨交換業者コインチェック(NEM仮想通貨流出事件で有名)を買収し、会長職をされています。そのほか多数の会社の社外取締役、理事等を引き受けておられます。

スゴイ経歴とシルバーグレーの出で立ちから50代中盤の年齢を感じさせるかと思いきや、肌つやもよく、動作も機敏で若々しい。2014年にワールドビジネスサテライトの美人キャスター大江麻理子さんと15才差結婚したのも、納得。

「他人」という目標を持ったことはないそうです。よく尊敬する人は・・・という問いがあるけれど、仮に偉人を挙げたところで、偉人そのものにはなれないし、生まれもスペックも環境も違うので、尊敬はするが目標ではない、ということ。それよりも「自分」をどれだけ進められるかに関心があるそうです。靴に例えると、大きい靴を履けば遠くまで歩けるわけではない。自分の足のサイズにあった靴で、なるべく遠くまで歩こうとしていく。ものごとに興味を持ち、怠けず、継続することが大事。

Look to the future. 振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない(寺山修司)。を、学生に対するアドバイスとして挙げられています。とてもわかりやすい言葉で、学生に対する質問にも、自分の言葉で、真摯に答えるお姿は、非常に好感でした。

2019-05-25 15.04.53_2

「お金という人生の呪縛について」という本を書かれています。講演の中でもふれておられましたが、大学2年のときに、生涯の友となる友人ができ、その友人の母親に海外旅行のお金をだしてもらったことが、人生を変えたきっかけだそうです。それまでは、他人という存在は、あくまでの自分とは別。しかし、他人でも真に信じられる、ということはある。その思いが、ビジネスを含めた社会活動の全てのやり方を決定づけたそうです。

あるきっかけで、もしくはどんな気づきがあるかで、生き方・人生に対する考え方が、がらっと変わる。自分に振り返って、またこのことを他の方にも伝えていきたい。

2019-05-26 18.04.11

 

第13回 いわき素読教室 令和を素読

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第13回 いわき素読教室が、2019.6.8(土)に、いわきニュータウン内の中央台公民館で開催されました。後援はいわき市教育委員会です。これまでに、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室や大國魂神社等で開催してきて、今回が13回目。

スタートは、立腰して、日本書紀の即位建都の詔の素読からです。正座して腰骨を立てます。そして素読するときは教材を下から支え、軽く前に出して声を出すことで、自然と発声がしやすくなります。

年号が平成から令和に変わったばかりなので、今回のメインテーマは、万葉集の中の令和のくだりをみんなで、丁寧に素読しました。
「初春の月にして、気き淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」(しょしゅんのれいげつにして きよくかぜやわらぎ うめはきょうぜんのこをひらき らんははいごのこうをかおらす)。美しい言葉が並び、またリズムも良い。意味がすぐにわからなくても、素読の素材として、ぴったりです。

そして史記・書経の中の平成のくだりもやりました。
「内かに外る 地かに天る」(うちたいらかにそとなる ちたいらかにてんなる)。内外、天地とも平和が達成されるとの意味ですが、音・リズムが良いですね。

素読とは、言葉を、意味の理解を伴うことなく、その字面を追って、あるいはお手本となる発話者の発音の通りに声を出して読むことです、一般的なイメージとしは、いわゆる「音読」です。ちょっと異なるのは、意味を伝えないこと、意味を伝えるとしてもそれは素読をした後に行い、「もっと知りたい」と感じる程度にとどめることです。こどもたちは、令和や平成の元号由来を、音として染みこんだことでしょう。

<前回 第12回いわき素読教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53066898.html
2019-06-08 13.59.01_2

永澤さんからは、「七月のいろいろな呼び名」「初夏の俳句と和歌」「論語」を素読。7月が文月と呼ばれていることは広く知られていますが、そのほかにもたくさんの日本語があるんですね。素読しているうちに、なんとなく意味がわかってくるものです。七夕月などは直感でわかりますが、桐月・蘭月などは、旬の植物由来の名前のようです。

今回は、パワーポイントの音声埋め込み機能を使って、福島県の鳥、キビタキの鳴き声当てクイズをしました。子どもたちはクイズ形式が大好き。正答率は高かった、さすがみんな福島県人。

2019-06-08 14.19.56

今回の制作は、「祝ひ袋」です。何の変哲もない柄をカラー印刷されたA4コピー用紙が、折り方ひとつで、祝ひ袋という、美しい・かわいらしいポチ袋に変身。日本の折り紙文化は、間違いなく、世界に誇れる。これを体得しないのは、日本人として損していると思います。

完成した祝ひ袋は、カラー筆ペンで、それぞれタイトルを書きました。父の日が近いこともあって、「お父さん、いつもありがとう」を書いた子もいましたし、お盆にお小遣いをもらおうと、お年玉ならぬ「お盆玉」とタイトルに書いた子もいました。

ちなみに筆ペンは黒色だけでなく、24色セット等が市販されています。簡単に書道や書写に使える筆ペンは、これも世界に誇れる文具ツールだと思います。

2019-06-08 14.23.41

長谷川さんは、短冊の飾り付けを担当。七夕の短冊に願をかけるという習慣が、日本各地にあります。その由来は、朝露を集めて墨をすり、その墨で七夕の短冊に願い事を書くと書道が上手になるという言い伝えから、いつの間にか一般的な願掛けになったそうです。なんとはなしにやっている風習の由来についてたまには思いを馳せてみるのも、日本人としてアンデンティティや誇りにつながるのではないでしょうか。

2019-06-08 14.23.46


ロボット手術 ダヴィンチ見学@常磐病院

いわきの医師不足解消のためにお医者さん達と交流する「いわきの医師を応援するお姉さんの会」。今回第18回は、交流会の前に研修として、常磐病院の新村院長のご案内で医療施設見学会を開催しました。一般人が、医療施設の裏側を見ることができるのは非常に貴重な機会です。医療の現実を知ることができ、非常に有用な経験となりました。常磐病院さんには、第7回でもお姉さんの会に会場提供・運営協力いただき、誠に感謝です。

<第7回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@ゆしまや保育園> 
http://www.mikito.biz/archives/49864566.html
2019-05-30 18.34.34_2

常磐病院は、いわき泌尿器科を母体とするときわ会グループの中核施設です。赤字続きだった、かつての「いわき市立」常磐病院を引き受けて、現在は、特徴ある経営をされていて、震災前よりも医師の数を増やしています。その施策のひとつが、ロボット手術「ダヴィンチ」の導入です。開腹しないで外科手術ができる腹腔鏡手術の進化バージョンで、3本のアームを持つ遠隔操作の内視鏡ロボットです。その使い方について現物を見ながら説明をいただきました。患者でないかぎり、無影灯のある手術室に入る機会などない一般人には、非常に刺激的でした。

<ときわ会 常磐病院は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/31597075.html
2019-05-30 17.51.42

ダヴィンチ手術に、自ら携わっている新村院長から、ダヴィンチの操作方法のレクチャーを受けました。ちなみに新村先生は、今日も(当然のように)アロハシャツ姿。新村院長はこのアロハ姿で、SNS投稿をすることを日常化していて、常磐病院のプレゼンスや風通しのよい社風を、体外的に発信し続けています。

<人として信頼できるガンの名医 新村院長は、コチラ>
2019-05-30 17.52.20

新村院長の監督のもと、参加したお姉さん方も、ダヴィンチ操作体験をしました!今回は、術野内のリングを掴んで、移動して、別の場所に置くというものでしたが、繊細な動きが正確にできることに、皆さん驚愕の声を上げられていました。ちなみにダヴィンチの投資額は、総額で3億円にものぼる高価な医療機器で、常磐病院では2012年から運用開始しており、ほぼ毎日、ロボット手術が行われています。ロボット手術で執刀できる経験を求めて、首都圏からもたくさんの非常勤医師が、この常磐病院に来ていらっしゃるそうです。

<常磐病院 トレーニング用の手術ロボット ダヴィンチ操作体験は、コチラ>
2019-05-30 17.53.26

今回、体験させていただいたロボットのアームで、でこぼこの場所におかれたリングを、掴んで、移動して、別の場所に移動するということを体験させていただきました。

2019-05-30 17.53.37

上記は、実際に目で見たものですが、実際の手術では開腹しないので、医師は自分の目でこのような術野を見ることはできません。なので、ロボットの先端についている小型カメラ&モニターで、術野を確認することになります。その拡大モニターがこちら。執刀している医師だけでなく、手術室内のスタッフも、同時に状況を確認することができますし、後で振り返るための映像記録に残すことも容易です。

2019-05-30 17.55.00

常磐病院の特徴のひとつが、職員用の温泉施設です。いわき湯本温泉の源泉から、配湯されているホンモノの温泉です。清掃タイムを除いて、24時間いつでも入浴できます。こんな福利厚生施設は、全国でも珍しい。首都圏からきた非常勤医師は、ほぼ全員、驚くそうです。診察終了後・当直明け等に、ドクターを含むスタッフが利用して、疲れた体をほぐすのだそう。ここでゆったり入ってから帰宅すれば、疲れもとれるでしょう。

2019-05-30 18.13.25

病院5階に設置されたお風呂からの眺めは、良いですね。

<いわき湯本温泉は、コチラ>
2019-05-30 18.09.07

職員食堂は、職員から非常に評判が良い。というのも利用はバイキング形式なので、食べ放題なんです。スタッフがいる営業時間は11:00-15:00のランチタイムだけですが、バイキング形式でオープンしているのは、24時間。すなわち、温かいご飯、味噌汁、おかずが、いつでも提供されているので、ランチだけでなく、出勤前の朝食、当直のときの夜食等、どんな時間でも、すぐ温かい食事ができるのは、ドクターに大好評。いわき市医療センターにも職員食堂はありますが、営業時間は平日9:00-15:00、休日11:00-15:00だけです。

<一般食堂@いわき市立医療センターは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53210981.html
2019-05-30 17.43.18

メニューは、常に5種類を用意(定食3種、麺類2種)。24時間常時、5種類もの選択肢を用意しているのは、珍しい。実際に利用しているドクターによると、美味しいので、食事が常磐病院で働く楽しみのひとつだとおっしゃっていました。衣食住の言葉のとおり、人間が生きていき、人生を楽しむには食はとっても大事だと思います。食の充実は、ドクターにとっての職場(病院)の魅力度につながるということは、千葉県の国保旭中央病院で実感したものです。ちなみに、タンパク質・塩分・炭水化物のグラム表示までされているのは、流石、病院ですね。

<国保旭中央病院 ランチ事情は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47267704.html
2019-05-30 17.43.09

食べ物関連には手厳しい?調理を日常としているお姉さん方も、ここの職員食堂の運営には、感心されていました。

2019-05-30 17.45.01

治療や健康診断で使用されるCTスキャンの機器を見学させていただきました。少ない放射線被ばく線量(胸部レントゲン検査と同じくらい)で、高精細なCT検査を実現できる機器です。事務長さんに説明いただきました。

2019-05-30 17.37.00

シーメンス社製 SOMATOM Forceという機器で、これまた一台数千万円!だそうです。毎日稼働中。

2019-05-30 17.38.15

CTと似て非なる、PET-CT。新村院長に、実際の画像を見ながら、がんを発見するやり方の説明を受けました。ざっくりいって、CTは、放射線を使って、切らずに体の輪切り写真を何十枚も撮影できる機械です。これに加えて、放射線を含む液剤を服用することで、それががんに吸着した姿を可視化するわけです。実際にがんの部位が、くっきり素人目にもわかり、機器の有用性が、体感できました。

2019-05-30 18.21.10

放射線を含む液剤は、1回分で数万円もするものだそうです。使用期限は当日のみ。健康診断を予約したら、必ず受診しないと薬がムダ(お金もムダ)になってしまいます。ドタキャンはダメということも体感できました。常磐病院さんでは、CT・MRI・PETを使った健康診断を積極的に提供しているそうです。市内の健康診断でこれだけの機械がそろっているところは、そうないと思います(ちなみにいわき市医療センターにも素晴らしい機器がありますが、原則として治療目的なので、健康診断は2次的)。

いわき市民の健康数値は全国平均と比して、かなり悪いという事実があります。特に肥満を要因とした生活習慣病は、問題。エビデンスとして確立されているわけではないですが、数年に一度は、人間ドックlや、CT/MRI等最新の機器を使って、体の状態をチェックしてみるのもありだと思います。

<いわき市の児童・生徒には肥満児が多いは、コチラ>
2019-05-30 18.29.26


御代替り やはり神道は宗教ではないことを確信

いわき市神社総代会の総会では、神社本庁総合研究所の浅山雅司氏をお招きして、御代替り(みよがわり)について、ご講演いただきました。この内容が、とってもわかりやすかった。まず、定義の確認(私の雑駁な理解なので不正確かもしれません。どうかお許しください。また敬称略です)。

御代替り(みよがわり、もしくはおだいがわり):新しい天皇になること
改元:年号が変わること(平成から令和のように)
践祚(せんそ):天皇が直ちに位につくこと
即位:即位したことを内外に知らせること
譲位:天皇の位を譲られること

かつては御代替り以外にも、様々な機会に改元が行われました。天災や逆に良い出来事等で、同じ天皇が複数回の改元を行っている(同一天皇で最大7回だそうです)ので、天皇陛下としては126代(神武天皇が初代)ですが、年号は(西暦645年の大化がはじまり)248個あります。明治以降はルール変更になり、一世一代となりました。

平成→令和の今回は、一連のこと(御代替り・改元・践祚・即位・譲位)が、ほぼ同日付で行われたので、一緒のことかと感じますが、今回は事前に譲位(前回は光格天皇→仁孝天皇 約200年前)ということがあったから、事前準備ができたのです。昭和→平成のときのように、崩御(天皇がお亡くなりになる)を原因として践祚となる場合、喪に服する期間があるため、崩御後、(践祚はできますが)内外に華々しく発表する即位は、ちょっと後にせざるを得ないからです。

今後は、正しい用語を理解し広めるために、積極的にこの御代替り(みよがわり)という言葉を使っていきたい。というか、この御代替り一連の事象を、日本人の文化として理解した上で、外国人に説明できたら、日本人としてのアイデンティティが確立できるし、日本という国体が尊敬されると思います。なんといっても、すごくかっこいい。ぜひ実践したい。

<用語集(英語)はコチラ>
https://www.dropbox.com/s/aeqvr6ql8ysrfc5/kihonyogo-j-e.pdf?dl=0
https://www.dropbox.com/s/vv1qtgsob408p8y/kihongoi.pdf?dl=0
2019-05-28 11.26.07

個人的には、神道は日本の国体と密着しているので宗教とはいえず、お祈りをしたり捧げ物をすることは現行の日本国憲法第20条の政教分離の原則に反しないと思っています。というか、現憲法の制定前、2000年以上前から国・国民に定着している神道という高次の日本の精神を、にわか仕立ての法律が定める宗教などという低次のレベルとものと同格に論じるべきではない、と思います。そもそも宗教というからには、定義となる教祖や経典、教義があるはずでしょう。一方、日本人の古来の行動規範となっている神道にはそんな定義などは必要ありません。天皇陛下が国を代表して日本国・国民の安寧や五穀豊穣を祈る行為が、どうして天皇陛下の私的行為なのか。明らかに国・大御宝たる国民のためにやっていただいている所作でしょう。

しかし世の中にまかり通っている通説によれば、神道は、とにかく宗教なので国が関わってはいけないとされています。天皇の譲位や即位の礼は、天皇という憲法に定める国の象徴の交代の儀式だから、例外的に、国の儀式として認められるというものです(だから、大嘗祭と即位の礼は、国費で賄われる)。

これは詭弁でしょう。大嘗祭は、そもそも日本の五穀豊穣を祈念する新嘗祭の上位バージョン。新嘗祭のうち、即位後初めて、一世一度行われるものが大嘗祭だからです。

天皇陛下が位に就かれる践祚の儀式である「剣璽等承継の儀」が国の儀式で、同時刻に宮中三殿で行われる「賢所の儀・皇霊殿神殿に報告の儀(いずれも天皇陛下が位に就かれる践祚を天照大神・皇族の霊に報告)」は陛下の私的儀式となっています。このように意味が一体の諸儀式を、国の儀式と私的儀式に区分する、基準も理由も妥当性も、私には全く理解できません。5千円札の新渡戸稲造さんも、名著 武士道で、神道が日本人の一部であるといわれています。

<武士道 The soul of Japanは、コチラ> 
2019-05-28 10.09.06

参加者全員で、敬神生活の綱領を音読しました。このような敬神崇祖・自然崇拝・感謝・謙虚・勤労・愛和・清潔・整理整頓・世界と共存等は、日本人のDNAであり、行動のベースとなるOSでしょう。今のグローバル社会の中で、日本人としてのアイデンティティを持ち、オリジナリティを保持し、サステナブルに生き延びていくためにも、大切にしていきたいことばかりです。

神道は天地悠久の大道であって、崇高なる精神を培ひ、太平を開く基である。神慮を畏み祖訓をつぎ、いよいよ道の精華を発揮し、人類の福祉を増進するは、使命を達成する所以である。ここにこの綱領をかがげて向ふところを明らかにし、実践につとめて以って大道を宣揚することを期する。

一、神の恵みと祖先の恩とに感謝し、明き清きまことを以って祭祀にいそしむこと
一、世のため人のために奉仕し、神のみこともちとして世をつくり固め成すこと
一、大御心をいただきてむつび和らぎ、国の隆昌と世界の共存共栄とを祈ること

2019-05-28 10.04.12

 

ラブライブ@沼津仲世店商店街

沼津仲見世商店街は沼津駅南口すぐの商店街です。南北に約250mも続く全蓋アーケード。よくある地方のアーケード商店街なのですが、けっこう頑張っています。そのひとつが、かつて昭和30-40年代のときの沼津仲見世商店街マップ展示。当時、チンチン電車が走っていたのですね。当時から変わらぬお店もあれば、すっかり変わってしまったところもある。ノスタルジーにひたるも良し、歴史の変遷を感じるのも良し。

2019-04-06 17.12.34

商店街ののぼりは、ラブライブ!サンシャイン!!で埋め尽くされています。聞くと、聖地巡礼と称して、たくさんのファンがアニメに登場した場所の聖地巡礼をするのだそうです。来れば、食事もするでしょうし、お土産も買うでしょう。経済効果はしっかりありますね。

商店街の一角には、スタンプが置かれ、スタンプラリーができます。スタンプラリーの台紙は、商店街の書店で300円で購入できます。

<沼津市×ラブライブ 燦々ぬまづ大使Aqoursは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53225378.html
2019-04-06 17.13.35

デジタルスタンプラリーなんてのも、やっていました。

2019-04-06 20.31.37

そして、特筆は、ラブライブ!サンシャイン!!とのコラボレーション企画です!商店街のマンホールは、カラフルなラブライブのメンバーです。

2019-04-06 17.13.17

2019-04-06 17.16.23

2019-04-06 17.16.55

2019-04-06 17.17.07

日本を変えた千の技術博@国立科学博物館

日本を変えた千の技術博が、国立科学博物展で開催されました。明治から現在までの150年で、日本が開発した数々の技術が展示されています。明治から150年で一気に西洋科学を取り入れ技術先進国となった日本の軌跡。もちろん先人たちの努力の積み重ねがあってのことだけれど、その基礎は人づくり、教育にあると感じた。江戸時代から藩校や寺子屋で高い識字率と道徳観が養われて、それが明治以降も引き継がれた。

この国立科学博物館、通称カハクでは、年に数回の特別展を開催していますが、どれも展示レベルが高いのとともに、わかりやすい解説がされるので、大人からこどもまで、それぞれの知識レベルに合わせて、楽しめます。それだけでなく、いろいろな気づきを得ることができます。

<前回の特別企画展は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52520504.html
2019-03-03 11.31.13

その中で、どうしても見たいものがあった。それは国産初のブルドーザーコマツG40。これがGPS工事車両 世界のコマツの原点かと思うとあまりに感慨深い(^^)

2019-03-03 10.39.57

国産初の旅客機YS-11。合い言葉「横浜(Y)、杉田(S)で11日にあいましょう」のあの、YS-11です。実際は、輸送機の頭文字「Y」と設計の「S」、エンジン候補番号10案の「1」、機体仕様候補1案の「1」らしいですが。いずれにせよ、太平洋戦争戦前は世界有数の航空大国であった日本が、戦後、航空機の開発を一切GHQが禁止され、技術が途絶えてしまった。それをゼロ戦の開発者、堀越二郎さんらベテランと若手技術者が、いちから開発をした航空機です。これの風洞実験をした現物の木製模型です。これを堀越二郎さんは、その手で撫でていたかと思うと感慨ひとしおです。

2019-03-03 10.19.47

傑作エンジンと呼ばれた空冷式の「栄」。零戦や隼に搭載され、軽快な運動性能を実現していたエンジン現物です。丁寧にメンテナンスされ、いまでも完動しそうです。

2019-03-03 10.19.34

日本初の工作機械。安川電機製。

2019-03-03 10.22.17

戊辰戦争時には、日本初の西洋式野戦病院が開設され、西洋医学の導入・発展に大きく寄与しました。その病院が日本で初の常設となったのが、いわき平の性源寺に置かれた奥羽出張病院です。そこに常時掲げられたのが、この病院旗です(奥羽出張病院はその前に茨城県の平潟に仮設されましたが、病院旗は掲げていなかったらしい】。

<性源寺 奥羽出張病院は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51324020.html
2019-03-03 09.44.34

小学校教則綱領には読み書き算盤の前に「修身」の教科が置かれ、小一から卒業までの8年間ずっと学び続けていた。現在の理科は、博物、物理、化学、生理として小学校からやっていた。西洋科学のインパクトとその必要性を明治期のリーダーがいち早く見抜き、即実践し修正しながら社会実装していったことを体感した。

日本人の強みの原点は、家族・友人融和、敬神崇祖、和を以て貴しとするこの「修身」教育にそのエッセンスが詰め込まれているのではないか。

<国民の修身 高学年用は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49501553.html
<国民の修身 低学年用は、コチラ>
2019-03-03 09.37.16

福澤諭吉は、西洋遊学を通じて、科学技術の重要性を認識していました。それにとどまらず、その重要性を市井の人に理解してもらうために、1868年 (明治元年)に「訓蒙 窮理圖解(きんもう きゅうりずかい)という入門書を出版。これは、英米で出版された物理書、博物書、地理書を参考に、日常の身近な自然現象を解説・図解したもので、日本で最初の科学入門書だそうです。

ポンチ絵がふんだんに挿入されており、とても平易なものです。福沢諭吉先生のような意識の高い人が難しい本を出すだけでなく、一般の人にもわかりやすいこのような本を出されていたことに改めて、尊敬の念を抱きました。

2019-03-03 09.36.52



アンガーマネジメント×仏教

真言宗智山派の僧侶、早川智雄氏のアンガーマネジメント体験版講座に参加しました。「怒り」をマネジメントする、アンガーマネジメントについて、先日ファシリテーター資格をいただいてきたのですが、早川氏も同じ資格をお持ちの方です。今回は、智山勤行式(ちざんごうんぎょうしき)という「お経」の解説付きです。

信徒の方は、この勤行式を毎日、仏壇に向かい仏さまに感謝の気持ちを伝えつつ、お経を読むのが智山勤行式。そのお経とは、「般若心経」。ただ、お経を読むのではなく、以下の手順で行うのだそうです。
●懺悔文 (まず、懺悔)
●三帰礼文 (仏様と仏様の教えが、心身の拠り所)
●十善戒 (10の善行を行う)
●発菩提心真言 
●三昧耶戒真言 
●開経文 (仏様の教えに出会えたことを感謝)
●般若心経 (これが本文)
●光明真言(すべての罪が消滅しますように) 
●ご法号 (すべての仏、弘法大師空海、興教大師覚鑁に感謝)
●普廻向 (すべての者が共に仏の道を完成できますように)

<アンガーマネジメントファシリテーター養成講座は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52793613.html
2019-02-27 18.58.02

今回は、AMに加え、仏教の入門編と、AMと仏教の相違点等の開設もいただきました。現役僧侶の言葉には、重みがありますね!

<アンガーマネジメントの学びは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52095173.html
2019-02-27 20.01.43

2019-02-27 19.11.01


 

第12回 いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第12回 いわき素読教室が、2019.2.23(土)に、大國魂神社で開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。これまでは、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室や中央台公民館等で開催してきました。

スタートは、立腰して、日本書紀の即位建都の詔の素読からです。正座して腰骨を立てます。そして素読するときは教材を下から支え、軽く前に出して声を出すことで、自然と発声がしやすくなります。

<前回 第11回いわき素読教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52758420.html 
2019-02-23 10.25.35

素読とは、言葉を、意味の理解を伴うことなく、その字面を追って、あるいはお手本となる発話者の発音の通りに声を出して読むことです、一般的なイメージとしは、いわゆる「音読」です。ちょっと異なるのは、意味を伝えないこと、意味を伝えるとしてもそれは素読をした後に行い、「もっと知りたい」と感じる程度にとどめることです。

2019-02-23 10.11.47

山名代表の本職は神社の禰宜さんです。毎回、日本の礼儀のちょっとしたことを教えていただけます。ちなみに前回は、座布団の上下の見方、座り方でした。今回は、お辞儀の3種類のうち、手刀を畳に二秒程度つける一番軽いお辞儀をみんなで練習しました。

2019-02-23 10.14.02

永澤さんからは、「三月のいろいろな呼び名」「三月の俳句と和歌」「論語」を素読。3月が弥生と呼ばれていることは広く知られていますが、そのほかにもたくさんの日本語があるんですね。素読しているうちに、なんとなく意味がわかってくるものです。ちなみに3月の別名である「夢見月」は、桜の開花が語源なのだそうです。

2019-02-23 10.17.35

子どもたちはクイズ形式が大好き。積極的に挙手しますね。

2019-02-23 10.21.00

今回は一通りの素読をした後に、百人一首かるた大会をしました。ちはやふるに出てくるような、本格的な百人一首ではなく、5色百人一首という簡易バージョンです。これは百人一首を20枚ずつ5色に色分けした教材です。 このため一試合、数分で決着がつくので、お手軽なんです。 

2019-02-23 10.38.38

時間内に何度もチャレンジできるので子ども達は熱中し、 楽しんでいました。結果として、いつのまにかいくつかの百人一首を覚えることができてしまうというおまけ付きです。

2019-02-23 10.57.07



福島第一原発を視察

いわき経済同友会で、福島第一原発を視察を視察しました。約4年前にも福島第一原発を視察していますが、このときよりも、構内の放射線量は減っており、バスの車内からの視察でしたが、全くマスクなしでOKでした。地震で使えなくなった事務本館も、大きく新築され事務スタッフのこの正面入口の建物内で勤務されているそうです。

<2015年 福島第一原発 1-6号機を視察は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/43137576.html
<2015年 福島第一原発 重要免震棟を視察は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/43026960.html
IMG_8500

国道6号線の福島第一原子力発電所付近に設置された線量計の表示は、1.849マイクロSv/hです。減ってきているとはいえ、いわき市内の0.2マイクロSv/hから比べると、まだまだ放射線の影響はあります。

<福島第2原子力発電所 原子炉格納容器を視察は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47515928.html
IMG_8460

構内のメインロードのひとつは、かつて桜並木の通りでした。現在は、放射線を除去するために、なるたけ樹木は伐採されています。なお、地面はフェーシングといってほとんどがコンクリートで覆われています。これにより地面からの放射線の影響をなくすとともに、新規に雨水が地下に染みこまないようにする効果もあります。このフェーシングによって大きく線量が軽減したそうですが、いかんせん殺風景となってしまいましたね。

IMG_8467

殺風景といえば、汚染水を陸上に溜めるためのタンク群もそうです。かつては構内のそこここに林地があり、緑がありました。今では汚染水を溜めるためのタンクの増設がつづき、これらの林地はほとんどタンク置き場となっています。

IMG_8468

正面奥が、水素爆発を起こした1号機、2号機です。巨大なクレーンで、原子炉の上からがれき等の吊上げをやっています。1号機付近は放射線量が高いので、もちろん無人の遠隔操作だそうです。

IMG_8472

原子炉の上を覆う建屋。水素爆発してがれき状態になっていました。事故から8年近く経過し、徐々に撤去作業が進んでいるものの、まだまだの部分も多く残されています。

IMG_8476

構内バスの車内からの視察とはいえ、福島第一原発1号機から数十メートルの場所まで、一般人がマスクなしで見学できるまで、空間放射線量が低減しているということ。視察時に個人ごとに計測される累計線量計によれば、私が視察時に浴びた放射線累計で0.01マイクロシーベルトでした。

IMG_8479

2号機は、溶け落ちたデブリはもちろんのこと、プールに入ったままの燃料棒の取り出しができていません(4号機は、すべて取出し済み)。取り出しの準備のために建屋の横に大規模な足場+建屋を建設していて、ここから取り出し作業を進める予定だそうです。

IMG_8481

IMG_8482

IMG_8485

IMG_8486

IMG_8489

4号機は、事故時にメルトダウンせず、また保管中の燃料棒も取り出し作業は完了したため、ほぼリスクはゼロ。このとき燃料棒取り出しのために組まれた鉄骨の建造物は、ほぼ東京タワー建設に要した鉄骨量と同じくらいだそうです。

IMG_8490

構内各所にある、地下水くみ出しポンプです。

IMG_8492

構内には、いまだ津波の直接被害をダイレクトに感じさせる箇所がいくつもありました。

IMG_8494

IMG_8496

約4年前、2015年に視察したときよりも、圧倒的に作業環境が改善されていることに驚きました。一方、廃炉作業は容易に進捗するものではないということも明らかになっています。現状をきちんと把握し、計画を立てた上で、検証しながら廃炉作業を進めていく。いまだ確立されていない技術を開発し、試行錯誤しながら進めていく。道は長く困難であることはわかっていつつも、やるしかないです。

IMG_8501

注)上記写真は、事前に許可をもらい、同行した東京電力の社員の方に撮影してもらいました。
 

ノーベル賞 大隅良典先生講演

ノーベル賞受賞者である大隅良典先生の講演を聞く機会がありました。大隅良典先生は、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者で、現在は、大隅基礎科学創成財団の理事長として、小中高生のための科学教室の主催や、全国の若手研究者への研究費助成をおこなっています。

講演の後には、直接、先生と間近で質問できる時間もしっかりあり、こどもたちは感激と感動でした。先生はこどもたちの質問に真正面から答え、きっとその答えがこどもたちの夢への手がかりとなるでしょう!!!

Inked2019-01-12 14.52.30_LI

会場には、ノーベル賞メダルのレプリカが展示されていました。レプリカといってもノーベル賞財団によって限定3個だけ制作されるもので、本物の18金で作られているそうです。

2019-01-12 11.37.06

大隅良典先生の受賞対象は「オートファジーの仕組みの解明」です。これは細胞の死亡・再生が自動で、かつ早いサイクルで行われていること、そしてその再生においては、死亡した細胞が分解され、それを栄養?として再構築されることを明らかにしました。

我々、人間の細胞も一日で約1%が入れ替わっており、約3ヶ月ですべて入れ替わる計算になります。昨日の自分は、ほんの一部ですが、今日の自分とは違います。ここから、今日一日を大事に、精一杯行きようと思いますし、また明日の細胞のためにも口から入る栄養、食事は大事なんだと改めて感じました。

2019-01-12 14.49.25

大隅良典先生がオートファジーを発見した、酵母菌の画面です。すこしずつ酵母菌が動いているのがわかります。顕微鏡も参加者に覗かせてくれ、最先端研究の一部を体感することができました。

2019-01-12 14.49.37

小中高生のための、各種実験教室が、協力団体により、運営されました。昨今流行のプログラミング教室が人気でした。これは、ロボットに特定動作をさせるためのプログラムコードを作るというもの。PCに触ったことがないこどもたちでも、すぐに操作を覚え、プログラムの内容を理解していました。こういった体感できる実験教室は、科学への興味や論理的思考の育成のために、かなり有用です。われわれ日本の将来を担うのはこどもたちです。彼らのスキル・人的資本が向上するような教育システムを用意し、きちんとしたトレーニングをさせてあげることが、われわれ大人の役割・使命です。

2019-01-12 14.20.58

2019-01-12 10.48.20


 

新築そっくりさん リフォーム現場見学会

住友不動産の「新築そっくりさん」は、老朽化した住宅を1棟丸ごとリフォームし新築のように再生する商品。新築・建替えに比べて費用を大きく抑えられるという点がセールスポイントですが、真のポイントは、再建築不可の土地でも(実質的な)建替えか可能ということです。

住友不動産が新築そっくりさんを売り出したのは平成8年。それから20年あまりの間に受注に受注を重ねて、累計で12万棟を超えているそうです。これだけの実績があれば、技術的な面だけでなく、法令をクリアするノウハウの蓄積は大きいでしょう。

写真は、木造2階建て延床15坪、築50年という狭小住宅の、新築そっくりさん施工例。施主さんから、住友不動産がモデルルームとして借受けているということで、内覧・ご案内いただきました。

2018-12-23 15.10.06

見えるところは、すべて!新築と同じ。内装・建具・断熱・キッチン・バス・トイレ、すべて新品です。なんと、建築基準法の耐震基準もクリアしています。間取りも大きく変更。ではどこが前の建物を使っているかというと、基礎や主要柱です。ただ基礎はヒビ割れしているところに、コンクリ樹脂注入して補強したり、柱も曲がり等を補正の上、補強柱を追加等、手がかかっています。ある意味、注文住宅以上に、手間暇がかかっているといっても良いかも知れません。

2018-12-23 15.31.56

以前の家は、すきま風があり、相当寒かったそうです。新築そっくりさんは、基本的に機密性住宅、すなわち、壁の断熱材と2重ガラスサッシで、熱が逃げない構造なので、室内は暖かい。

2018-12-23 15.11.24

キッチンや風呂の水回りが気になるところですが、キッチン・バスともユニットごと交換しているので、まったく新品です。

2018-12-23 15.25.57

気になる価格ですが、延床15坪のそっくりさんで、約1,100万円だそうです。施工坪単価73万円強ということになります。確かに現在の新築単価よりは安いのかもしれませんが、肌感覚からすると高いと感じていました。しかし、この内覧会の説明を聞き、以前の建物の状態をしっかり調査し、その修復・補強を行った上で、新築と同じ部材を使ってほぼ作り直すというプロセスとコストを積み上げれば、なるほどの価格だと実感しました。

2018-12-23 15.27.45


Jヴィレッジ 屋内スポーツ施設

Jヴィレッジが、2018年11月に再オープンしました。天然芝のサッカーコートが、震災前に元通りになりました。それと合わせて、屋内スポーツ施設が震災前に加えて充実しています。その代表が、2018年9月に完成した、ドーム形の全天候型練習場。なんと115メートル、横73メートル、高さ22メートルもあり、サッカーグラウンドがまるまる1面が入る広さです。中の芝は人工芝で、屋根は光を通す素材なので、日中は照明なし、夜間は天井照明を使って練習できるそうです。
ちなみにこの建設費は22億円だそうです。福島県が整備主体ですが、うち7億円は個人や企業から寄付なのだそうです。とりあえず、ジャンプしてみました。

<Jヴィレッジ 再オープンは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52821500.html
2018-12-15 14.35.58

屋内なので天然芝でなく、人工芝です。椰子ガラのチップが散布されていて、これが適度な滑りを発生させ、また摩擦熱を減少させるそうです。

2018-12-15 14.33.57

確かに広いですが、もしかすると蹴り上げたボールが天井に届いてしまうかも知れませんね。そのときはどういうルールになるのでしょうか???

2018-12-15 14.33.35

本館の中には、インドアの本格的なスポーツクラブがあり、フリーウェイト、マシンとも充実していました。その名も「Jヴィレッジフィットネスクラブ」。パーソナルトレーナーもいて、素人だけでなくプロ選手利用も視野にはいっているみたいです。

ちなみにレギュラー会員の月額フィーは7,000円です。これだけの設備があって、後段のプールも利用できるならば、格安ともいえるでしょう。ここに日常的に通える人ならば、ですが。

2018-12-15 14.25.55

25m×4コースのプール。なんといっても、すいている!プライベートプールのようなものです。

2018-12-15 14.26.44

屋内体育館もあります。本格的過ぎて、普通のジム・フィットネスクラブとは一線を置いてますね。

2018-12-15 14.27.51

JFAが運営していた、スポーツ専用医療施設「JFAメディカルセンター」。本来は、ッププロの診療,スポーツ傷害の研究など高度な医療の提供と研究のほか,地域住民を対象とした通常の整形外科診療などを目的としていました。その設備には目を見張るものがあります。画像診断装置・超音波診断装置・MRI等、一級品の装置です。

しかし東日本大震災の事故後は、閉鎖され、現在もそのままです。残念。まだまだJヴィレッジ本来の姿に戻るには、時間がかかりそうです。

2018-12-15 14.21.53


アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座を受講しました。アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールする方法。自分や他人の「怒り」に振り回されず、「怒り」を上手にコントロールすることで快適な生活やより良い人生を目指していこうとするための方法です。ちなみに、単純に怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることが目標とです。

このアンガーマネジメントの方法論は、アメリカ発祥で、実は、心理教育、心理トレーニングが確立されています。それを日本へ伝導・導入したのが、この日本アンガーマネジメント協会であり、その代表の安藤俊介氏です。写真のように「はじめてのアンガーマネジメント」「怒らない本」等、多数の関連書籍も出されています。

<アンガーマネジメントの学びは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52095173.html
2018-12-09 18.42.59

なんとこの協会が主催する、アンガーマネジメントの受講者数は年々増え続け、すでに日本国内で延べ60万人の方が受講しているそうです。今回は、安藤代表から直接、指導を受けることができました。アンガーマネジメントファシリテーター養成講座という2日間、フルコミットの研修です。

座学だけでなく、グループディスカッション、プレゼンテーション、ロールプレイ、他人の評価等、密度の濃い、アンガーマネジメントを体に染みこませる、よく考えられた内容でした。さすがに10年近く、講師を務められた代表だけあって、テンポよく、強弱がはっきりした、語り口が印象的でした。

48087974_1505713549532360_3231392853590540288_n

受講者の男女比は、男性が約3割、女性が約7割程度でしょうか。40代50代の方が多いです。幼稚園の経営者や、福祉施設のマネージャーさん、看護師さん、一般企業の人事担当者、メンタルコーチ等、多彩が方が参加されていました。自分の仕事に直接役立てよう!!!という意気込みが伝わってきました。

怒りは人の自然な感情であり、なくすことはできません。しかし、上手に付き合い、建設的に活用していくことは誰にでもできるはず。そのためのアンガーマネジメントができる人が増えていけば、人に当たらない社会、怒りが連鎖しない社会が実現するのではないでしょうか。

それこそが安藤氏が目指す、人が人に当たらない社会、怒りが連鎖しない社会が実現するはず。全ての人が自分の感情に責任が持てれば、怒りの連鎖は断ち切れるのです。

47578729_800143286996437_1674759734718103552_n


 

福島鮮魚便@イオンスーパー

東日本大震災の福島第一原子力発電所事故を発端とする、福島県産の漁業に対する風評被害は、いまだ根強くあります。もちろん科学的調査は継続されていて、現在出荷されている福島県産の魚は、すべてクリアになったものだけです。公表されているアンケート結果の集計結果によると、スーパー店頭で購入する選択肢として、あえて忌避している層は、徐々に減ってきています。一方、1割くらいの方はずっと福島県産の魚は避け続けているそうです。

そんな状況から、県内漁業者を応援しようと、福島県産の魚を販売する常設コーナーを、東京・埼玉のスーパー「イオン」で、実施中。その名も、「福島鮮魚便、復活!常磐もの!」です。カツオ?をあしらった店頭に掲げられた看板は、かなりインパクトがあります。

<福島鮮魚便 プレス発表は、コチラ>
http://urx2.nu/OOYg
2018-12-20 13.47.59

福島鮮魚便のコーナーには、大漁旗も掲げられ、何か特別感が出ていました。

2018-12-20 13.47.31

今回訪れたのは、日本最大級規模のイオンモールのひとつ、イオンスタイルレイクタウン(埼玉県越谷市)です。いわゆるイオンモールの建物が3つ、道路越しに渡り廊下で連結されていて、敷地面積敷地約337,000㎡、駐車場台数は10,000台を越える、メガモールです。

2018-12-20 13.30.39

そしてスーパーのイオン福島鮮魚便コーナーには、なんと旬の魚のひとつ、アンコウの本物が展示されていました!もちろん福島県産です!鮟鱇の現物をみながら、その切り身を買えるなんて、なかなか地元でも珍しい。

Inked2018-12-20 13.47.54_LI

地元産の魚がリーズナブルに、買える。なんといっても、福島県だけ!のコーナーが常設されているのはありがたい。福島県とJF福島漁連、イオンリテールの共同企画のようですが、なんといってもイオンリテール様には、足を向けて寝られない。

Inked2018-12-20 13.48.05_LI

イオンモールが一般に評判が良くないものとして、、、
・モールが閉鎖的であり地元との回遊性がなく、地元商店となかなかうまく共存できない。
・毎日の売上げ金額は、東京に吸い上げられてしまうため、地元にオカネがおちない
・仕入のほとんどが、本部もしくは東京のため、地元にオカネがおちない
・アルバイトをはじめとする雇用が吸い取られ、地元のパパママストアや事業者を圧迫する
等が、いわれています。一方、福島鮮魚便のような、首都圏に店舗チェーンを持つスーパーだからこそ、できる地元支援もあります。うまく共存共栄していきたいですね。

2018-12-20 14.24.03


 

いわき明星大学 山崎学長訪問

いわきの医師を応援するお姉さんの会 代表の宮野由美子さんらと、いわき明星大学の山崎洋次学長を訪問、意見交換しました。

いわき明星大学は、1987年開学。当時、田畑金光市長が大学誘致に奔走し、明星学苑へいわき市が、土地を中央台の13万坪を無償提供しました。さらに建物建設資金の補助として、当時数十億円ものオカネが明星学苑に対して供与されました。当時は、人文学部・理工学部でスタートしましたが、学生数の減少に悩み、現在は、看護学部・薬学部・教養学部の3学部体制になっています。さらに2019年4月には、 健康医療科学部を新設し、大学自体の名称も「医療創生大学」に変更予定なのです。
すでに、看護学部・薬学部があり、それぞれ看護士・薬剤師を養成していますが、今後は理学療法士と作業療法士も、ここから巣立つことになります。まさに医療系の総合大学へと舵を切ったわけですが、その背景等を、自らも医師免許を持つ山崎学長にお話を伺いました。

<第15回 いわきの医師を応援する お姉さんの会は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52657882.html
IMG_8994_2

開学後から約30年が経過し、その間少子化の影響から日本の学生数が減少を続け、学校経営を取り巻く環境が一変しました。さらに東日本大震災の影響もあり、このいわき明星大学も、新入生の確保に苦慮しているのが現実です。その中で、2016年には経営母体であった明星学苑から、切り離され法人分離しました。また日本最大の医療法人グループのひとつである「葵会」からの役員受け入れもしています。そんな外部経営環境・内部経営環境が激変する中、震災前から学長として経営判断をし続けている山崎学長の、真剣な思いを感じることができました。

IMG_8991

 

Jヴィレッジ 再オープン

Jヴィレッジが、2018年11月に再オープンしました。東日本大震災・福島第一原子力発電所の事故以来、Jヴィレッジは、事故対応のバックアップセンターとして使用されたため、スポーツ目的には使用できませんでした。7年あまりの長い期間を経ての再オープンです、

<Jヴィレッジ2016年訪問は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46727026.html
<Jヴィレッジ2015年訪問は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/42233395.html
<Jヴィレッジ2013年訪問は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/25831733.html
2018-12-15 13.06.14

事故対策本部が置かれたロビー棟は、すっかりもとの姿に戻っていました。ここが、福島第一原発へ視察に行くときに、防護服に着替え、東電専用バスで1Fに向かったことなど、遠い昔のようです。

2018-12-15 13.04.11

ロビーの向こうの全面ガラスの先には、青々とした天然芝のサッカーコートが3面、見えます。ここがすべて原発事故対策作業員向けの駐車場になっていたことなど、微塵も感じられません。

2018-12-15 13.04.24

遠くには広野火力発電所の煙突が見えます。その右隣の黄色い建物は、JFAアカデミー福島の量・宿舎。もともとは、日本サッカー協会が、サッカーのエリート選手を育成するために、2006年に開校したもの。アカデミー生は専用の寮に寄宿しながら、日中は地元の公立中学・高校(広野中学校、楢葉中学校、富岡高校)に通学。放課後にアカデミーで各種の教育を受けるというものでした。
しかし福島第一原子力発電所事故の影響により、2011年から静岡県の御殿場高原時之栖に移転中。すなわち、たった5年間しか使われず、その後、空き屋状態が7年以上も経過しているわけです。2021年4月から受け入れを一部再開するようですが、どうなることか注目していきたいです。

2018-12-15 13.40.55

2018年9月に完成した、ドーム形の全天候型練習場。なんと115メートル、横73メートル、高さ22メートルもあり、サッカーグラウンドがまるまる1面が入る広さです。中の芝は人工芝で、屋根は光を通す素材なので、日中は照明なし、夜間は天井照明を使って練習できるそうです。

ちなみにこの建設費は22億円だそうです。福島県が整備主体ですが、うち7億円は個人や企業から寄付なのだそうです。

2018-12-15 13.40.50

本館4階の展望室にはボールを祭った「蹴球[しゅうきゅう]神社」がありました。御利益あるかな?

2018-12-15 13.40.40

本館には、2つのレストラン(アルパインローズ・ハーフタイム)の他、喫茶室、バーがあります。落ち着いた雰囲気です。サッカーの試合の後の選手同士の懇親会等でも利用されるそうです。

2018-12-15 13.07.29

アルパインローズのかつての料理長は、サッカー日本代表に帯同するシェフの西芳照さんでした。原発事故後、紆余曲折あり、現在、西シェフは、いわきFCパーク内で「Nishi's Kitchen」というレストランを開業しています。

<Nishi's Kitchen 西芳照シェフは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52563095.html
2018-12-15 13.23.13

本館の中には、会議室もあって、日本代表等が合宿をしたときには、ここで試合や練習の反省会等が真剣に行われていたそうです。

2018-12-15 13.47.47

サッカーグッズが購入できるショップもありました。もう全く原発事故のバックアップセンターであったことは、予想だにできないくらい復活していました!

2018-12-15 13.22.04



 

東京電力廃炉資料館(旧エネルギー館)オープン

2018年11月に福島第一原発のそば、さくらモールの隣に、東京電力廃炉資料館がオープンしました。これは、もともと東京電力が福島第二原子力発電所のPR施設として富岡町に開設されていた「エネルギー館」の建物および既存の展示機材を、改修・用途転換したものです。運営主体は、京電⼒ホールディングス株式会社 福島復興本社。入場料は無料で、どなたでも予約不要で訪問・見学することができます。

2018-12-15 12.43.19

この旧エネルギー館。パステルカラー?で彩られた建物は3棟から構成されています。その由来は、原子力研究に関係性が深いキュリー夫人、エジソン、アインシュタインという3人の物理学者の生家を模倣したとのこと。どの部分が、誰の生家が考えるのも一興ですね。

2018-12-15 12.45.10

開館の目的は、事故の記憶と記録を残し、二度とこのような事故を起こさないための反省と教訓を伝承するとともに、廃炉の全容と最新の状況をわかりやすく説明するとのこと。冒頭にも、まずお詫びの文言がなされ、関係各位に慎重に気を回しているのが感じられます。ミニシアターでの福島第一の原子炉建屋内の作業状況の号機ごと映像を見ました。


説明の中でも東京電力内に「安全は確立されたもの、というおごりと過信があった」、「コミュニケーションについても、これまでしっかりと向き合う対話の姿勢が不足していた」等、のコメントがありました。

展示内容としては、東京電力ホームページに情報開示されている内容をかみ砕いたものとなっています。事故発生当時は、情報開示が少ないという意見が多く寄せられていましたが、いまはどちらかというと情報開示が詳細すぎて全体の流れがわからないというコメントもあるそうです。そういう意味でも、(最新の情報でないとしても)廃炉に向けての大まかな流れを理解できる展示施設の存在は、ありがたいのではないでしょうか。少しでも多くの方々に、福島第一原子力発電所の廃炉の現状を知ってもらうことは有益です。

なお、将来は福島県が双葉町に別のアーカイブ拠点施設を作ると報道されています。これと展示の重複がなされないよう、政治的な深謀遠慮が必要です。それでなくてもすでに仙台でも(すでに完成)いわき(2020年竣工?)でも震災アーカイブ施設があります。無駄な投資、税金の無駄遣いとならないよう、細心の注意を払う必要があります。

<せんだい3.11メモリアル交流館は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48908530.html
2018-12-15 09.21.31

実は、この建物を訪問したのは2回目。1回目は、小学校のときの遠足だったと記憶しています。そのときは、まさに双葉町の主要道に掲げられた標語「原子力明るい未来のエネルギー」が設置された時代でした。当時、訪れたときに原子炉を運転する運転制御盤の模型に触れて、エネルギーが生み出される瞬間に立ち会ったようで、(石油資源がないにもかかわらず)日本の技術力で解決していこうとする先人対に思いが誇らしく、気持ちが高揚したことを思い出しました。

2018-12-15 12.43.00

ぜひ一度訪れて、当時のエネルギー館の設置趣旨、そして現在は廃炉資料館となった経緯、背景、根っこ等を考えながら、見学することを強くオススメします。

2018-12-15 09.05.26-1


修養団 伊勢研修センターで水行

伊勢神宮の内宮そばにある、修養団の伊勢研修センターで、精神修養してきました。公益財団法人 修養団は、112年の歴史を持つ、日本人としての精神修養の場を提供する機関です。名前はちょっと妖しい宗教やカルトっぽいですが、団の創立100周年記念式典で、今上天皇・皇后の行幸啓があるほど、社会的信用力がある団体なのです。

「みがく講習会」という精神修養の3泊4日という泊り込み合宿研修を年間を通じてやっています。そのおプログラムの特筆すべきは、「水行(みずぎょう)」。すなわち、五十鈴川での「みそぎ研修」です。また企業研修という形で会社へ講師が出講し、新入社員研修をはじめとした研修を受託しています。

<お伊勢参り 内宮は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/31774680.html
2018-12-16 20.54.54

180畳の講堂に集合した受講生を迎えたのは、直径2メートルの和太鼓「日本號」です。音量とともに響きがすごい。講堂を取り巻く障子戸がビリビリと振るえるほどです(本当)。まずはアイスブレイクとしての「童心行」からスタートして、礼法作法の修養をしていきます。

2018-12-16 12.27.52

参加者は、基本的に相部屋での泊り込み合宿。一部屋に2段ベッドが4つで、8人部屋です。布団のたたみ方も決められていて、シーツや茶器の片付けも指示がありました。修学旅行以来の、キビシイ規律かも。

2018-12-16 12.24.56

食事は大広間で参加者で一緒にいただきます。食事をいただく前に「天地一切の恵みとこれを作られた方々の苦労に感謝します。いただきます。」食後には「恵みの食事を終え、生命に新しい力をいただきました。ごちそうさまでした。」

2018-12-16 18.04.53

そしてクライマックスは、夜の水行(すいぎょう)です。なんで12月の寒空の下、ふんどし一丁で、酷寒の五十鈴川に入って禊ぎ(みそぎ)をするのか。確かに外気は寒かったし、水温はもっと冷たかったです。そこに肩まで浸かって、「流汗鍛錬」と唱え、御製までそらんじるのですから、しんどかったのは事実。

五十鈴川に肩まで浸かった状態で、明治天皇御製の「五十鈴川 清き流れの すえ汲みて 心を洗へ 秋津島人」を2回唱え、しばし水に浸かったまま瞑想。もう一度、そらんじて終了です。水行のポイントは、川に入る前の準備体操を兼ねた気合いを入れることと、深い呼吸法です。

水行の最中は、思考力がほぼゼロに。毛細血管が収縮して血圧が急上昇していきますが、一定のところで、水と体が一体となったような感覚になります。これが自然を感じ、一体化するということ、自分の体も自然の一部なのだと認識するようになるということでしょうか。

一般的には、罪や穢れを落とし自らを清らかにすることを目的とした、神道における水浴行為といわれています。それは定義であって、真の目的は、何かに対して最初からできないという思い込みや、心のリミッターを外すことに、水行の意味があると感じました。ある意味、バンジージャンプを成人になるタイミングでやらせることに近いかもしれません。水行やバンジージャンプを、やり越えることで、人生の中で、できそうにないこと、やりたくないことに出会っても、なんとかなるさ、やってみようぜと挑戦することがたやすくなるはずです。

水行の後は、深夜に行われる、伊勢神宮の月次祭(つきなみさい)を見せていただきました。伊勢神宮の年間諸祭祀のうち、特に重視されているものが三節祭と呼ばれ、神嘗祭と 6月,12月の月次祭がそれにあたります。祭りといっても、華やかなものではなく、神事です。月次祭は写真撮影禁止ですが、事前に申し込めば、(遠くからですが)一般市民の見学可能です。50人以上の神職が、白装束で、儀式を執り行っていました。ほとんどの儀式が無言で所作を行いますが、一部は雅楽を使ったものもありました。

まずは神楽殿、そして御贄調舎、内宮の正宮、最後に荒祭宮で、お祭り=祭事=神事が執り行われ、神職の行列に続いて移動して、儀式を見学(とても遠いですが)させていただきました。正直、どんな行為をしているかどうか詳細にはわかりません。しかし、丁寧にかつ厳かに、組織的に行われていることは理解できます。

それにしても伊勢神宮開闢以来、脈々とこの儀式が毎年、毎月、いや小さい祭りを入れたら毎日、神職が神に祈りを捧げつづけていることに驚きを通り越して、圧倒されます。彼らの祈りは、個人的なものではなく、平たく言えば、ひたすら日本という国家安寧のために祈り続けているのです。科学的・金銭的な立場からは、祈りという行為自体は、化学反応も金融取引も発生せず、意味がないかもしれません。しかし我々の先人たちは、それに意味があると信じて、ずっと祈りを続けてきました。利己のために祈るのではなく、ひたすら利他のために祈る。こんな国は、世界中広しといえども、この日本しかないのではないか。私はこの神事を見て、あらためて日本の利他を良しとする国民性の崇高性に、感激してしまいました。

2018-12-16 20.24.52

内宮を正式参拝させていただきました。一般の参拝は、神宮の正殿を四重の垣根に囲まれた外からお参りします。その一番外側の門にかけられているのが、布製で御幌(みとばり)で、その前で参拝します。今回は、特別に御幌の中、御垣内(みかきうち)参拝をさせていただきました。御垣内には、10cmくらいの丸い黒い石が敷き詰められていて、その上に正座して、「2礼、2拍手、1礼」。

神宮に限りませんが、神社で個人的なお願いをするのはタブーだそうです。なぜなら神社は、これまでに感謝し、その感謝の気持ちを置いてくるべき場所で、その気が良い場所を、次の参拝者が感じ取ることができる場所だからです。お願いをしてもらってくるだけではダメで、逆に置いてくるくらいの心持ちで、神社に参拝すべきなのです。特にこの正宮の前では、国の安泰とか世界平和とか、公の願い事をするものだそうです。

2018-12-17 07.12.59

修養団の講師が、たくさんの小話をしてくださるのですが、それぞれ、神妙であり、歴史に造作が深く、またウィットが富んでいる。いろいろ心に刺さった小話があるのですが、特に私に刺さったのは、幸せについて。

人は幸せになりたいし、成功したい。
では、幸せになる、人生に成功するキモは何か。
確かに、人としての能力、すなわち学力やコミュニケーション能力は、人生に成功するために有用かも知れない。
しかし、一番のキモは、運が良いかどうかだ(松下幸之助もそう言っている)。
天の神様に愛される人になれれば、運が良くなる。
では、天の神様に愛されるキモは何か。
それは、徳を積むことであり、いいかえれば美しい心を持つこと。
徳 と・くは、十・九、九の先に十がある。
苦の先に、充があるということ。
苦労を買ってでもしようという発想です。
これは利己でなく、利他を優先しようという、日本人の行動にもつながる。
さあ、美しい心を持つべく、今すぐ行動しよう!

2018-12-17 07.52.05

1000回を越える実績の講習会の基本日程は、3泊4日。講習日程は、ほぼルーチンです。延べ2万人を越える人がこの内容で、修練してきたかと思うと万感の思いがあります。

2018-12-17 09.10.46

古い旗がありました。かつては、ここは神都道場と呼ばれていたようです。スローガンは「愛と汗」。今も「流汗鍛錬」と「同胞相愛」が、大広間の額に掲げられています。

2018-12-17 10.19.16

開校式・閉校式に用いられる大太鼓「日本號」。直径1m近くある大太鼓で、こんな大きなものを見るのは始めて。

2018-12-17 11.42.07

「総親和総努力」も修養団のスローガンのひとつ。愛なき人生は暗黒なり 汗なき社会は堕落なり、すなわち、総親和、総努力、総幸福の明るい世界の実現を目指すということ。

2018-12-17 12.38.03

なんと、「みがく講習会」は、平成30年末をもって、1190回実施したとのこと。さらにこれから毎月実施予定で、いったいどこまで続くんだろう?日本国がある限り、続くと確信しました。

2018-12-17 10.38.45



 

すくのび広場@イトーヨーカドー平店

すくのび広場は、イトーヨーカドー平店の4階の特設催事場に設置された、子供用の屋内遊び場です。運営は、NPO法人いわき緊急サポートセンター。毎月3,000人を超える親子が、(原則無料で)遊べる施設です。日常の買い物ができるスーパーの店内に、このようなこども、特に幼児の集まる場所があるのはありがたいのではないか。

2018-12-02 13.45.00

特設催事場とはいえ、本来はイトーヨーカドーの売り場の一部。単純に民間に床貸しすれば、相当高い賃料が見込めるところ、なんと「無料」で貸していただけているそうです。ヨーカドー側としても、毎月3,000人を超えるこども親子を誘客できている施設とはWIN-WINの関係になれるのではないでしょうか。

リノリウム?の床には、柔らかいクッションタイルが全面に敷き詰められ、子どもが走って転んで頭を打ってもケガをしないようになっています。それでもこども達が走り回ってタイルがずれてきてしまうので、年間数回の全面張り替えが必要なのだとか。

関東の短期大学保育科の実習生(学生)が、たまたまボランティアでお手伝いにきていました。若い女の子が、こどもたちと戯れていると華やぎますね。

2018-12-02 13.45.36

家には置けないような大型遊具も置かれています!これは楽しそう。

Inked2018-12-02 13.47.32_LI

Inked2018-12-02 13.44.55_LI

なんと、ドレスのコスプレもできます!やはり小学生の女の子には変身願望がありますね。訪問日も、小学生姉妹がそれぞれのお好みのドレスを着て、遊んでいました。それをお母さんは、携帯で写真撮影。良い記念写真にもなりますね。ちなみに代金は100円で2着まで選べます。とてもクリーニング代金をも回収できない値段設定ですが、子どもが親に遠慮なくねだれる金額ということで、あえてワンコインで提供しているそうです。何でも「無料」提供は、顧客側のモラル低下等を招き、サービス全体の質を下げてしまいがちです。かといって、安定した事業運営という観点からは、提供するためのコストは回収しないと、持続できません。100円というのは、その微妙なバランスなのでしょう。

2018-12-02 16.13.09

小さいですが、トランポリンもあります。これらのオモチャはNPO代表や、一般市民からのの寄付で成り立っているそうです。もちろん寄付された玩具の中には、状態が悪くて使えないものもあるそうですが、定期的に更新・取り替えが必要なので、運営をする上でとても助かっているそうです。ぜひ、自宅でお子様の成長によって使われなくなった玩具があれば、寄付という形で、運営に協力するのもよいのではないでしょうか。

2018-12-02 16.13.33

イトーヨーカドー平店は、1971年に開業、1992年に増築されていますが、築50年近くが経過し、躯体の老朽化、設備の陳腐化は否めません。報道によれば2020年までに建て替えが検討されています。将来は複合商業施設を目指すということですが、こういった子育て機能はぜひ継続してほしいと思います。

<イトーヨーカドー平店建替報道は、コチラ>
https://toshoken.com/news/9509
2018-12-02 13.47.48


呉羽総合病院 いわき市南部の医療拠点

通称、呉羽病院は、現在約20名の常勤医が勤務するいわき市南部の救命救急の拠点です。14診療科、病床数239床でいわき市南部の中核病院です。設立は戦前の昭和14年、呉羽化学工業株式会社(現・株式会社クレハ)の工場内の事業所診療所。当初は工場職員専用でしたが、その後錦町民に広く開放され、現在は一般保険診療の病院となり、昭和44年から救急病院にもなっています。

緑川靖彦院長とお会いすることができました。院長職にありながら、通常の外来だけでなく、外科手術の現場に立つ現役バリバリのドクターです。いわき市南部で大怪我をしたら、緑川先生にお助けいただく可能性が高いです。

2018-11-28 13.24.23

30,000㎡近い広さ(磐城共立は約70,000㎡)の敷地に立つ病棟は、国道6号バイパスから遠く望めます。一方、その交通アクセスは必ずしもよいとは言えず、国道からは商店街の細い道を通って病院へたどり着きます。救急車も同様のアプローチなんでしょうね。

2018-11-28 12.57.35

新病棟は真新しく見えますが、平成12年地区ということで、建設してからもう20年以上も経過しているんですね。丁寧に使っていて、設備管理の良さが感じられました。

2018-11-28 12.57.38

A棟とB棟があり、連絡通路でつながれています。

2018-11-28 12.58.28

外来待合室は、シンプルです。

2018-11-28 13.27.43

小さな売店がありました。

2018-11-28 13.24.07




 

第11回 いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第11回 いわき素読教室が、2018.12.3(土)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。これまでは、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室や中央台公民館、大國魂神社等で開催してきました。

スタートは、立腰して、日本書紀の即位建都の詔の素読からです。正座して腰骨を立てます。そして素読するときは教材を下から支え、軽く前に出して声を出すことで、自然と発声がしやすくなります。

<前回の様子は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52613698.html 
2018-12-01 14.35.58

素読とは、言葉を、意味の理解を伴うことなく、その字面を追って、あるいはお手本となる発話者の発音の通りに声を出して読むことです、一般的なイメージとしは、いわゆる「音読」です。ちょっと異なるのは、意味を伝えないこと、意味を伝えるとしてもそれは素読をした後に行い、「もっと知りたい」と感じる程度にとどめることです。

2018-12-01 14.12.41

代表の山名さんからは、代表挨拶とともに「五省(ごせい)」江田島海軍兵学校の素読がありました。山名さんは、これを日々の行動を自省する五つの訓戒としてトイレに貼り、毎日見ているそうです。
一、至誠に悖る勿かりしか
一、言行に恥づる勿かりしか
一、気力に缺くる勿かりしか
一、努力に憾み勿かりしか
一、不精に亘る勿かりしか
 
2018-12-01 13.44.10

次の講師の永澤さんからは、「十二月のいろいろな呼び名」「十二月の俳句と和歌」を素読。12月が師走と呼ばれていることは広く知られていますが、そのほかにもたくさんの日本語があるんですね。

松尾芭蕉の「びいと啼く尻声悲し夜の鹿」を素読しました。びい、という語感がおもしろい。最初は意味がわからなくとも、素読しているうちに、そのリズムと語感でなんとなく体に入ってきます。ちなみに、びい、は鹿の鳴き声。そして尻声とは、声の終わりの部分やあとを引くような声をいうそうです。

長谷川さんからは、菊結びという組紐体験をやっていただきました。一本の紐が、たった1.2分の手作業で、あら不思議、菊の形になっていきます。日本らしい、美的感覚と繊細さの文化が形となったものだと実感しました。

2018-12-01 14.18.44

最初は、そんな難しい作業なんてとても無理!と感じていた子どもたちも、実際手を動かしてみると、意外に簡単にキレイな形に紐ができると、かなりやる気を出していました。

2018-12-01 14.21.43

冬至に飾るといわれる「運盛(うんもり)」の飾り付け実物の展示し、素読しました。日本には古来から冬至に「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めると伝えられています。「ん」がつくものといえば、だいこんにんじんれんこんきんかんぎんなんみかん(うどんも、うんどんといってこれに含まれるらしい)。

2018-12-01 13.32.31

暗唱発表では、ほとんどのこども達が、これまで素読であつかってきた材料を中心に、積極的に発表してくれました。なかには鴨長明の方丈記のように、数分にわたっての長文を暗唱してきた子もいて、みんなびっくりしていましたよ。

年末・年始は、日本らしい飾り物、縁起物がまちにあふれますね。精一杯、日本に生まれ、育ち、暮らしていることに感謝し、楽しみ、次世代にバトンをつないでいきたいですね。

2018-12-01 13.32.40

いわき市医療センター 内覧会

建物が竣工・引渡され、12/25開業に向けて準備中のいわき市医療センターの内覧会がありました。一般市民向けに2日間だけ公開されたので、いわきの医師を応援するお姉さんの会のメンバーと一緒に見学してきました。

これまで15回、2年間にわたって、医師らとの交流・情報共有活動をしてきましたが、いわき市の最大の病院、いわき市立総合磐城共立病院の建て替えがどうなるかついては、非常に関心の高いテーマでした。

<第15回 いわきの医師を応援する お姉さんの会@夜明け市場は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52657882.html
2018-11-24 09.48.22

共立病院の建て替えコストについては、当初226億円で検討されていましたが、最終的には450億円近くの巨費を投じて、建設されることになりました。300億円以上の借金を背負っての開業ですので、ざっくりいって今後の20年間、毎年15億円の返済をしていくことになります。これまでも病院単体だけでは採算が合わず、市のお財布(一般会計)から補てんしてきているだけに、返済原資に余裕はありません。売上200億円に満たない会社が、300億円の借金を背負っているといえばイメージできるでしょうか。

医療機器だけで40億円も投資していることもあり、ほとんどの先進医療機器は、新設・更新されます(一部、現病院からの移設あり)。写真は、救命救急センターの設置された3台の処置室です。無影灯も1台設置され、相当の処置ができそうです。なおこれとは別に救命救急センター専用の手術室も新設され、こちらにも無影灯が設置されています。

<総合磐城共立病院 驚愕の建替えコスト増 226億円→343億円→402億円→449億円は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46264217.html
2018-11-23 14.40.29

共立病院の待ち時間の長さは有名です。3-4時間は当たり前。病院にかかるには半日空けておくというのが常識でした。新病院になってもスタッフ数が激増するわけではないので、待ち時間自体の大きな短縮は望めないと思います。しかしその待ち時間を(ある程度)予想できるようなシステムが導入されます。これまではナースに呼ばれるまで、待合室にずっと待機しなければならず、トイレにもおちおち行けませんでした。今後は、新病院各所に大きなパネルが設置され、自分の番がどこまで進捗しているのか把握できるようになり、呼ばれるまでほかの場所に行って時間を過ごすことができるようになるそうです。

2018-11-23 14.38.47

入院の部屋の基本は、4室の多床室です。新築ということもあり、清潔でやさしい雰囲気の部屋でした。これまでの病室は、6室の多床式だったので、部屋自体は広かったのですが、1ベッドあたり面積は小さかった。4室の多床室になったことで、部屋自体は小さくなりましたが、よりプライバシー重視になったといえるでしょう。

2018-11-23 14.55.04

特別床(通称:とくしょうしつ)という個室も、患者の任意で選択することができます。家族が宿泊できるようなソファベッド・シャワー・トイレがあります。ただテレビドラマ・ドクターXに出てくるような特別室、スイートルームのような広さやプレミアム感は一切ありません。ちなみに、一泊21,600円です。この他、シャワーがない通常の個室8,640円/泊もあります。

2018-11-23 14.50.38

新病院の医療機器の一つの目玉でもある、ハイブリッド手術室。主に心臓カテーテル手術等で使用され、患者の体をレントゲン等で透視しながら、同時にカテーテル手術をすることができるというもの。これまでも同様に機能はありましたが、機器が大きくグレードアップし、県内では福島医大と並ぶレベルになったそうです。

2018-11-23 15.14.53

医療機器の目玉である、CTとMRI。CTは320列という国内最高レベルのもの。価格は一台数億円とか。MRIはこれまでの1.5テスラという能力から、2倍の3.0テスラという能力になり、より精密かつ短時間で計測ができるようになるそうです。今後、新病院では人間ドック等にも力を入れていくそうですが、通常の診療業務の時間の他に、どれだけ人間ドックのための設備使用時間を振り向けることができるか、また人間ドックための専門のスタッフや動線を、経営者が本気で確保することができるかが、肝となります。

2018-11-24 09.20.23

2階のホスピタルストリートは、外来のメインのフロアです。今回の新病院建て替えにともない、制服も一新した看護士さんにご案内いただきました。2階の通路はとても広く、開放的です。注目は壁各所に設置されている小さなカラフルなパネルです。これは昨年、市民とのワークショップで制作された手作りのパネルだそうです。これをカラーアクセントとして、病院の壁各所に置いているのですが、これが殺風景になりがちな病院の良いアクセントになっています。

2018-11-23 15.22.46

新病院いわき市医療センターの英語表記は、Iwaki City Medical Center。

2018-11-23 15.17.33

医療従事者のユニフォームが一新されます。職種ごとに色分けがされていて、ドクターは青、看護士はえんじ色、コメディカルは濃紺、事務スタッフはグレーのチェック柄。患者にとっても一目で職種がわかるのはとても良いことだと思います。

2018-11-23 15.27.05

6階は、緩和ケア病棟があり、医療行為を最小限に抑えた終末期医療の患者が入院されます。安らか最後を過ごせるよう、屋上庭園が設置されます。やや規模は小さいですが、屋外に出ることができ、新鮮な空気を吸うことができます。ちなみに一般の方は、専用のカードがないと病棟に入ることができませんので、当然、この屋上庭園に自由に出入りすることもできません。

2018-11-24 09.30.02

新病院の屋上には、6トンもの重さに耐えられるヘリポートが新設されます。通常は、ヘリが飛んでくる時以外は施錠され、誰も入ることができない屋上ですが、内覧会ということもあり、屋上も見せていただけました。当然ですが、周辺には13階もの高層の建物はなく、内郷の街並みが一望できます。

新川沿いに、保険福祉センター・雇用促進住宅等が見えます。その先には、内郷高坂団地が見えます。ここは産炭時代には、ズリ山・炭住だった場所で、廃坑になり住宅開発されたもので、上空から見ると産炭時代の面影があります。

2018-11-23 15.05.37

東に目を向けると、遠く太平洋が望めました!

2018-11-23 15.06.34

開院前の貴重な内覧会に参加いただく機会をいただき、関係各位の努力に感謝します。また、いわきの医師を応援するお姉さんの会のメンバーとの会話を通じて、一般市民の新病院への大きな期待を感じました。これまでも医師不足で医療現場は疲弊してきました。新病院建替を契機に医療スタッフに選ばれるような病院・まちになっていきたい。医療現場で懸命に働く医療関係者へ感謝するとともに、一市民として協力していきたいと思います。

2018-11-24 10.45.25


皇居勤労奉仕2018

昨年に引き続き、皇居勤労奉仕作業に、参加しました。現在の皇居勤労奉仕は、皇居と赤坂御用地の除草、清掃、庭園作業などを行います。参加申込をするには最低でも15人以上で活動実績がある団体であること、かつ連続する平日の4日間の奉仕に参加できることが条件です。この奉仕作業は希望する月の6か月前から受け付けで、かつ宮内庁による事前選考もあり、きわめて高いハードル(だと思うの)ですが、申込倍率は数倍とのこと。

天皇皇后両陛下、皇太子殿下からお会釈を賜り、感無量でした。二回目ですがまた新たな発見や気づきがあり、皇居勤労奉仕で得られることは、日本の伝統や文化、精神の体感等、目に見えないものです。ぜひ一度は、参加されることを強くオススメします。

<前回の皇居勤労奉仕2017は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49452706.html
2018-11-16 07.39.49

今回、お声がけいただいたのでは、龍馬プロジェクトからです。半年以上前から計画し、事前の書類提出や宮内庁とのやりとりをしていただいたことに感謝します。今回は、総勢45名での参加となりました。
46491746_357904828314952_1695747478957064192_n


子供の部屋保育園 幸せになれる保育園

子どもの部屋保育園の建物が、同じ敷地内で新築に建て替えられました。名前が「子どもの部屋保育園」から「子供の部屋保育園」に微妙に変わりました。前の建物のときもきちんと清掃が行き届いていましたが、建物自体も新しくなり、ますますキレイになっています。ここは、0-2才までのこどもを預かる、小規模保育A型の施設で、定員は19名。保育の先生は8名が在籍され、0才は3:1、1-2才は6:1の基準をゆうゆうクリアしています。

<子どもの部屋保育園 無認可から認可へ移行は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45025360.html
2018-11-08 09.20.55

保護者の満足度は高いようで、転勤等を除くと卒園まで退園したケースはないとのこと。もっと驚きは保育士の先生のほうで、転勤や出産を除くと退職したケースなないそうです。一般的には、私立保育園の保育士の待遇は他の職種との比較では良くないといわれていて、離職率が高い。にもかかわらず、やめないというのは、かなり驚きでした。

いろいろお話を伺ってみると、いくつか理由がありますが、二つあげるとしたら、給与と勤務時間でしょう。まず給与について、いわき市内の保育士の初任給は15万円~、しかも日給制が多い。一方、子どもの部屋保育園さんでは、初任給が月給制で20万円を超えています。有給休暇を取得しても給与が減らされないので、安心して働くことができるということです。

さらに8名の保育士さんが所属していて設置基準を余裕でクリアしているので、交代で有給がとれる。月に数時間しか残業は発生せず、分単位で残業手当が支払われるそうです(実際に勤務簿を、ざっくり見せていただきましたが、本当に残業がほとんどなかったです)。職員さんの絶対数が少ないので、きわめて濃い職場人間関係が問題と感じなければ、なるほど、働き方改革が進んでいる働きやすい職場といえそうです。

<私立保育園の保育士の給与は、公立の7割の水準は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47025231.html
Inked2018-11-08 10.28.43_LI.2

勤務時間短縮に大きく貢献しているのが、各保育士一人一台支給されているipadです。これでこどもの入退出時間の管理や、各種報告書、児童の健康管理等が一元できるんです!保育士さんの勤務時間が長くなる要因のひとつが、いろいろな報告書の作成に非常に時間がかかること。通常の保育園では、こどもを送り出してからPCや紙に向かって作成するため、大きな残業が発生するのです。それをこのipadにより、お昼休みやちょっとした隙間時間を使って入力することで、残業なしを実現。

「働き方改革」と、言うは易く行うは難し。導入に当たっては初期コストもかかりますし、ipad操作に慣れないベテラン保育士もいるはず。それを園長の決断、保育士チームの協力で実現できたことは、素晴らしいと思います。

2018-11-08 10.28.19

ICTテクノロジーで、ぜひ導入を進めたいのが「るくみー」という午睡チェックの機械です。児童の腹部の服に付けることで、センサーが午睡時の体動の停止やうつ伏せ寝を警告してくれるだけでなく、体の向きをチェックシートに自動で記録できるというもの。これまでの保育士の目による常時チェックに加え、センサーとの二重チェックで午睡中の子どもたちを、より安全に見守ることができます。保育士の緊張も多少軽減できるのではないでしょうか。

<るくみーは、コチラ>
https://gosui.unifa-e.com/
2018-11-08 10.30.08

年間に何件も、保育園における赤ちゃんのうつぶせ事故が発生しています。この機械でそれが少しでも低減でき、保育士さんに求められるシビアな午睡チェックも軽減できるのではないでしょうか。一方、この機械、1台の定価3万円。10人分で30万円。そう安い金額ではないので、全国の保育園等に普及していって一台の単価が下がっていってほしいと思います。

2018-11-08 10.32.05

保育園なので、昼食とおやつは、建物内で調理。栄養士さんと調理師さんが午前中、つきっきりで園児の昼食を作っていました。「検食」は必ず1食することがルールで決まっていますが、子供の部屋保育園さんでは、職員全員で検食するそうです。このことで、美味しさが担保される(調理師さんもほかの職員から味を褒められたい)し、職員さんのお弁当負担も軽減されるという副次的な(しかし、これは大きい)効果もあるそうです。

2018-11-08 10.18.54

いつも定員いっぱいの施設ですが、来年には第2保育園が、植田地区に開設予定だそうです。同じく小規模保育事業A型ですが、建物自体はこれまでよりも大きくなる予定とのこと。こちらも人気が出そうですね。

福井県立恐竜博物館 圧倒される展示

福井県立恐竜博物館が、スゴイ。44体もの恐竜全身骨格をはじめとする千数百点もの標本や巨大復元ジオラマなどが圧巻で、いわゆる突き抜けている博物館ですね。カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館だそうです。フクイサウルス、フクイラプトル、フクイベナートル等の、日本、福井オリジナルの恐竜が次々と発掘され、いまや、日本で恐竜といえば、福井県。いわき市もフタバスズキリュウ(のび太の恐竜のピー助のモデル)があるのですが、ここまで突き放されると、もう追いかけて競争する気持ちにならない。

<フタバスズキリュウ発見から50年は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52539692.html
2018-10-31 09.55.31

福井県立恐竜博物館は、かなりへんぴな場所にあります。福井駅からえちぜん鉄道で、約一時間。山間部にあるのは、勝山市北谷町の手取層群北谷層といわれる、フクイラプトル等の発掘現場に近く、実際の発掘体験ができるような場所だからですね。

<えちぜん鉄道は、コチラ>

2018-10-31 09.47.20

地下中央には、恐竜の王様?ティラノサウルスがお出迎え。なんと動きます!

<ティラノサウルスの動画は、コチラ>
https://youtu.be/_cNCEIHrwk4
2018-10-31 09.47.50

建物は40m弱のドーム型で、巨大な無柱空間である展示室が各フロアにあります。

2018-10-31 09.51.34

地下二階の廊下は、照明が落としてあり、これから見るであろう展示への期待が膨らみます。

2018-10-31 09.53.50


2018-10-31 09.54.11

2018-10-31 10.02.10

大型肉食恐竜の代表、アロサウルス。本物と複製の骨格標本の見分け方は、複製が単独でくっついているのに対し、ホンモノの方は金具や針金等で補強・支持されているものとのこと。

2018-10-31 10.03.50

同じく大型肉食恐竜の代表、ティラノサウルス(通称:T-rex)。アロサウルスと姿は似ていますが、まったく異なる種別なのだそうです。

2018-10-31 10.05.38

マメンチサウルス。中国大陸に生息していた最大級の竜脚類。体長20mから35mとアジア最大級の恐竜の。

2018-10-31 10.06.52

有名どころとしては、トリケラトプス。名前の由来は、3本の角を持つ顔=tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」だそうです。

2018-10-31 10.14.07

鎧をまとった、アンキロサウルス。分厚い装甲は皮膚(鱗)が発達し、骨質化しているため全体が化石となって残っているのだそうです。

2018-10-31 10.14.58

フクイラプトルの発掘現場の再現。

2018-10-31 10.16.29

フクイサウルスの全身骨格標本(複製)。1989年に福井県勝山市で発掘され、2003年に新しい種類の恐竜として命名されました。

2018-10-31 10.17.54

<フクイサウルスの動画は、コチラ>
https://youtu.be/ZP5LGVbiRD8
2018-10-31 10.18.06

フクイラプトルは、

2018-10-31 10.18.45

フクイラプトルの再現模型。

2018-10-31 10.19.09

日本で初めて全身骨格が復元された肉食恐竜なんだそうです。これっぽっち?骨だけで全身骨格を推定してしまう考古学は、スゴイ!

2018-10-31 10.19.26

フクイベナートルってのも、います。ベナートルvenatorはラテン語で「狩人」を意味するのだそうです。

2018-10-31 10.19.40

熱心に見学する外国人の姿も見られました。こんなへんぴな場所に、ローカル線とバスを乗り継いで来ているんですね!

2018-10-31 10.22.57

2018-10-31 10.27.27

日本で最初に発見された恐竜は、ニッポノサウルスです。1934年に樺太(当時の日本領)の炭鉱施設内の病院建設現場から発見されたそうです。

2018-10-31 10.30.53

見学者からガラス張りの化石クリーニング室。勝山町の化石発掘現場では今でも化石の発掘作業が行われています。そこで掘り出された化石は、化石の周りの岩と一緒に持ち帰り、この恐竜博物館で周りの石を取り除きます(クリーニング)。この実際にクリーニングしている作業を、ガラス越しに見学する事ができるんです。

2018-10-31 10.35.08

本来、裏方の作業なのでしょうが、常時、見学者の目に触れることで、研究者が一躍スターに。いつも見られていて、緊張されているのかもしれません。見学者にとっては、実際のクリーニングがどんな機械を使って、どんなふうにやるのか理解でき、とてもよい展示だと思います。

2018-10-31 10.34.38

ドーム内の照明、ライティングが美しい。計算され尽くした展示という感じがします。

2018-10-31 10.38.34

公開されている図書室には、恐竜関連の書籍がたくさん保管されていました。

2018-10-31 10.46.10

2018-10-31 10.46.24

2018-10-31 10.50.07


 

第15回 いわきの医師を応援する お姉さんの会@夜明け市場

定期的に隔月で開催している、いわきの医師不足解消のためにお医者さん達と交流する「いわきの医師を応援する お姉さんの会」が、2018年11月9日に、いわき駅前の夜明け市場タタキアゲジャパン コワーキングスペースで開催されました。いわきで活躍する医師を応援するために、いわき市民のお姉さん方が暖かい手料理でもてなそう!という2016年4月からはじめた企画の15回目で、今回も多くの方にご参加いただきました。今回初参加は、福嶋あずささん、田口信教さん、長谷川久三子さん、髙野冴子さん、鎌田真悠子さん、村澤朋世さんらです。

<第14回 いわきの医師を応援する お姉さんの会@夜明け市場は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52427135.html
2018-11-08 20.13.00.2

いわきで活躍する女性医師の藤原先生。Uターンし出産&子育て中。かしま病院さんで、ご夫婦で臨床現場の最前線で勤務されています。お子さん、大きくなりましたね。ご主人そっくりです。

2018-11-08 19.24.18

今回初参加の高梨さんは、フルーツアートデザインの達人。パイナップルやオレンジを素材に、カッティングと盛り付けで、美しい作品を差し入れていただきました。昭和58年の平工業高校軟式野球部の全国準優勝をテーマにした映画「それぞれのヒーローたち」が完成し、市内各地で上映会が開催されています。

<それぞれのヒーローたちは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51329402.html
2018-11-08 19.19.44.2

初参加の長谷川久三子さん。本職は英会話の先生ですが、ハマコンではキャシーとして、議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」の担当として活躍されています。たまたまですが、背景に写っている「がっつり浜魂」の絵は、キャシーさんが描いたもの。 いわきの医師を応援するお姉さんの会の企画案は、ハマコンに登壇させていただいたのが、そもそものきっかけなんです。

<ハマコン(浜魂)登壇 いわきに若い医師を招聘したい!は、コチラ>
2018-11-08 20.17.50.2

今回提供いただいた料理は、、、、もち麦ごはんのおにぎり、ロールキャベツ、青菜と鶏肉の胡麻和え、豚肉の糀焼、青菜ときのこのお浸し(以上、宮野さん提供)、佃煮、株の塩麹漬け(中村さん)、カレーパン、チョコクレープ(立原さん)、揚げなし南瓜コロッケ(藤原さん)、フルーツアート(髙梨さん)、ローストビーフ(藤田さん)、いかにんじん(福嶋さん)等等、ずらっと個性的なお料理が並びました!

2018-11-08 19.16.46

福嶋あずささんに提供いただいた、いかにんじん。いわきの家庭料理として普及していますが、実はこれは福島県の郷土料理のひとつ。

2018-11-08 19.18.12

藤田美恵子さんから差し入れいただいた、肉の佐川のローストビーフ。限定販売だそうです。ほんのりと表面に振られた塩っけのおかげで、タレ不要。サシがほどよく入っていて、絶品のひとつでした。

2018-11-08 19.16.53

総合磐城共立病院の心臓血管外科部長の入江先生。共立病院の建て替え後は、いわき市医療センターと名称が変更されることが決まっています。12/24の入院患者の一斉引っ越しの準備でてんてこ舞いだそうです。建物は完成しても、医療機器をはじめとする設備、そしてそれを運用する医師やスタッフの熟度が問われます。今年当初まで、入江先生の血液血管外科チームはたった2人のドクター(入江先生を含む)でしたが、入江先生のさまざまなリクルート活動?が功を奏して、6人までドクターが増えたそうです。ぜひ他の部でも参考に活動してほしいものです。

2018-11-08 20.18.51.2

かしま病院の石井敦先生。毎回、このお姉さんの会に参加いただき、「変〇ドクターA」として盛り上げてくださるキーパーソンのおひとりです。今回は、喫煙の実害と、道端に落ちているタバコを拾う活動「拾活」について、プレゼンいただきました。タバコを吸うのは個人の自由という考え方もありますが、病気のリスクが高まり本人の医療費が高くなる(保険原資の一部は国民の税金)、その副流煙を他人が吸い込む健康被害リスク等を総合的に考慮すると、まずは禁煙に努力しましょうということ。

2018-11-08 20.29.50.2

いわき医師会の副会長を務められている、みちや内科胃腸科の齊藤道也先生も、喫煙の害について具体的な数値を示して話されました。たばこ自体が健康を害することは、統計的に証明されています。日本医師会の調査によると、日本の喫煙による死者は、毎年12~13万人とのこと。ちなみに、全国の交通事故死者は約4000人。圧倒的な差です。喫煙がなくなれば、増大する医療費も少なくなりますし、多忙な医療現場の過酷さが、軽減できるはず。

<日本医師会のHP、たばこ健康被害は、コチラ>
https://www.med.or.jp/forest/kinen/damage/
2018-11-08 20.52.46.2

初参加のいわき明星大学副学長の田口信教先生。1972年のミュンヘンオリンピックの平泳ぎ金メダリスト、ご本人です!体育専門の国立大学、鹿屋体育大学で勤務されていらっしゃいましたが、縁あっていわき明星大学に来ることになったそうです。

<田口信教選手 100m平泳ぎ金メダル(ミュンヘン五輪)の動画は、コチラ>
https://www.youtube.com/watch?v=vKf2iuI4_ww
2018-11-08 22.12.52.2

いわき麻酔と痛みのクリニック院長の洪浩彰先生。毎回参加してくださっている、いわき痛みと麻酔のクリニックの洪浩彰先生。市内の複数の病院で勤務されており、ひとつの病院にとらわれない、幅広い視点と経験をお持ちで、我々市民参加者に適切な医療情報を伝えてくださっています。

2018-11-08 21.56.24.2

今回、若手女性医師3名(予定を含む)に参加いただきました。髙野冴子さん(聖マリアンナ医科大研修医)、鎌田真悠子さん(慈恵医大研修医)、村澤朋世さん(福島県立医科大学医科4年)です。それぞれいわきでの研修期間は、一週間~一ヶ月と短いですが、お姉さん会の参加を通じて、いわきがドクターを温かく、楽しく迎える地域であることを、地元・大学に戻ってから同期や後輩に口コミしてほしいと思っています。

2018-11-08 21.55.56.2

お姉さんの会の主要メンバー、宮野さん、立原さん、片寄さん。いつもありがとうございます。

2018-11-08 21.56.55.2

栄養士の中村寛子先生。今回は、佃煮とカブの塩麹漬けを差し入れいただきました。

2018-11-08 22.04.38.2

常磐病院の小内友紀子先生は、ご家庭を東京に持ち、平日は常磐病院に勤務されている2地域居住型のドクターです。いかに女性医師が、家庭と仕事を両立させることが綱渡りであるかを書いたMRICのメールマガジンが話題になっています。特急ひたちに乗車する直前までご参加いただき、ありがとうございました!

<MRIC Vol.225 女性外科系医師の産みどき働きどきはいつか?は、コチラ>
http://medg.jp/mt/?p=8681
2018-11-08 20.09.19.2

次回は、山崎和子さんが事務局を務める福島復興塾との共同コラボ開催の予定です。1月中旬を目処に日程や場所を、鋭意調整中です。今後ともどうぞよろしくお願いします。

生分解性プラスチック製品 いわき発の発明・技術

第10回世界水族館会議が、いわき市小名浜の魚市場で開催されています。そこでは、いわきにある小松技術士事務所の小松道男所長が「水の惑星環境汚染問題」の基調講演をされたそうです。いま、マイクロプラスチックに代表される海洋汚染が話題となっていますが、小松所長が開発・特許を取得している土中で分解される植物由来の生分解性プラスチックの技術が、環境保全の切り札となるかもしれませんね。

ちなみに小松所長は、政府の第7回ものづくり日本大賞(製品・技術開発部門)で最高賞の内閣総理大臣賞を受賞。国立福島高専、アルプス電気を経て、小松技術士事務所を設立されたそうです。その技術を小松所長と共同開発された豊栄工業さんが、展示ブースを出されていました。

2018-11-08 14.55.35.2

植物由来・生分解性プラスチック「ポリ乳酸」の独創的な射出成形技術を、小松技術士事務所と共に世界に先駆け実用化したのが、写真の商品群。箸・コップ等のいわゆる食器から、使い捨てのプラスティックコップまで、まったく見た目もさわり具合も普通のプラスティック製品と変わりません。普通に使用する分には、まったく耐久性に問題ないそうです。しかし、一端、バイオマスを使ったコンポスト等で微生物の分解を経ると、ものの数ヶ月でぼろぼろに分解し土に還るとのこと。

2018-11-08 14.46.54

すでに製品化され販売されているのが「iiwan (幼児用食器)」。素材はとうもろこしのデンプンに含まれる乳酸を原料とした「ポリ乳酸」。これは子供の体に無害であり、有害物質が出ることもなく地球に還るため、環境にも優しい素材です。赤ちゃんの口に触れる、食器やコップ・スプーンがセットになった箱詰め製品は、デザインも秀逸なので、そのまま赤ちゃんの誕生祝いにぴったりだと思います。

2018-11-08 14.58.21
 
「My First Dish」「とうもろこしと愛情でできています!」。これらのキャッチコピーも心をくすぐられます!ぜひ製品購入で、いわき発の発明・技術を応援したい。

2018-11-08 14.58.27.2


えちぜん鉄道 美人車内アテンダント

えちぜん鉄道株式会社といえば、かつては京福電気鉄道と呼ばれ、2001年に半年間に2度も電車同士の列車衝突事故を起こした鉄道です。全線で列車運行を停止し、運行廃止していました。しかし、住民の足はやはり必要だという声があがり、2003年からは第3セクター方式で、えちぜん鉄道という名称で、2路線が走っています。

その、たった一両編成のローカル線なのですが、なんと、車内にはキレイな女性アテンダントさんが乗車しているんです。お話を伺ってみると、経費圧縮のため無人駅がほとんどで、かつ券売機も全廃してしまったため、切符は車内のアテンダント(もしくは有人駅の窓口)から購入するのだそうです。

2018-10-31 12.07.19.2

服装や雰囲気は、飛行機のキャビンアテンダントとほとんど同じ。アテンダントさんの仕事は、主に3つだそうです。
1)高齢者の乗降を助ける
2)車内で切符を販売する
3)観光客に情報を提供する

地元客がほとんどの場合は観光情報のアナウンスはせず、乗り換え案内を中心にしたり、眠っている客が多いときは、あえて車内でのマイクアナウンスを控えるようにしているそうです。お客から話しかけられたときは、腰をおろしてお客の目線で語りかけるという姿勢が素晴らしいと思いました。それにしても同じ路線を60分間立ちっぱなしでの乗車勤務を3往復で、一日6時間乗車しっぱなしというのは、昼休み時間40分があったとしても、大変な労働ですね。えちぜん鉄道には12.3人のアテンダントが所属しているそうです。会社自体が赤字経営なので待遇面もそれほどよいとは思えませんが、社会的責務を持ってやってらっしゃいます。

2018-10-31 12.14.36

この女性アテンダント成立の秘話が、第一号アテンダント嶋田郁美さんがノンフィクション本『ローカル線ガールズ』を書いています。なんとそれをベースに、2018年11月には「えちてつ物語」として映画化が決定!

2018-10-31 12.09.01.2

車内は、自転車持ち込み可です。通勤通学に利用するかたもいるらしい。サドル部分をゴムひもでひっかけることで安定して固定させることができる。とても簡単なツールですが、よく考えられている。

2018-10-31 12.14.56

2018-10-31 12.15.28

一両編成のローカル線は、ひたすら田んぼの中の一直線を走ります。のどかだ。

2018-10-31 12.08.36


第10回 いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第10回 いわき素読教室が、2018.10.28(日)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。これまでは、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室や中央台公民館等で開催してきましたが、7月以来の大國魂神社での開催です。

こどもたちは、いつもの素読教室をした後に、そして、素読教材で扱った「どんぐり拾い」「落穂焼き」をしました!

スタートは、立腰して、日本書紀の即位建都の詔の素読からです。正座して腰骨を立てます。そして素読するときは教材を下から支え、軽く前に出して声を出すことで、自然と発声がしやすくなります。

<前回の様子は、コチラ>
2018-10-28 10.27.43

代表の山名さんからは、「五省(ごせい)」江田島海軍兵学校の素読がありました。山名さんは、これを日々の行動を自省する五つの訓戒としてトイレに貼り、毎日見ているそうです。
一、至誠に悖る勿かりしか
一、言行に恥づる勿かりしか
一、気力に缺くる勿かりしか
一、努力に憾み勿かりしか
一、不精に亘る勿かりしか 

2018-10-28 10.05.53

次の講師の永澤さんからは、「十月のいろいろな呼び名」「十月の俳句と和歌」を素読。10月が神無月と神在月の両方の呼び名がある由来等を聞くと、なるほど!と理解できました。

孔子の「子曰く、『人の己を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患うるなり。』」も素読しました。最初は意味がわからなくとも、素読しているうちに、そのリズムと語感でなんとなく体に入ってきます。

2018-10-28 10.25.58

次の講師の長谷川さんと、文部省唱歌「紅葉」を一緒に歌い、いろいろな団栗の種類を教えて貰いました。一口にどんぐりといっても、カシ・ナラ・カシワなどいろいろな広葉樹の実の総称なんですね。

<文部省唱歌「紅葉」は、コチラ>
https://www.youtube.com/watch?v=F9B1A4-qctA
2018-10-28 10.07.47

前半の座学が終了し、後半は大國魂神社の敷地・境内に出て、いろいろなどんぐりを拾い、またいろいろな葉っぱを集めました。

2018-10-28 11.13.30

前半の素読教材でいろいろなどんぐりの種類を習ったので、いくつその種類が集められるか競争。こどもたちは一斉にどんぐり拾いをしていました。

2018-10-28 11.15.44

タラヨウ(多羅葉)の葉っぱは、文字が書ける不思議な葉っぱです。傷を付けた部分が黒く変色して文字がはっきりと識別できるようになるんです。葉書=ハガキの語源となった葉です。ちなみに命名者は、郵便制度の生みの親である前島密(1円切手の肖像)らしいです。

2018-10-28 11.33.39

葉っぱだけでなく、いがぐりもたくさん落ちていました。

2018-10-28 11.28.03

さてメインイベントの落穂拾い。籾がついたままの稲穂=落穂を焚き火であぶるとポップコーンのように弾けて、ポン菓子のようになって食べることができるんです。かつては農家のこども達が落穂拾いをして、オヤツ代わりに食べていたそうです。

2018-10-28 11.37.18

カセットコンロ+網焼きで、落穂をあぶってみたところ「ポンッ」はじけて、ちいさなポップコーンのようになりました!少し塩を振ると、美味しくいただけます。

2018-10-28 11.42.04

集めたどんぐりはフライパンで煎ると食べることができます。できたて熱々のどんぐりは、栗のようでもあり、なかなか美味しかった。

2018-10-28 11.37.49

さらにクルミも食べました!事前に割りやすいように、水に一晩漬けたものを煎ることで、割れ目ができます。その割れ目からマイナスドライバーを差し込み、ぐりっと回すことで固い殻が2つにパカッと割れる仕組み。

2018-10-28 11.50.25

このくるみ割りは、こどもたちも始めての経験だったようで、大興奮でした。

2018-10-28 11.54.52

うまくいくと、クルミの実がキレイにとれました。なんとも不思議な形をしていますね。良いお土産になりました。

2018-10-28 11.58.18

昨今、クルミの実は「健康に良い」「ぼけ防止」に良い等で、スーパーの店頭で見かけることが多くなりました。一方、クルミの実の本当の形、どんな状態で殻に覆われているかは、あまり実物を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。素読教室を通じて、日本語のリズムにとどまらず、日本の文化、自然、歴史、文化、伝統、道徳、音楽、自然、科学等が、総合的に学べればと思います。

2018-10-28 11.58.36

お土産に、会員の農園で栽培したサツマイモを素材にした蒸かし芋をいただきました。

京における愚庵禅師 松本皎氏

京における愚庵禅師ー和尚を慕った人びとーの講演が、2018.10.20にいわき市生涯学習プラザで開催されました。いわきの先人、天田愚庵を顕彰する愚案会の主催です。メインスピーカーは、立命館大学教学部の元次長、松本皎氏です。

松本皎氏は、立命館大学の創始者、中川小十郎氏を深く研究しており、氏によると、中川小十郎氏は鉄眼禅師と称した天田愚庵に心酔していた。そしてかつては京都伏見の愚庵邸の建設にも大きく貢献されたそうです。天田愚庵の墓所といわれる、京都市内の嵯峨鹿王院内に天田愚庵遺骨埋骨碑を建設したのも、中川小十郎氏。

<天田愚庵 110回忌法要は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/35688480.html
2018-10-20 13.47.59

現在は、いわき市の松ヶ岡公園内に移築されている愚庵邸ですが、かつては京都桃山にありました。当時の貴重な写真アーカイブをご披露いただきました。現在のと比較ができそうです。

2018-10-20 15.20.05

明治34年ころ?に、京都桃山の愚庵邸で開催された歌会。庵の軒先で歌会の参加者と一緒に撮影された貴重な写真です。たった100年ちょっと前にこんな歌会が、個人宅で開かれていたこと自体に驚きです。

2018-10-20 15.22.41

京都市内の嵯峨鹿王院内の天田愚庵遺骨埋骨碑。天田愚庵は、自分の死期を悟り、自分の全財産(といっても庵とわずかな金銭でしたが)を事前に、これまでお世話になった方々に渡し、辞世歌、遺言覚書を残した上で、当日は死装束で床に入ったそうです。遺言のひとつは、自分の墓を建てないこと。当時、残された人々はその遺言をきっちり守って、墓を建設せずに供養をしたそうです。しかしながら、それでは天田愚庵が存在していたこと自体が世間から忘却されてしまうのではないかというおそれから、中川小十郎氏らが一計を案じた。すなわち、天田愚庵の墓としてではなく、天田愚庵の歌碑、兼天田愚庵の親族の碑として建設したのです。ついでに、天田愚庵の遺骨もこちらに埋葬し直したとのこと。いかに中川小十郎氏らが天田愚庵に心酔していたかを示す証左でしょう。

2018-10-20 15.55.42


Japan Robot Week出展のいわきの企業

ジャパンロボットウィーク(Japan Robot Week2018)が、東京豊洲の東京ビックサイトで開催中。世界の英知を集めた最先端のロボット技術の展示会です。出展企業の多くは、トヨタや安川電機、THK等をはじめとする大企業ですが、ある部門の技術に特化した中小企業もブースを出しています。

わがいわき市からは、福島イノベーションコースト構想推進機構・福島ロボットテストフィールドのブースに、鈴木電機吾一商会さんが出展していました!鈴木電機吾一商会さんといえば、東日本大震災の後に、まったくいちから、市内企業と一緒にロボット開発を始め、災害対応ロボットがんばっぺ1号を作り上げた会社です。社長の鈴木清友さん自らブースに立って説明をしていらっしゃいました。

<災害対応ロボットがんばっぺ1号は、コチラ>
2018-10-17 12.01.05.2

福島イノベーションコースト構想推進機構・福島ロボットテストフィールドのブースは、県内の複数社で共同ブースですが、かなり目立っていました。

2018-10-17 12.00.02

鈴木電機吾一商会さんが出展していた技術は、なんと「台車」。ただの台車ではなく、車速感応式の電動アシスト台車です。人間の力で軽く押し出すと、それを感知して、電動アシストしてくれることで、台車を押す力が、大幅に軽減されるというもの。この技術の元祖は、がんばっぺ1号の開発時にヤマグチロボット研究所さんが考案・実現させたものだそうです。

<電動アシスト付きの台車、動画はコチラ>
https://youtu.be/TYHLP_DGmfs
2018-10-17 11.46.47

いわきの企業2社目は、マイナーズジャパンさん。特殊なコネクタ製造をしており、現行スマートフォンの製造工程にも実際に使われているのだそうです。佐藤実社長自らブースに立っておられました。いわきの会社が、こうした展示会で存在感を持っていることに誇りを感じますね。

2018-10-17 11.30.06.2
 
東京ビックサイトは、巨費を投じられて建設されました。その投資効果に疑問を持つ向きもありますが、こういった大規模な展示会においては、巨大なハコは必須であり、国家や産業が育つためのインフラともいえます。そういう意味では純粋投資の民間に任せきりにするのではなく、中長期的な視点で支出できる公の役割が、この方面にあると実感しました。ただそれを見極めるだけの見識があるかどうかですね。

2018-10-17 10.15.00

2018-10-17 10.17.25

犬鳴山での滝行体験

大阪府泉佐野市の犬鳴山で、滝行(たきぎょう)をしました。滝行とは、滝に入って行う修行のことで、静寂により日々抱えるストレスから解放され心を無にする事で、心の癒しを得る効果があるといわれています。全国にはいくつか滝行体験ができるところがありますが、山奥にあることが多く、交通アクセスがあまり良くありません。その点、この犬鳴山は、泉佐野の市街地から車で20分程度と、極めて便利が良いのです。

<ふるさと納税日本一 泉佐野市の秘密は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52341218.html
2018-08-12 09.29.00

滝の入口では不動明王が出迎え。

DSC08288

白装束で滝に入るのですが、すべてがレンタルなので手ぶらでOK。ただし使用後の白装束は、次の人のために、自分たちで干して帰るというのが暗黙のルールのようです。

2018-08-12 08.56.11

入口から滝までは、徒歩で狭い山道を登っていきます。導師?に案内され、最後の端を渡って到着。この導師は、滝行の最中、ずっとお経を唱えてくれ、ときおり喝を入れてくれました。

2018-08-12 08.58.51

犬鳴山オリジナル白装束。シンプルだけれど、こういったアイテムがあると、気分が盛り上がりますね。

2018-08-12 09.01.36

2018-08-12 08.59.19

滝行を行う場所は人工に作られたところではなく、完全に自然の滝です。鳥の声がときおり聞かれる大自然の中で滝に打たれると、自分と自然の一体感を体感できます。そして夏で気温が高いとはいえ、水温はかなり低く、長く浸かっていると感覚が麻痺してきます。その中で、雑念や邪念が浄化され綺麗なものが体や心に新たに流れ込んでくるのかもしれません。

DSC08344

晴れの日が続いていて、普段よりも滝の水量は少ない日だったと聞きました。しかし滝に入ってみると、それなりの水量があり、鎖にしっかりしがみついていないと足を滑らせそうでした。またとても目を開けていられない。その結果、半眼で無心にならざるをえなくなり、ひたすら「南無!」を唱えました。

DSC08354

第9回 いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第9回 いわき素読教室が、2018.9.9(日)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。これまでは、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室等で開催してきましたが、始めての中央台公民館での開催です。

今回は、広島を拠点に全国で素読教室を開催している、国語works広島の松田雄一先生を、外部講師としてお迎えして素読教室をしました。

<前回の様子は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52184591.html
2018-09-09 13.06.04

素読教室は、腰骨を立てて姿勢を良くする「立腰」(りつよう)から開始。声を出すときには、テキストを下から支えるように持ちます。複数回参加している子たちは、みんな完璧でした!

素読のひとつめは、定番の日本書紀にでてくる初代天皇である神武天皇の詔勅です。「(六合(くにのうち)を兼ねて都を開き、八紘(あめのした)をおおいて宇(いえ)とせむこと、またよからずや)」。日本という国の原点は、(諸説ありますが)まず神武天皇でしょう。

ふたつめは、孔子の言葉、論語より「子曰わく、勇を好みて貧を憎むは乱す。人にして不仁なる、これを憎むこと已に甚だしきは乱す」。

三つ目は源実朝の和歌「時により 過ぐれば民の 嘆きなり 八大竜王 雨やめたまへ」。市民が困っている干ばつに対して、当時の最高権力者が神頼みで雨乞いをするというのが、自然信仰の日本人らしい。

さらに貝原益軒の養生訓「人の身は父母を本とし天地を初とす。天地父母のめぐみをうけて生まれ、又、養はれたるわが身なれば、わが私の物にあらず。天地のみたまもの(御賜物)、父母の残せる身なれば、つつしんでよく養ひて、そこなひやぶらず、天年を長くたもつべし」。当時の平均寿命は40歳前後だったらしいが、貝原益軒自身は80歳まで生きたらしい。その実践を著わしたのが養生訓。単なる、健康指南本ではありません。なぜ、健康に生きなければならないのか。その答えは、自分の命は、自分のものではない。父母があった生まれ、その思いがあって育った。さらには自然の恵み・命という栄養をいただいて成長できた。だからこそそれらに感謝して、健康で生きなければならないというもの。

驚きだったのが、サッカー日本代表の柴崎岳選手の言葉が素読の素材に使われたことでした。言葉の内容自体も人生の心構えとして素晴らしいのですが、青森県野辺地町出身という紹介があり、その地理や気候風土も一緒に教えてしまうことです。全てをいっぺんに知らなくとも、なんとなく国語・地理・道徳が一体となって体に染みこむのが、素読の効果です。

2018-09-09 13.16.52

講師の松田先生は、全国を飛び回って素読教室の普及に務めています。こどもだけでなく、大人を大正とした素読教室も定期的に開催しており、大人の知識・教養としてもたいへん勉強になります。

<素読大人も素読しナイト@渋谷は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52040626.html
2018-09-09 15.03.24

暗唱発表の時間では、前回の教室で学んだ素読教材の暗唱等が発表されました。これまで、論語や、和歌、歴代天皇名等、いろいろな素材の発表がされました。

2018-09-09 13.10.25

いわき素読教室では、参加する度に参加シールを差し上げ、一定のシールが貯まると、記念品を差し上げています。今回は、代表の山名さんから、大國魂神社に保管されていた昭和初期?の古銭が提供されました。こどもたちは、はじめて見る古銭のデザイン等に興味津々でした。

素読の素材は、論語や偉人の言葉、文部省歌、サッカー日本代表選手の言葉、花や魚の名前、福島県の市町村名等、多岐にわたります。そういう意味で、国語力の向上というだけでなく、日本の文化・風習、音楽、地理、歴史、理科、道徳等の複合学習といえます。戦前の尋常小学校の教育では、これに近い形で実践されていた部分も多く、戦後、GHQの指導・影響の下で、現在の教科体系に分離されてしまっているところがもったいない、と思います。

2018-09-09 15.06.27


ドーム有明本社2018

ドーム有明本社を訪問しました。ドームさんは、2015年に有明の倉庫街へ本社を移転し、その直後に視察させていただいたことがありました。その際、筋肉増量のためのカフェや、パーソナルトレーニング施設を見学させていただき、いわきFC躍進の原点を見たと思っていました。今回、その3年後に訪れたわけですが、体育館?と見まごうような講堂や洗練されたオフィス等、さらにバージョンアップされていました!

<アンダーアーマー有明本社のカフェ2015は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45963475.html
2018-08-24 11.43.32

株式会社ドームの由来は、Dedeicated Organizarion Motivated to Exele.の頭文字。直訳すれば、最高を目指すために、全力であたる組織、ということでしょうか。安田社長の熱い思いが込められています。

2018-08-24 10.52.13

2018-08-24 10.50.17

2018-08-24 11.56.39

2018-08-24 11.56.56

2018-08-24 11.57.01

2018-08-24 12.14.51

2018-08-24 11.51.59

 

復興大臣へ要望書を提出

先日、小中学校エアコン導入問題について、地方自治体の財源の制約がある旨を書きました。そのため、いわき市議会清政会として、吉野正芳復興大臣を訪問し、地方自治体財政への影響を考慮して、国の負担率を検討していただくよう要望書を提出しました。

<小中学校エアコン導入問題は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52387914.html
2018-08-24 09.57.42

復興庁は、霞ヶ関の中央合同庁舎第4号館にあります。その10階にある大臣室からは、国会議事堂や議員会館等が一望できました。復興庁は、震災発生から10年となる2021年(平成33年)3月で廃止されることとされてます。そのデッドラインまであと2年とちょっとです。それまでに復興を成し遂げなければなりません。

2018-08-24 09.59.11



 

ふるさと納税日本一 泉佐野市の秘密

2017年度のふるさと納税で、大阪府泉佐野市への寄付金が135億にのぼり、日本一を達成しました。2位以下(100億円未満)を大きく引き離しでの、ぶっちぎりの一位だそうです。泉佐野市役所で担当者らにそのコツを伺いました。

その前に!!!市の公用車のラッピングが、ど派手です。このタイプが二台あり、いかにふるさと納税に力を入れているかがわかろうというもの。

2018-08-11 15.10.59

泉佐野市の千代松大耕市長、辻中隆議長にもご臨席いただき、大変恐縮でした。そして担当者からその取組みの実情をお話しいただく貴重な機会(ある意味ノウハウ流出?)をいただきました。ひとことでいうなら、六年前から地道に取組み、スタッフを拡充し、顧客(ふるさと納税者)のトレンドを読み、失敗をおそれず迅速に対応していくことです。文字にすると平易ですが、行政の一組織がこれを実践してきたというのは、民間への出向経験を持つ市の担当者の力量のみならず、トップである首長の腹の据わり方も大きい。具体策の一例は、以下のとおり。
・関西空港を拠点とするピーチアビエーションというLCCの搭乗ポイントへの還元(還元率50%!)
・地元産ではない、ふるさと納税の人気商品である肉・カニ・米を品揃え(地元業者の取扱い品として)
・返礼品の還元率は一般的に高い
・ビールや鰻の蒲焼き等の嗜好品も充実
・複数の自治体のふるさと納税をチェックしなくてよいように、1000種類を超える商品をワンストップで取扱い

これだけのふるさと納税額があると、件数も膨大になり、ふるさと納税証明書の発送も人力ではおいつかず、自動で印刷・封筒封入までできる全自動機械を導入しているそうです。市の職員2名、選任のスタッフ10名程度で運営するには、いかにして、人的工数を減らすことがポイントだそうです。

2018-08-12 10.42.52

泉佐野市が、2017年度のふるさと納税で全国一位を達成して、総務省から「返礼品の返戻率を3割以下に」「返礼品は原則として地元産のもの」という指摘がやはりあるようです。これらには誠実に対応していくとのことです。

一般的に、行政の言葉にはない「失敗」「誤謬」。これを恐れずに実践し、失敗したら修正し、これを高回転でやっていくことが、成功のポイントのひとつ。民間では当たり前かもしれませんが、行政組織はこれが、なかなかできない。

2018-08-12 11.12.40

売りたいものを売る、見せたいものを見せるというプロダクトアウトの発想でなく、顧客が買いたいものを用意する、買いたいものを創り出すというマーケットインの発想です。実は泉佐野市の特産は水ナスやタオルという、特産品としてはややマイナーなものしかありません。しかし全国の自治体とふるさと納税品の調達で相互提携し、1000種類を超える返礼品を用意する等、まさに「創り出す」発想です。

2018-08-12 11.13.02

泉佐野市の観光名所のひとつが、犬鳴山。市街地から20分ちょっとで、本格的な滝行(たきぎょう)ができるスポットとして関西では有名らしい。それにあやかって「イヌナキン」というキャラクターを作りました。そのゆるキャラ版がこちら。ゆるキャラグランプリ2017では、大阪府代表として出場し38位でした。さて、今年はどういう結果になるでしょうか。

<犬鳴山での滝行体験は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/52341228.html
2018-08-12 10.34.24

こちらが泉佐野市のふるさと納税のパンフレット現物です。全38ページと、意外とコンパクトでした。1000種類もあると、パンフは紹介の一部であくまでのダイジェスト版の位置づけです。。WEBでの紹介、注文がメインストリームだからできることなんだと思います。

2018-08-20 09.48.57

 

誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本

ねずさん、本名小名木善行さんは、「小名木善行ねずさんのひとりごと」のブログで、世界に誇れる日本を紹介している方です。その新著が、「誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本」。要約すると、先人たちが目指した日本の姿を取り戻そう、そしてそれは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることを実現しようというもの。そのねずさんの講義を直接聞く機会がありました。

我が国の先人の思想や活動は、まだまだ知られていないことが多い。というか戦後教育で意図的に無視されてきた嫌いがあります。あえて積極的に知ろうとすれば、ぞくぞくと誇れる日本、先人の活動が見えてきます。

2018-08-18 08.36.00

目からウロコ!だったのが、国家最高権威としての天皇陛下と、統治者(権力)としての幕府・政府機関、我々民衆との関係「シラス=知らす」です。天皇陛下にとって国民は、大御宝(おおみたから)として所有していたもの。2600年前(少なくとも1500年前)の昔から日本は、国民を(家族のように)宝としてきた。

また、「権威」と「権力」の分離。天皇陛下が国を治める時、自分が直接、国民の面倒をみるのではなく、時の権力に政治を委任。そのとき、天皇陛下の役割はもっぱら祈り。任された権力も、陛下から権力を預かったいる意識から、(支配・統治の関係にはなく)国民のための政治をしようとします。

2018-08-10 20.17.47

以前から、ブログ等での活躍は知っておりましたが、台本・原稿なしで、かつての日本の先人たちの活動の素晴らしさを伝える姿勢に、賛同いたしました。

2018-08-10 18.32.15


 

清水公園 日本屈指のフィールドアスレチック

清水公園は、千葉県野田市にある28haもある大きな公園(東京ドーム6個分!)で、フィールドアスレチックが充実しているのが特徴。他にも、キャンプ・バーベキュー・アクアベンチャー等の野外エンタメ施設があり、国道16号からも近く、広大な駐車場も完備されているので、首都圏を含む近隣からたくさんの方が訪れます。

2018-08-04 15.40.00

最大の特徴は、100種類もあるフィールドアスレチックです。水上コース・チャレンジコース・コースがあり、特に水上コースは、アスレチックから落ちたら、びしょ濡れ覚悟が必要。まるで、テレビ番組に出てくる施設のようで、子どもだけでなく、大学生らに大人気でした。なお、池の水深は数十センチなので、小学生以上であれば誰でも安全に遊べます。

2018-08-04 14.57.28

アスレチックに水を張るというよりも、巨大な池の上にフィールドアスレチック施設を置いた、というイメージです。
2018-08-04 14.55.58

小さい子にもとっては、落ちたらどうなるか?というスリリングが体験。一方、大学生らにとっては、落ちてびしょ濡れになること自体を楽しんでいました。女子学生らも積極的に落ちてびしょびしょになって楽しんでいたのが印象的でした。

2018-08-04 14.59.36

お約束の吊り橋。安全ネットは張ってあるものの、いわゆる「吊り橋効果」がカップルに有効なのは確か。

2018-08-04 14.53.53

キッコーマン醤油から寄贈された、木造アスレチック施設。清水公園とキッコーマンとの関係は深く、もともとは、野田醤油(キッコーマン)初代社長の父が、金乗院の林地5千5百坪を借地して造園した庭園だったそうです。それが一般開放され、いろいろな施設整備がなされて現在にいたっているとのこと。現在も施設の管理運営は、株式会社千秋社という創業者一族の資産管理会社が担っています。

2018-08-04 14.07.25

水上コースだけでなく、チャレンジコース等にも難易度が高い施設がたくさんありました。

2018-08-04 13.49.19

キャンプ場内にあるBBQ棟はかなり充実していて、基本的に屋根付きの全天候型。天候に左右されずBBQを開催できるのは、イベント運営側としては大変助かるのではないでしょうか。なお、最大1,000人も収容できるそうです。

2018-08-04 13.03.35

大駐車場も近く、ほとんど機材がなくとも手ぶらで、木々の囲まれながら、森林浴も兼ねてBBQできるのは、楽しい。

2018-08-04 13.03.05

ニジマス釣りの釣り堀もあります。釣った魚は、その場で、さばいて貰い塩焼きにして食べることができます。首都圏のこんなまちなかで、ニジマス釣りができるとは、大変に驚きでした。

2018-08-04 13.03.25

 

第3回 福島第一廃炉国際フォーラム

第3回 福島第一廃炉国際フォーラムが、いわき市アリオス大ホールで開催されました。主催は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)です。ちなみに第1回は経済産業省資源エネルギー庁とNDFとの共催)。今回も、IAEA,OECD/NEA,CEA,NASA等の国際機関が招聘され、議論・発表がありました。

今回は二日間の開催で、テーマと会場も別に設定されました。
一日目  地元の皆様と考える1F廃炉@楢葉町コミュニティセンター
二日目 技術専門家と考える1F廃炉@いわき芸術文化交流館アリオス

<第1回廃炉国際フォーラムは、コチラ>
2018-08-07 09.02.38

私が出席させていただいたのは二日目です。アリオス大ホールには、市外の科学者?技術者?と思われる方々がたくさんさんかされていました。

2018-08-06 15.03.37

国内外の専門家による福島第一廃炉の最新状況、関連技術の報告及び意見交換が行われました。

2018-08-06 15.54.02

どの発表者も、練り上げられたパワーポイントを使って説明。動画も多用されていました。

2018-08-06 15.04.04

ホールで行われた、技術ポスターセッションでは、廃炉作業に使うロボティクス技術等の展示がなされていました。廃炉の作業過程は、技術的に高度なものだし、現物を見る機会もないことから、一般人には縁遠いものです。一方、廃炉作業は今後数十年続くことが判明していて、近隣自治体のいわき市としても、その影響(経済的・金銭的・技術的等の多方面)は、しっかりと把握しておきたいところです。

2018-08-06 14.50.15

長久保石水 江戸の地図男

長久保石水は、水戸藩の地理学者です。江戸時代の地理といえば、伊能忠敬の大日本沿海輿地全図があまりに有名ですが、経緯線まで入った最初の日本全図(正式名称は『改正日本輿地路程全図』にほんよちろていぜんず)を作りあげたのは、この長久保石水です。伊能忠敬の日本地図の40年以上も前のことです。伊能忠敬は現地測量を重ねて17年の月日をかけて地図を完成させました。一方の石水のスゴイところは、現地測量なしで、資料は基本的に距離等が書かれた文献のみ。それを読みこみ天文学とハイブリッドさせて、緯度経度を入れた地図を作り上げたしまったところです。にわかには信じられない。

伊能図(いのうず)は幕府に献上・秘図とされ、一般の人の目に触れることはありませんでしたが、長久保石水の赤水図(せきすいず)は、多色刷りの版画で一般販売され、幕末の日本人に大いに利用されたそうです。伊能忠敬も現地測量にあたり必ず石水図を持参したらしい。吉田松陰も赤水図を携えて仙台まで旅し、長州への岐路、茨城県高萩市赤浜にある長久保赤水の墓に参詣したそうです。シーボルト事件では伊能忠敬のつくった日本地図を国外へ持ち出そうとして厳罰に処されましたが、シーボルトはこの石水図の持ち出しには成功したようで、いまでも欧州の博物館などに収蔵されているそうです。薩長軍が奥羽越列藩同盟軍と戦う際にも参照していたはずで、歴史の転換点に重要な役割を果たしたことになります。

2018-08-03 18.16.36

その長久保石水の生まれは、茨城県高萩市です。高萩市の歴史民俗資料館には石水図の1779年の第一版から1840年の第五版まで展示されています。石水の死後30年以上経っても、バージョンアップを重ねながら発行された、日本初の日本地図のベストセラーですね。この方は、農民出身にもかかわらず、学習を継続し、儒学者となり、天文学も学び、この地図を作った。最後は拝命帯刀まで許され、藩主徳川治保の侍講に取り立てられます。そんな立身出世にもかかわらず、生活は質素で、ひたすら学問と地図に命をかけていたらしい。間違いなく、幕末・維新の関係者に有益な情報を提供した方です。

2018-08-03 18.03.43

なんと驚きなことに、樺太、千島も描かれており、これまたなんと樺太とロシアの間の海峡(すなわち間宮海峡)も描かれている!間宮林蔵が発見したことが歴史的事実と教えられてきましたが、それよりも先に長久保石水が(文献状から)発見し地図にしたいたとは。

2018-08-03 18.13.11

現在、韓国が領有権を主張しはじめ、占有してしまった「竹島(当時日本は松島と呼んでいた)」もしっかり地図に描かれており、改めて日本国固有の領土、すなわちこれまで一度も他国に属していない島であることが客観的事実として明らかです。

2018-08-03 18.03.12

2018-08-03 18.03.01

長久保石水は、日本地図にとどまらず、世界地図や清国地図も制作しています。その精度は、とても現地実査なしで作られたモノとは到底信じられない。

2018-08-03 18.10.34

その長久保石水が、儒学者として、1751年(宝暦元年)に小名浜の観日亭で春秋左氏伝を講義したとの記録があるようです。伊能図に比べて石水図が極めて優れているのは、海岸線の形のみならず、宿場町の名前や、河川・幹線道路の情報が詳細に記載されていることです。旅のお供という点では、伊能図よりも圧倒的に石水図が優れているわけです。いわき周辺では、平・中之作・小名浜・植田・湯本・四倉・久之浜等の地名が見て取れます。逆に内郷は、まだ石炭の採炭が盛んになる前なので、地名には出てきていないんですね。街の盛衰も感じることができました。
 
2018-08-03 18.07.32

日本郵船大井ふ頭コンテナターミナル

日本郵船大井ふ頭コンテナターミナルです。東京港の大井ふ頭6/7号バースが、日本郵船専用となっていて、コンテナをつり上げ移動する、ガントリークレーンが6基設置されていて、同時に2つのコンテナ船の積み卸し作業をすることができます。ターミナル総面積は275,000㎡もあり、コンテナの蔵置能力は約14,000TEUだそうです。

58

ゲートでは、入出庫のためのトラックがひっきりなしにやってきています。このゲート入り口で、どのコンテナをどの場所から積み出すかの指示書を受け取り、指示通りに動きます。

26

一般的な40フィートコンテナです。これ以外にこの半分の20フィートコンテナで、ほとんどを占めます。コンテナ自体は、船会社(日本郵船)の所有で、その利用料は運賃に含まれるものだそうです。ちなみに、日本郵船のシンボル・マーク白地に二本の赤いラインは「二引(二曳・にびき)」とよばれます。なぜ二引が使われているかというと、同社の設立の由来です。

同社の設立の発端は、坂本龍馬の作った海援隊です。海援隊の会計を担当していた岩崎弥太郎がそれを受け継ぎ、のちに「三菱」の基礎を作り、その船舶部門が郵便汽船三菱会社です。一方、渋沢栄一の肝いりで作られた共同運輸会社と、激しい運賃競争をしたそうです。結果、1885年に両者が合併し、その対等合併の証として、2社を白地に紅色2線で表した社旗、通称二引(にびき)からとっているんだそうです。先人の歩みと歴史を感じる。

12

国際物流の基本は、コンテナ輸送です。なぜなら国際規格のコンテナで統一されているため、どんな船でも貨物をコンテナに詰めれば世界中のどの港へでも運送できるからです。今やあらゆる貨物が世界中に低コストで配送されています。運賃も東京港からアジア主要港まで、ひとつのコンテナで数万円程度、例えば、例えば中国の工場で作られた衣類がヨーロッパの顧客の手元に届くまでの時間は35日程度で、シャツ1枚あたりの輸送コストもわずか1セント(約1.2円)以下といわれています。なので、このコンテナの主要航路になっているかどうかは、産業が有利にできるかどうか、ひいては国力そのものに直結します。

しかし2015年調査によると、東京4百万TEU、横浜3百万TEUに対し、上海(中国) 36百万TEU、シンガポール 30百万TEU、香港24百万TEUと、京浜(東京港+横浜港)の数倍の取扱高となっており、もはや世界的には、東京はコンテナの主要航路ではなくなりつつあります。これは、いかにもマズイ。おとなりの韓国 釜山でさえ19百万TEUです。

<世界の港湾別コンテナ取扱個数ランキング は、コチラ>
https://www.mlit.go.jp/common/000228237.pdf
10

整然と並んだコンテナ。コンテナの輸送は、単に大型船で港から港へ運べばいいというものではなく、荷物を詰め込んだコンテナを輸送船の停泊している主要港まで運ぶトラック、主要港から各地の港まで輸送するフィーダー船、さらに港でコンテナの上げ下ろしを行うクレーンの運転士、税関検査官、コンテナの鉄道輸送があるなら鉄道関係者らと多くの人が関わるとても複雑なプロセスがあります。それらの方々の作業の結果が、このように整然と並んだしかし、コンテナが持つ均一性により、作業はスムーズに行えるようになっています。

35



 

神戸港震災メモリアルパーク

阪神淡路大震災によって被災したメリケン波止場の一部(岸壁60m)が震災そのままの状態で保存され、見学できるように整備されています。そこでは、神戸港の被災の状況、復旧の過程など記録した模型や映像、写真パネルなども展示されています。震災すさまじさを間近に見て、肌で感じることができる体験型の施設。周りがしっかり復旧されているだけに、この空間だけ異次元です。

44

これが当時運用されていた岸壁だとは信じられない。あらためて自然の力の偉大さを体感。

51

街頭は曲がり、岸壁は崩れ落ちていて浸水していて、信じられない光景でした。

18

遠くに見える神戸オリエンタルホテルと、被災保存岸壁との対比が象徴的でした。神戸港は震災前の1994年には取扱量が292万個と国内トップで、世界でも6位とアジアのハブ港でした。震災後は、荷物が中国・上海や釜山に奪われてしまいました。震災で逃げた荷物は復旧後も戻らず、神戸港は世界の取扱量で56位(2015年)だそうです。なお、現在取扱量のトップ10の7港を中国が占めるそうです。

これの要因のひとつには、神戸港をはじめとする日本の港が、貨物船の大型化に伴う大深度水深の港にしてこなかったことが上げられます。例えば上海港は国策で、大水深の港と大規模なコンテナターミナルを建設し、数10kmに及ぶ高速道路で市街地と結んでいます。そんな近隣諸国の動きを知りつつも、日本国内の主要港への集中インフラ投資をしてこなかった日本。この彼我の差が、日本の失われた20年の要因のひとつでしょう。残念でなりません。

08

32

神戸港震災メモリアルパーク内に設置されていた、震災当時の説明動画が秀逸でした。数分の映像でしたが、神戸港の全体がどのように被災し、復旧していったがよくわかる映像です。これを見るためだけに、ここを訪れる価値がある。

<神戸港震災メモリアルパーク 説明動画は、コチラ>
https://youtu.be/Ns1lRtRZorA
11

年季の入ったボタン。日本語はもちろんですが、韓国語・中国語・英語版が完全フォローされていて、インバウンド観光客への対応が完璧でした。

48

ジオラマも、わかりやすかった。ぐだぐだ解説文を用意するよりも、こうした図や映像、模型を使った説明の方が、一覧性があり、忙しい観光客には向いていることを再確認しました。

03


丸亀町商店街 自転車走行禁止

香川県高松市の丸亀町商店街は、商店街の再開発の成功事例として有名。都市をコンパクトに縮めなければ、街の機能を維持出来ないという、まちづくり戦略について、先日視察させていただいてきたところです。

さて、この高松市は讃岐平野という四国地方最大の平野の中にあり、自転車通学・通勤が多い。商店街の中を激走する自転車対策としては、商店街への自転車乗入禁止を実施中。

<高松丸亀町のまちづくり戦略は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/39987312.html
57

マナーの悪い人はごく少数で、ほとんどの方は(若者も含めて)、自転車を手押しで押していました。みんながやれば、それが当たり前のように習慣になってくるんですね。

58

04

市としても放置自転車対策としてまちなか駐輪場整備などにも力を入れていますが、追いついていないところもある。それにしても、地方都市にもかかわらず、自動車での移動に頼らない層(すなわち自転車利用層)がこれだけ厚いと、まちなか商店街へのアクセスが良くなり、(週末一回のモールでなく)日常的な買い物も商店街でするようになり、地方のオカネが地方で回るようになる。自転車利用の素晴らしい利点を感じる街でした。

07

商店街に原則として、自動車(自転車は手押し)が入らなくなるようになると、歩行者の安全性確保という視点だけでなく、路面のデザイン等にも工夫がなされるようなり、まちとしての魅力がアップします。単に商店街の店舗構成や再開発ビルにとどまらないまちづくりですね。

38


 

おちゃめに100歳!寂聴さん 瀬尾まなほ著

瀬尾まなほ氏講演会が、いわきワシントンホテル椿山荘で開催され、司会進行役を務めさせていただきました。瀬尾さんは、作家の瀬戸内寂聴さんの秘書で、現在30才。寂聴さんとは66才の年の差があります。2011年に、京都外国語大英米語学科を卒業と同時に寂庵(じゃくあん)に就職されました。2013年からは瀬戸内さんのスケジュール管理や食事など、秘書業務を1人で担当(現在は複数のスタッフがいるそうです)。瀬戸内さんとの日々をつづった「おちゃめに100歳! 寂聴さん」(光文社)を昨年出版されました。この本の内容にも触れながら、人生には「笑い」が必要で、瀬尾さんは寂聴さんに、いかに笑って貰うかを真摯にとりくんでいらっしゃる体験をお話しいただきました。

今回の企画は、福島県商工会議所青年部連合会 平成30年度第1回若手後継者等育成事業のひとつでした。
2018-07-29 09.20.34

出版のきっかけは、瀬尾さんが寂聴さんに送っている個人的な手紙だそうです。秘書業務を務める上で、嬉しかったことや困ったこと等の受けとめを、文章に起こしたものです。対外的に出すつもりはなかったものが、寂聴さんがその著書の中で、手紙そのものを引用し、出版社の編集者にまなほさんの文章力を評価していることが伝わりました。これをきっかけに、連載『まなほの寂庵日記』として15社以上の地方紙に掲載されることになったそうです。そしてついに、単独での出版にこぎつけ、すでに18万部以上が売れているそうです。サインをいただきましたが、手早く描くイラストは、寂聴さんと瀬尾さんの特徴がにじみ出ていました。寂聴さんとのあったかい関係性・雰囲気が伝わってきます。

ここで印税の邪推・・・出版単価1,300円×販売部数18万部×印税5%(推測)=1170万円。かなりの額ですね。それでの寂庵の運営というのは、基本的に火の車なんだそうです。

2018-07-29 09.20.46

秘書業務の傍ら、いろいろな人のつながりを通じて「若草プロジェクト」という団体の理事をつとめていらっしゃることの紹介もありました。貧困、虐待、ネグレクト、DV、いじめ、性的搾取、薬物依存、育児ノイローゼ…社会の抱える様々な問題に翻弄され、苦しむ少女・若い女性たち。そんなSOSを心に抱えた少女や若い女性たちと、彼女たちを支援する人たち(支援者)とをつなげ、支援を確実に届る団体です。

そんなつながりも、寂聴さんの秘書というきっかけがあったこと、その縁に感謝しているというお話しでした。なお、講演会の撮影はNGということだったので、写真は著書の表紙・裏表紙です。

2018-07-29 09.21.06

 

トラム@鹿児島

鹿児島市には全国でも少なくなった路面電車が走っています。路線は二系統、総営業キロ13.1kmで全国5位。歴史は古く開業は大正12年。現在は鹿児島市の直営で、年間延べ約1千万人の利用客があり、健全経営らしい。最新型の二輛連結式の低床式車両も導入されています。

これまで地方都市を訪れる際には、なるべく路面電車を使い、その良い点・悪い点を把握しようと思っています。これまで、広島・富山・松山・熊本の路面電車は乗りましたが、鹿児島市ははじめて。

かつては、いわき市でも、平ー小名浜の約13kmをトラム・路面電車を走らせようという計画がありました。様々な理由で計画は実現には到りませんでしたが、実現していたらいわきの街並みは大きく変わったであろう事は間違いありません。

熊本市の路面電車の所感>
富山市のLRTの所感>
2018-07-10 15.51.09

幹線道路上を走行し、また交差点での信号待ちもあるため、速度はかなり遅いです。にもかかわらず、平日日中でも市民の足として利用されています。

2018-07-10 15.47.24

中央分離帯が緑化されているのは、他の地方都市と似ていました。これがあることで、景観が大きく改善されていると思います。

2018-07-10 07.51.41

現在放映中の「西郷どん」のラッピングも。話題になっている素材をできるだけ活用していくという姿勢に賛同します。

2018-07-10 07.50.45

初乗り170円。なぜかスイカは使えません。

2018-07-10 07.58.17

2018-07-10 07.50.15

いろいろなカラーリングの車両が走っています。よくみると年代や型式が、多種多様。新型車両も導入されていますが、他都市で使用されていた中古車両も多い。

2018-07-10 07.39.21
 

ユニクロ柳井正氏講演

カジュアル衣料の製造販売「ユニクロ」の柳井正氏の講演会に参加しました。公認会計士制度70周年記念式典の一部で、演題は「会計士が世界を変える」です。協会式典のプログラムなので、業界に対して「ヨイショ」がありがちですが、そこは辛口の柳井氏、丁寧ながらも辛辣な批評・提案がありました。

「服を変え、常識を変え、世界を変える」が、最近のお気に入りの創作言葉だそうです。著者の主張は、一貫しています。山口県宇部市という片田舎の個人商店にもかかわらず、世界を代表するSPAアパレルに成長できたのだから、どんな個人・企業にもチャンスはある。Now's the Time. 今こそが動き出すタイミング。失敗を恐れず、チャンスをつかみとろう、というシンプルなもの。

その原体験は、フリースとヒートテックの爆発売上、高品質&ベーシックデザインのマーケット浸透、商業中心地への旗艦店出店戦略という成功体験とともに、ロンドンからの撤退・縮小、中国へのブランド戦略の過ち、シンガポールへの進出形態のミスという大失敗の経験。それらを乗り越えて、今や海外売上げと国内売上げが拮抗するくらいのグローバル企業になっています。
<著書 現物を見よは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/19404170.html
2018-07-23 15.31.41

公認会計士の業務への理解は深く、株式公開時に一緒に汗をかいてくれた会計士には深い感謝とともに業務に対する重要性も認識。一方、監査という制度に乗っかっただけの「お墨付き」業務や「はんこ押し」に対する、冷ややかな批判は強い。会計士はその制度の枠を超え、「超公認会計士」となるべきという、オリジナルな提案をされました。すなわち財務に関する知識を、クライアント会社の業務、とくに経営計画の策定等、社長の業務に深くコミットすべきというものです。

また政治に対しても、数字で政策が判断されていない現状を憂いていて、政治家が全員、会計士だったらよいのに、という特徴的な考えを披露されました。会社にしても行政にしても、財務・数字がわかる会計士が一緒に計画を作るような世の中にしたいという思いは賛同できるものでした。

最後にケネディの言葉を引用されたのが印象的でした。「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい」。明治期の日本の急成長の裏側にも、「国のためにすることは名誉なことだ」という暗黙の認識が、市民の中にあったからだといわれています。これらは、国や地域を問わず、自立した個人・会社を実現するためにも、国に頼らず、逆に個人が国を支えるというような心づもりが必要だということだと思います。


 

遊就館 阿南惟幾の遺書

遊就館(ゆうしゅうかん)は、靖国神社境内に設置された資料館です。設置は明治初期で、当初は幕末維新の新政府軍戦没者ゆかりの品を展示する目的で開館しました。当時は国営(敷地の靖国神社も、国営だった)で、明治天皇が「武器ノ沿革ヲ知ルヘキ物件ヲ蒐集保存シ軍事上ノ参考ニ供スル所トス」と勅令を発したことで、日清・日露戦争の軍事資料も収集・展示されるようになりました。結果として、現在は、幕末維新期の動乱から大東亜戦争に至る戦没者や軍事関係の資料を収蔵・展示しています。日本では、唯一の軍事博物館とのこと。

<靖国神社 参拝は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47451032.html
2018-05-13 10.52.40

太平洋戦争のビルマ・インド侵攻作戦の陸上補給を目的に作られたのが泰緬鉄道。タイからビルマまで400kmの区間で鉄道建設を15ヶ月という驚異的な早さで敷設したのは驚き。そして実際にはその線路を走っていた、機関車C5631が現物展示されています。

悪名高きインパール作戦でも大量の兵士輸送のために使用された泰緬鉄道。そんな歴史をしっかり認識するためにも、現物展示は有用です。

2018-05-13 10.51.50

遊就館内部は基本撮影禁止ですが、大展示室だけは、写真撮影可。ヤップ島のジャングルで発見された艦上爆撃機彗星です。複数の機の部品を継ぎ合せ、足りない部分は補って、展示用に復元制作された一機だそうです。その奥には伝説のジェット戦闘機、桜花のレプリカです。戦争時の航空機開発の技術の進歩のスピードには驚きです。いったいどれだけの開発費が投じられてきたのか。

幾多の現物展示がありますが、なんといっても見るべきは、阿南惟幾の遺書です。市ヶ谷防衛省にも、太平洋戦争終戦時の陸軍大臣、阿南惟幾の着ていた冬服の展示がありますが、こちらには、8月15日早朝、ポツダム宣言の最終的な受諾返電の直前に陸相官邸で割腹自殺したときの、血痕がついた遺書が展示されています。あまりの圧倒感に言葉を失います。

<市ヶ谷防衛省 極東国際軍事裁判は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49977641.html
2018-05-13 09.51.32

九七式中戦車。第二次世界大戦における日本軍の主力戦車でした。近代の重装甲・重武装化した新型戦車のイメージと大分違っていて、対戦車戦は意識されていなくて、歩兵支援や陣地攻撃を想定しているので、軽装甲・軽武装だったのだそうです。

2018-05-13 09.50.47

海軍カレーも館内で食べられます!海軍カレーは、横須賀等の軍港都市でブームになっていますが、ベースは1908年に制作された「海軍割烹術参考書」だそうです。ここに書かれたカレーライスのレシピを、横須賀鎮守府が手軽で肉と野菜の両方がとれるバランスのよい食事としてを採用したのだとか。

<横須賀海軍カレーは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/38924930.html
2018-05-13 10.18.14


絵本美術館 いわきの宝!

いわきの合磯にある、太平洋が一望できる絵本美術館はいわきの宝です。この建物は、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏の設計によるもので2005年竣工。館内では約1,500冊を超える絵本が壁一面に展示され、しかも手にとり、そばの机やソファ読むことができるというもの。

ここは公立の施設ではなく、学校法人いわき幼稚園という民間が保有する施設です。学校法人いわき幼稚園さんは、いわき幼稚園(平中山)、白ばら幼稚園(山田町)、ありす幼稚園(中央台鹿島)を運営する母体。

先代園長 巻レイ氏が、安藤忠雄氏に、こどもたちと本との大事な関係、ステキな風景等の思いを手紙にしたためたところ、すぐに安藤氏から電話があり、一週間後には現地に来てくださり、翌日には設計を引き受けてくれたそうです。

「まどのそとのそのまたむこう 絵本美術館」の名前は、アメリカの絵本作家、モーリス・センダック氏からとのこと。『かいじゅうたちのいるところ』は、世界中で約2000万部売れたそうです。

2018-05-31 10.43.58

コンクリート打ちっ放しの館内は、木製の本棚にびっしりと絵本が陳列されていて、そのカラフルさがあまりに美しい。これは絵本の内容だけでなく、表紙の色彩等も勘案して、定期的に展示替えをしているそうです。なにげに置かれているぬいぐるみ等のセンスが良いです。

2018-05-31 10.03.17

地上1階、地下1階の館内との触れ込みですが、吹き抜けの高さはビルの3階建てくらいあります。5層の床が7つの階段でつながっていて、螺旋状に下に降りていくことができます。一回では行きたい場所にたどり着けないようになっていて、まるで迷路です。

2018-05-31 10.03.56

壁面一面に猫の絵本がいっぱいです。

2018-05-31 10.05.19

2018-05-31 10.04.42


三角にきりとられた天窓からは、太陽光がキラキラと、薄暗い室内を照らしていて、そのコントラストが美しい。

2018-05-31 10.04.04

本来、いわきの幼稚園の3園のこどもたちのための専用施設という位置づけなので、園児以外の一般入場には事前の手続きが必要です。安藤忠雄氏の「建築」であるというだけでなく、「絵本」「景色」の組み合わせは、日本ひろしといえども、ここしかないオンリーワンの施設なので、竣工以来、視察の希望が引きも切らないそうです。事前申込には、往復はがきに名前、住所、連絡先を書いて美術館宛に直接投函します。後日、美術館から日時を書いた招待状が手元に届きます。

2018-05-31 10.50.50

一般開放日には、たくさんの訪問客が、建物内をウロウロし、実際に絵本を手にとって読み、景色を眺めます。絵本には、古いものから新しいものまで、また日本だけでなく海外の絵本もたくさん所蔵されていました。

2018-05-31 10.04.10

太平洋を一望できる豊間・合磯の高台に絵本美術館は位置しています。眼下には、太平洋が一望。

2018-05-31 10.03.46

ティーカップの並んだ棚の前には、ピーターラビットやくまのプーさんらのマスコットがお出迎え。園児達も喜びそうです。

2018-05-31 10.03.24

最上階フロアにある、ロフト?のような絵本読みのスペースには、やわらかいクッションが敷かれ、半円状のソファ?がおかれて、思い思いに座って絵本を読んでいました。

2018-05-31 10.06.12

まるで空中に浮いているかのような渡り廊下。

2018-05-31 10.07.23

最下層から吹き抜けを見上げてみました。

2018-05-31 10.10.25

いろいろな場所にギミックが置いてあり、飽きさせません。

2018-05-31 10.10.36

ムーミン谷の仲間たちの椅子。

2018-05-31 10.10.50

海外の絵本も、国ごとに整理され、探しやすくなっていました。

2018-05-31 10.11.29

2018-05-31 10.22.18

2006年には、建築業協会から「第47回BCS賞(建築業協会賞)」を受賞した建物なのだそうです。

2018-05-31 10.39.31

豊間海岸は、防潮堤の建設が進んでいます。

2018-05-31 10.40.55

結論は、こういった建物で絵本と風景に触れることができる、いわき幼稚園(平中山)、白ばら幼稚園(山田町)、ありす幼稚園(中央台鹿島)の園児さん、そしてそこに通園させている父兄さんが、正直、うらやましく思いました。また、この建物を建て、膨大な絵本の収蔵に尽力した、先代園長の巻レイ様に、改めて敬意を表したいと思います。

さて、このようないわきの宝といういうべき「絵本美術館」。非公開だからこそ、園児たちが安心して絵本に触れることができるとはいえ、いわき市民の多くがその存在すら知らないということは、もったいない。一度、訪れて、その素晴らしさに触れることをぜひオススメします。

2018-05-31 10.11.09


 

第8回 いわき素読教室 椿餅作り体験

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第8回 いわき素読教室が、2018.6.17(日)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。これまでは、平一町目のティーワンビル内のいわき市生涯学習プラザ和室で開催してきましたが、大國魂神社での開催です。

こどもたちは、神社での参拝の仕方を教えてもらい、その後は、素読教室、そして、今回は「椿餅作り体験」をしました!

<前回の素読教室の様子は、コチラ>
IMG_0437_2

大國魂神社神官でもある山名氏に、大國魂神社の案内をしてもらい、参拝の仕方も丁寧に教えて貰いました。お作法としては、「二礼二拍手一拝」なのですが、その意味を解説いただきました。なお、柏手(かしわで)では、手のひらを少しずらす様にして叩くとよい音が出やすいらしい。

<大國魂神社 平成の大改修は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/34893149.html
IMG_0426

大国魂神社のお祭りのひとつの、樹魂祭があります。大国魂神社では境内東側の鬼椿(おにつばき)、鳥居前の大杉、甲塚の八方睨みの松の3つをご神木としてお祭りを続けています。国指定史跡の甲塚古墳八方睨みの松は有名です。

<甲塚古墳 国指定史跡は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48634519.html
IMG_0427

江戸時代に、大國魂神社境内東側に灌漑用水路の開削が進められた時、鬼椿と呼ばれる椿の根本で岩に当たってその下から石室が現れ、中から長さ一寸余の牛の角の如き小片2個、長さ7、8分で青石に似た管の如きもの7枚が出土したそうです。その場所は田村麻呂が社を造営した折、討ち取った蝦夷の鬼の死骸を埋めたところで、鬼椿の名はその時植えられたことに由来するといいます。

毎年初夏の季節には、樹魂祭として、これらの御神木や神社の社そして、各ご家庭の屋敷の木々の霊を慰め、風神・雷神の守りを祈り、私たちが神々の恵と、祖先の恩恵によって暮らしていることを感謝するお祭りが行われます。

そこで振る舞われるのが、ご神木の鬼椿の葉を使った「椿餅」です。今回は、餡を道明寺粉で包んで、椿の葉ではさむという作業を、こどもたち自身でやりました!試食会では、みんなと仲良く食べました。

2018-06-17 11.37.09

素読教室は、腰骨を立てて姿勢を良くする「立腰」(りつよう)から開始。素読のひとつめは、日本書紀にでてくる初代天皇である神武天皇の詔勅です。「(六合(くにのうち)を兼ねて都を開き、八紘(あめのした)をおおいて宇(いえ)とせむこと、またよからずや)」。

ふたつめは、孔子の言葉、論語より「子曰わく、父母の年は知らざるべからず。一には即ち以て喜び、一には即ち以て懼(おそ)るる」。

三つ目は松尾芭蕉の俳句「五月雨(さみだれ)を 集めて早し 最上川」。四つめは昭和天皇の御製「広き野を ながれゆけども最上川 海に入るまで にごらざりけり」。

こどもたちによる暗唱発表もなされました。歴代天皇40代までの発表、清少納言の枕草子「春はあけぼの」等が、上手に発表されました。

2018-07-03 10.08.25


 

アンガーマネジメントの学び

怒りを知りコントロールし、個々のパフォーマンスを上げるアンガーマネジメント。個人ベースだけでなく、社会全体のストレスをなくし、そして生産性を上げることともつながる。このツールは有用です!

34775595_1703474026395983_1207509735780122624_n

学ぶ素材として、本だけでなくゲームもあって、取っ付きやすい。日常生活で自ら実践していきたいですね。

2018-06-09 09.40.20

 
記事検索
最新記事(画像付)
   吉田みきと Official Website

吉田みきと プロフィール

ふるさとの福島県いわき市で、市議会議員として活動しています。いわき市は、震災後、複層的な問題が山積しています。公認会計士・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 認定 アンガーマネジメントファリシテーターとしてのキャリアを生かし、フレッシュな視点で問題点を洗い出し、解決策を提案していきます。



   フェイスブック吉田みきと
ギャラリー
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • さはこの湯の経営を立て直したい
  • はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 明鏡止水で脳みその能力を最大限に活かす
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問④(医師に選ばれるまち)
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問③(医師を育てる志)
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問②(医師を育てる学力)
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問②(医師を育てる学力)
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問①(医師を育てる資力)
  • 令和元年6月アロハ議会 一般質問①(医師を育てる資力)
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 海幸 究極の刺身定食
  • 銀座あけぼの 豆大福&もちどら 外国人路上立ち食い
  • 銀座あけぼの 豆大福&もちどら 外国人路上立ち食い
  • 銀座あけぼの 豆大福&もちどら 外国人路上立ち食い
  • 銀座あけぼの 豆大福&もちどら 外国人路上立ち食い
  • お金の流れで読む日本と世界の未来 ジム・ロジャーズ著
  • 坂本勇さんから版画をいただきました
  • 坂本勇さんから版画をいただきました
  • 坂本勇さんから版画をいただきました
  • 坂本勇さんから版画をいただきました
  • 新聞という病 門田隆将著
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 生きてるユーグレナ、見れます!!!
  • 徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと ちきりん著
  • いつだれkitchen 投げ銭が画期的!
  • ライブドアブログ