吉田みきと ほぼ毎日ブログ

「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。」 吉田松陰・高杉晋作語録   「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない。」 西郷隆盛・山岡鉄舟語録

研修/勉強会

第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第7回 いわき素読教室が、2018.5.20(日)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会で、いまのところ2ヶ月に一回の開催をしています。

まずは、腰骨を立てて姿勢を良くする「立腰」(りつよう)から開始。素読のひとつめは、日本書紀にでてくる初代天皇である神武天皇の詔勅です。「(六合(くにのうち)を兼ねて都を開き、八紘(あめのした)をおおいて宇(いえ)とせむこと、またよからずや)」

<前回の素読教室の様子は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51563493.html
2018-05-20 13.43.11

5月といえば端午の節句。前回、一年間に節句は5つあり、それぞれ①人日、②上巳、③端午、④七夕、⑤重陽であることを習ったのを思い出します。

定番となった、今月5月の「いろいろな呼び方」。皐月(さつき)・五月雨月(さみだれづき)・早苗月(さなえづき)・橘月(たちばなづき)・稲苗月(いねなえづき)・仲夏(ちゅうか)・月不見月(つきみずづき)・雨月(うげつ)。文字そのものからイメージがつくものと、そうでないものもあります。

2018-05-20 13.30.16

素読の会の代表を務めていただいている山名隆史氏の本業は、大國魂神社の禰宜(神官)です。日本古来の文化・風習等に詳しく、前回は座布団の上下の見方をレクチャーしていただきましたが、今回は、弓矢の筈(はず)について。弓の弦に引っかける矢のお尻の部分を、そう呼ぶのだそう。そこから派生して、はずれる(外れる)の語源になったとかならないとか。興味深いうんちくでした。

2018-05-20 13.29.59

今回、素読に取り組んだのは、五箇条の御誓文です。慶応4年に明治天皇が天地神明に誓約する形式で、公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針です。これは、日本国の国体を表すとも民主主義の原理ともいわれ、ともかく日本人の根っこのひとつであることは間違いありません。

<五箇条の御誓文の動画は、コチラ>
https://youtu.be/Voxn6oQBgmw
2018-05-20 13.51.06

山名氏が、自宅の蔵から見つけた古銭をご披露していただけました。単位は「銭」。確かに日本銀行が発行した紙幣ですが、昭和28年からは日本の通貨は「円」のみとなり、今では使用できないオカネです(コレクターは除く)。そんな貴重なモノですが、こどもたちは基本的にオカネが好き。しげしげと眺めていました。

2018-05-20 14.01.51

日本銀行券 壱(旧字体)円と読めます。このお札が使われたのは昭和18年から昭和33年までの約15年間です。肖像は武内宿禰(たけしうちのすくね)で、第12代から第16代の各天皇に仕えたという伝説上の忠臣らしい。

2018-05-20 14.02.22

後半は、これまで素読した(それ以外でもOK)題材の暗唱発表をしました。自宅で歴代天皇名や和歌等を覚えてきたモノをみんなの前で発表するのは、ちょっと勇気が要りましたが、無事発表!小さい子でも、長い文章をそらんじることができるというのを改めて実感しました。

素読の定番、論語の素読もしました。はじめは小さめの声でしたが、最後は大きな声が出せるようになり、大人も子どももストレス発散?しました。

<論語の動画は、コチラ>
https://youtu.be/fTk1qX-K28E
2018-05-20 14.36.37

最後までお片付けを手伝った小学生、参加&運営協力してくれて、ありがとう。次回以降の開催は、6月に大國魂神社で椿餅作り、9月に生涯学習プラザで外部講師の松田雄一先生を招へいして素読教室、10月には大國魂神社での落穂拾いを予定しております。

福岡市鮮魚市場市場会館 美味しい市場食堂

福岡市鮮魚市場市場会館 は、福岡市が運営する鮮魚市場にある公設の市場会館です。13階建てのビルの中には、最上階に展望プラザがあるほか、福岡市開設者事務所・福岡市食品衛生検査所などの市長部局、そして市場関係業者事務所などの事務所、さらにはPRプラザ・料理講習室・会議室・銀行・歯科、さらには海鮮食堂、中華料理屋、大衆割烹などの飲食店の他、鮮魚加工品を販売する土産物屋が入居しています。

18

ここの海鮮食堂「おきよ」のやる気を感じました。営業時間が平日6:00-15:00と18:00-21:30、日祭日11:00-15:00と18:00-21:30。ほとんど休みなく、早朝6時から昼過ぎまで、さらには夜もお店を開けているんです!!!経営的にも持続的にやっているだけに、気合いだけでなく、労働者や観光客を惹きつける施策があるはず。

24

平日8:00前後にかかわらず、市場関係者?や観光客?が入り交じって朝食を摂っていました。

37

ゴマサバ定食700円。正確にいえば、ゴマサバが出てくるわけではなく、胡麻であえたマサバの刺身をメインディッシュとした定食です。ご飯お替わり自由。

36

こちらは鉄鍋円盤餃子。円盤餃子は福島市だけの専売特許でなく、福岡市内でもかなり普及してます。

05

ご飯食べ放題、いいなあ。定食屋はこうでなくちゃ。都内のやより軒もこのスタイルだった。

<やよい軒 最強の定食屋は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51187800.html
45

定食メニューは、どれも700円程度。お財布にやさしい。

30

地方公営市場内に、市長部局が入居していることに、驚きました。通常、市長部局は市役庁舎内に居たがる傾向があり、近くのビルであっても、都落ち的な感じがあることは、現実です。

02

そういう意味でも、あえて市長部局をこの市場会館内に、入居させていることには一定の意味があるはず。いわきの中央卸売市場には(空きオフィススペースが広く存在しているにもかかわらず)市長部局の占有床はありませんが、本庁舎内が手狭であることを考慮すれば、関連部局がこのいわき中央卸売市場のオフィススペースで執務することだって、ありえるはず。もしいわき市の農林水産部全体が、このいわき中央卸売市場に移転できたら、市場内の昼間の就業人口が激増するので、(過去に撤退してしまった市場食堂・飲食店が複数あった)ランチ目的のために、飲食店が回帰してくれるかもしれない。

<いわき中央卸売市場は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/34036432.html
36

 

オリーブ公園・オリーブナビ小豆島

小豆島のオリーブ公園・オリーブナビ小豆島を視察させていただきました。日本のオリーブといえば小豆島。実際、純国産のオリーブオイルのシェアは、なんと9割!圧倒的にナンバーワンだそうです。いわきでもオリーブ栽培を始めるグループがいくつかできていますが、その栽培技術の元祖は、小豆島なんだそうです。

オリーブ公園は、瀬戸内海を見下ろす小高い丘に約2,000本のオリーブ畑に囲まれた道の駅です。こちらの郵便ポストは現役で使用されているそうですが、「オリーブ色」に染め上げられていました!

<オリーブプロジェクト 2015収穫祭は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45601719.html
50

オリーブの栽培が本格化したのは1900年少し後。海産物のオリーブオイル漬けにするために、当時の農商務省が香川・三重・鹿児島の3県で試験栽培をはじめたところ、香川県の小豆島のみが栽培成功したそうです。どうも日照があり穏やかな瀬戸内海の気候が地中海沿岸と似ていたからかもしれません。そうはいっても、日本には地中海にはない、強い台風や日本固有の害虫もいて、本格生産にいたるまでには先人たちの相当な努力があったようです。

そもそも、精油の機械からして、日本のメーカーは存在しておらず、海外からの輸入です。機械の導入・維持コストも高いですが、島は起伏もあり機械導入が難しいため、人力で摘み取る人件費も高い。海外産の安価(といってもそれなりの価格ですが)なオイルと、市場で競争していくには、どうしても、高価格帯のエクストラバージンオイルに特化していくことになります。あえて「ピュアオイル」や「ポマースオイル」は、生産していないとのこと。一方で、1kg相当で5000円~の小豆島産オリーブオイルは、普段使いの食用というよりも、特別な食事の香り付けや、化粧品等への使われ方がメインです。

<エキストラバージンの嘘と真実は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/22866222.html
14

10

28

ここオリーブ公園は、映画「魔女の宅急便」のロケ地になった場所です。それにあやかって、「魔法のほうき」の無料レンタルがあります。たくさんの「女子(海外の方も多い)」が、このほうきにまたがって、インスタ映えするフォトジェニックな写真を撮っていました。この写真を撮るためだけに、ここを訪れる層もいるようです。

このコンテンツはイイですね。「写真 × 島旅 = 小豆島オリーブ公園」というキャッチフレーズは、素直に納得です。この体験をしたいがために、他所からわざわざこの地を訪れるこの仕組みは、いわきの観光を考える上で、大きなヒントになりそうです。

02

20本以上の貸出用の在庫があるですが、半分以上、貸し出し中。

57

こんなイメージで撮れると、イイですね。今のカメラは連写機能が付いていますから、何度か試せばキキが飛んでいる写真が撮れるはず。

21

なぜかアテナ像。ギリシャをイメージしているのでしょうか。行政のハコモノ投資の匂いを感じた、ちょっと「痛い」置物でした。

20

オリーブナビ小豆島は、オリーブ公園の海側に位置する学習施設。小豆島の観光情報を入手できるし、館内にはオリーブとともに歩む小豆島の歴史の展示があります。魔女の宅急便のキキのインスタ写真目的の女子らには、興味ないだろうなあ、と思いつつ。展示内容は充実しており、大変に勉強にはなったですが、正直言って外部目線で作り込まれていない。見せたいモノと、見たいモノは違う。これも行政が作ったという匂いがプンプンする施設でした。

27

先人たちが、100年以上かけて苦労してオリーブを小豆島のメイン産業のひとつ(もう一つは醤油醸造)にまで押し上げた歴史は、感動的ですらあります。

55

オリーブで作った冠。スポーツの勝者には月桂冠が与えられますが、本来は月桂冠ではなくオリーブでなんだそうです。なぜなら古代ギリシャの英雄ヘラクレスがオリンピアの庭に植えたオリーブの枝を、オリンピックの勝者に与えたことが由来とのこと。2004年のアテネオリンピックでも、優勝者には金メダルとともにオリーブ冠が与えられたそうです。

さて、2020年の東京五輪・パラリンピックで、オリーブの枝で編んだ冠をメダリストへの贈呈品にしてもらおうと、香川県が要請活動を始めているそう。ぜひ福島いわきのオリーブの枝で編んだ冠も使っていただけないでしょうか。

37




 

積水化学工業 滋賀栗東工場 SPR工法

積水化学工業の創業は1947年。戦後復興とともに日本経済を牽引してきた企業です。代表製品として「セロハンテープ」がありますが、そのほかにも塩ビ管は、戦後からずっと生産し続けているロングセラーです。その塩ビ管が、下水道管路の更生・更新のために注目されています。SPR工法といわれるもので、マンホールから製管機を管路内に搬入・組立し、管内側に硬質塩化ビニル製のプロファイルを用いた更生管を築造するものです。既存の管と新規に敷設した塩ビ管の間には、モルタルを裏込めを注入し、更生管と既設管を一体化する工法です。

ロボットが、下水道管内を自動でビニール管を作っていくデモンストレーションを、見ることができました。

40

日本の下水道管は、敷設されてから50年を超えるものも出てきており、漏水や断裂等のリスクも高まっています。またこれからこの老朽化問題は大きな課題になってきます。その対策として、既存管の敷設更新は、日本全国で待ったなしの現状です。

50

機械によってほぼ自動で、既存の管の内側にライニングを貼り付けていくという方法。この塩ビ管の線は、一巻きで1mを超えるモノもあり、つなげることも可能なので、ほぼ無制限に施工することが可能です。

12

事前にある程度の既存管のクリーニングは必要ですが、完全には必要でなく、その内側からリール方式で供給される塩ビ管を貼り付けていく方式+既存管との間に充填剤補充なので、(漏水等は)ほぼ完全にリニューアル対応可能。

<SPR工法施工中の動画は、コチラ>
https://youtu.be/h26lOTIyk4o 
46

SPR工法は、円形の管だけでなく、四角形の管路にも対応可能なんだそうです。ちなみにSPRは、Spillaly Pipe Renewal Methodからきているようです。

43

SPR工法は、中~大口径の管路に向いており、小口径は、「オメガライナー工法」が適しているとのこと。これは、形状記憶されている塩ビ管をたたんで、既存官に挿入し、熱い蒸気を流し込むことで、塩ビ管が膨張し、内部から既存管路を圧迫することで、既存管路の内側に圧着され、それが新しい管路となるというもの。視点はシンプルですが、これを開発するのには、大きな技術力が要ることは想像に難くありません。

既存の技術の組み合わせと新しい発想で、新製品が生まれるのは世界共通です。下水道という地味な分野にも、エポックメイキングな製品があることを改めて感じました。

11

形状記憶であることをデモンストレーションしていただきました。1分間程度で、形状記憶が発揮され、膨張していき、熱が冷めると完全に硬化する。魔法のような技術でした。

02
 

パナソニック スタジアム 吹田の課題

Panasonic スタジアム吹田は、J1のガンバ大阪のホームグラウンドです。こちらは日本初、民間の寄附金で建設された希有なスタジアムとして有名です。場所は、大阪の北、吹田市北部のモノレール万博公園駅が最寄りです。大阪には、北のガンバ、南のセレッソがあり、切磋琢磨し、いまのところいずれもトップリーグであるJ1に留まっています。

建設費用は約140億円(土地は大阪府からの借地)。そのうち約100億円が寄附(企業90億円、個人6億円)、国県等補助金が35億円です。株式会社ガンバ大阪の親会社は、パナソニックであり、それ以外にも関西財界に相当の寄附要請があったようです。当初は個人からの寄付もなかなか集まらなかった(2013年には、J2降格)ですが、2014年にJ1へ復帰し昇格し、その年にナビスコカップ優勝・J1優勝・天皇杯優勝と国内三冠を達成し、一気に個人サポーターからの寄附が集まったそうです。

それには、寄附制度については、企業・個人ともふるさと納税制度の対象となるよう、きめ細やかな制度設計がなされる等、大変なご苦労が偲ばれます。

そして建設を受注したゼネコンの竹中工務店。収容人数4万席で140億円という金額は、破格の安さだそうです。現在建設中の新国立競技場の収容数は約6.8万人で、1500億円超との比較からも明らかです。竹中工務店の本社が、大阪であるということと無関係ではないと思います。また納入されている電気機器(全席のLED等)のほとんどが、パナソニック製。パナソニックにとっては、広告宣伝・研究開発としての位置づけ、さらには「喜捨」の思いがあるのでしょう。いわきでもスタジアム建設の議論が始まったところですが、この金額感は大きな参考となります。

<いわきFCパーク いわきの新名所は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50282102.html
20

スタジアムは2層構造で、1層と2層の間には、VIPラウンジがあります。そしてゲーム開催日には、1層のシートのすぐ裏にはグルメ店舗が出店し、屋外にもキッチンカーが出現するので、ゲームを見ながら食べることもできます。

<矢場とんの味噌カツ 矢場町本店は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50459123.html
52

VIPラウンジは、①スポンサー企業に年間通して与えられている専用ブースと、②スポットで有料で貸し切れる個室、③スポットで有料で入場できるラウンジがあります。ちなみに②の有料個室は、20人収容で50万円、③のラウンジは、2万円/人です。いずれも食事+試合の前後5時間ドリンク飲み放題(アルコール含む)ですから、納得感ある価格設定かも知れません。

いわきFCパークにも、矢場とんや浅草今半等の名店が入っていますし、RED & BLUE CAFEにも、雰囲気が似ていました
22

有料個室とスタジアムの間にはガラスの仕切りがあるので、応援等の騒音?からは無関係です。一方、ガラスの外(スタジアム側)に出ることもでき、そこには有料個室利用者のみが利用できる専用指定席が用意されています。カップホルダーも一般席に比べて大きく、プレミアム感が出ています。

オーストラリアタウンズビルの1300 Smiles Stadiumで、ラグビー観戦をした際は、カジュアルなスタジアムでしたが、こういった(比較的高額な)オカネを払ってでも専用シートから観戦したい!というニーズをつかみ、入場料という形でマネタイズしていくことで、持続可能な、そして質の高いサービスを提供することができる。

<Cowboys@1300 Smiles Stadiumは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50611212.html
39

いわきの平競輪場にも、有料のロイヤルルームがあり、やはりガラス張りの個室からレースを観戦す
ることができます。こちらは食事がケータリングレベルなので、プレミアム感はちょっと下がりますが、そこはオペレーションコストと顧客ニーズを見ながら、サービスレベルを設定する必要があります。

<いわき平競輪ロイヤルルームは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51082474.html
43

1層の裏にある売店では、単に調理済みのフードを提供するのでなく、厨房施設を持ち、温かいモノをここで調理して提供する本格的なモノ。実際、たこ焼き器がずらっと並んでいました。気になったのは、1年間のサッカー開催日である40日間だけで、飲食店の経営が成り立つのかということ。しかし、これまで開業後3年経過し、経営上の理由で撤退した店舗はないとのことですから、いかに開催日の売上げが大きいかという証左でしょう。

37

東京ドーム等のそうですが、売店と席までの距離が遠い、もしくは階段で区切られている等で、フードを購入するときには、観戦から一時離れる必要があるスタジアムが、ほとんどだと思います。しかしこのスタジアムは、店舗に並んでいるときであっても、コートが見渡せるので、試合中でも買い出しが可能。スタジアムをコンパクトな大きさで作ることは、コスト面以外にもメリットがあります。

45

ホームチームのロッカールーム。基本的ではアウェイチームに提供されるものと機能は同一ですが、その質感や、アメニティ(製氷機・浴槽)等には差が付けられています。もっともガンバ以外の2チームが対戦する、カップ戦等に貸し出すときは、完全に同一機能になるよう手配するそうですが。

54

このスタジアムは、吹田市の備蓄倉庫・防災拠点(約800㎡)としての機能も持っています。スタジアム躯体は、大規模な免震構造になっていて、大きなダンパーが各所に設けられていました。災害時には、まずは近隣の学校が避難場所に指定されていますが、それでも対応できない等の特別な場合には、上記のVIPラウンジが提供され、数千名が一度に宿泊できるようになっています。さらには、吹田市南部に集中している行政機能(市役所・防災本部等)が機能不全になった際には、吹田市北部にあるこのスタジアムがその機能を代替するそうです。

北九州市にあるミクニワールドスタジアム北九州には、防災拠点機能はなかった・・・

<ミクニワールドスタジアム北九州は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49901978.html
31

具体的には、毛布や食糧数千名分が備蓄されており、大規模災害時に備えているとのこと。また全国から送られてくるであろう支援物資の集積・配送拠点としても想定されているらしい。東日本大震災時には、いわき平競輪場がそうでしたが、大規模施設にはいろいろな機能が期待されます。

39

パナソニックスタジアムの大きな特徴のひとつが、サッカーフィールドと観客席までの距離が近い(サイドで7m、キーパー裏で10m)ので、臨場感ある観戦ができることです。コートサイドでアップする選手等は、すぐ手が届きそうな位置です。これだけ近いと、(柵やネットもないので)フィールドに乱入する過激なサポーターがいそうですが、これまでの3年間でそうした問題は発生していないとのこと。ガンバ大阪のサポーターさんは、マナーが良いということか。

25

選手・監督らが控える席も、観客席のすぐ真下。

22

天然芝の全面張り替えには、1回で約5千万円~かかるそうです。傷みが激しい部分(ゴールキーパー前等)については、随時張り替えをしていつつも、数年に一度は全面張り替えが必要だそうです。では人工芝はどうかというと、メンテナンスは格段にラクになるとはいえ、価格はその5倍?かかることもあるらしい。

33_2

課題は、なんといってもスタジアム経営でしょう。建設されたスタジアムは吹田市に寄附されており、所有は吹田市。吹田市が、スタジアム全体を、(株)ガンバ大阪に指定管理し、ガンバ大阪は利用料金制で運営、施設維持しています。その仕組みの中でスタジアムのネーミングライツを、パナソニックが購入したことで、約2億円×5年間の収入+チケット販売+グッズ販売+テナント料で、どれだけ持続可能な経営ができるか。運営に関する諸費用(土地賃借料・維持メンテ・ピッチ関連費・大規模修繕積立・光熱費・人件費)だけで、年間7-8億円にも上ります。これまでの3年間は、J1でのガンバ大阪の大活躍もあり、1試合平均2.5万人程度が観戦に来て、運営母体である(株)ガンバ大阪は、黒字を維持できてきたそうです。今後、もし仮にJ2降格しても、それだけの水準で来場し、サポーターが応援してくれるかどうか?(いや、それはないだろう)

さらには、Jリーグの試合は、天然芝のスタジアムが要求されている(2017年にハイブリッド芝が解禁されましたが、95%が天然芝、5%のみが人工部分・・・)ので、芝の状態を良い状態でキープするには、年間40日のゲーム開催が、限界なこと。天然芝なので、フィールドでのコンサートの開催や、他のイベント開催に使えないという、本質的な課題があります。

いわきにも、スタジアムを起点としたまちづくりをしよう!という議論が始まり待っていますが、天然芝仕様のルールがボトルネックとなるでしょう。逆に、今後、人工芝のレベルが技術的に向上し、天然芝を上回るパフォーマンスが出て、Jリーグにも天然芝が全面解禁されれば、フィールドが、サッカーだけでなく、他のスポーツにも使え、コンサート、各種イベントも開催でき、年間を通した稼働率向上が期待できそうです。そうすれば、スタジアムに来る年間来場者数も増え、それこそ商業施設(常設のショッピング機能や飲食施設)等も含んだ複合型スタジアムの可能性も見えてきそうです。

<平成29年12月議会 一般質問(いわきFCスタジアム・アリーナ建設)は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51231705.html
56


 

福田康夫総理 日本の進む道

福田康夫総理は、日本の第91代 内閣総理大臣です。父に福田赳夫氏がおり、衆議院選挙では群馬4区から7回の当選を重ねました。政治家の家系とはいえ、ご自身は50才代で選挙に初挑戦し当選している、苦労人です。第67-69代 内閣官房長官を務めていたことから地味なイメージがありますが、いまでも日本の将来を考えていらっしゃる聡明な方でした。

23

「政治家は過去に対して責任を持ち、かつ、未来の姿を語らなければならない。現在の行政の抱える様々な問題に答えを出すとともに、国民の将来への不安を解消できるよう、内政においても外交においても筋道を立て、持続可能な日本の姿を示す必要がある」とし、国会議員退任後も、精力的に活動を続けておられます。

学堂会に名前の由来は、「一生を学校にいる気持ちで過ごしたい」という尾崎行雄の最初の雅号だそうです。常に,世界の中の日本であるという視点で、国はどうあるべきかを思索し、また、市民の立場から不正と腐敗を正し、自由と正義のため信念と情熱を持って戦いぬいた尾崎行雄の精神を、謙虚に学びたい。

41

48

14


 

タネダミキオでございます。ボクらが選挙にでる理由

「タネダミキオでございます。選挙活動のマンガです。監修協力はNPO法人ドットジェイピー理事長の佐藤大吾氏。ドットJPといえば、若者の投票率向上を目指して、議員(国会議員・県会議員・市議会議員等)の学生インターンシップを仲介する団体です。これまで全国15支部で約400人の大学生スタッフが中心となり、春期(2月~3月)と夏期(8月~9月)の年2回、学生を対象としたインターンシッププログラムを提供し、また若年層向け政策コンテストを実施しています。これまでのインターンシッププログラム参加者数は、議員事務所のべ8,000以上の事務所、学生は延2万人を超えているとのこと。

このマンガのストーリーは、高卒のフリーアルバイターがふとしたことで市議会議員になることを決意し、仲間と四苦八苦しながら市議会議員選挙に立候補をし、最終的には強力な同級生エリートライバルに次いで、第二位でどうどうの当選をするというもの。

25

選挙活動について盛っている部分もありますが、ほとんどのエピソードが「あるある」のことは、身をもって私自身の経験として感じます。 こんなマンガがきっかけで、政治に興味を持つ若者が出ることを期待したい。あまのじゃくの考え方ですが、こんな主人公のような汗臭くて泥臭いどぶ板の選挙活動などしたくないと捉える一定の層もいるだろうけれど。


夜間保育ひよこクラブ

いわき駅前(住所は、なんといわき市平田町)に、認可外の夜間保育園があるんです。雑居ビルの3階にあるこの保育園の開園時間は、なんと!15:00-27:00(翌午前3時)の12時間営業。対象は、1才以上、小学生までのこどもたちです。保育料は、①54,000円/月、②2,700円/日、③800円/時間(2才以下)、750円/時間(1才以上)の選択制。日曜祭日を除き、毎日開園しています。

19

訪問させていただいた18:00過ぎには、まだ園児は来ていませんでしたが、毎日数人の利用実績があるとのこと。通常の保育園のように毎日登園は想定していませんが、頻度高く利用される家庭もあるとのこと。

夜の仕事をしている家庭(例えば、バツイチの女性)にとって、夜の繁華街にほど近いこの夜間保育園の存在はありがたいと思います。こどもを育てるのは、できるだけ長くこどもと一緒に居て、接しながらというのが理想。しかしマンパワーや経済的な諸事情から、それができない家庭もあります。生活費を稼ぐために、夜の仕事をせざるを得ないお母さんにとって、(プライベートの子ども預かりサービスよりも)安価で、こどもを仕事をしている間、預かってくれるのは、ありがたいはず。

それは、当直等がある仕事(例えば、看護士さん)にとっても同じ。このサービスは、個人にとって有用であるとともに、市政経済全体に役に立っています。認可外保育園であるので、保育基準は摘要になりませんが、逆に言えば、自由に料金やサービス内容を決められるということでもあります。

26

古びた雑居ビルの中は、きれいに整理整頓されていました。床には全面にタイルカーペットがしかれ、その上にカーペットが置かれ、こどもたちも快適に過ごせそうでした。決して広いスペースではありませんが、運動用具を含む各種おもちゃが置かれ、DVDを見ることもできます。布団一式もあるので、おねんねすることもできます。なお、食事の提供はありません。

31

雑居ビルの基本性能は、限られています。避難経路等の確保にも苦労したそうですが、消防署の指導に従いやっているそうです。

06

59


 

素読をすれば国語力が上がる 松田雄一先生トークショー

松田雄一先生の「素読をすれば国語力が上がる」出版記念のトークショー&サイン会に参加しました。

<トークショーの動画は、コチラ>
https://youtu.be/ODCR1wzocwE
32

講師の松田雄一先生は、いわきでも素読教室の講師を務めていただいたことがあります。司会は、本のソムリエ団長。この方、身なりは妖しいですが、年間1,000冊以上の読書を楽しんでいる読書家で、わかりやすく紹介することで、たくさんの講師依頼を引き受けているそうです。その他にも、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、シブヤ駅前☆読書大学 校長、福岡県飯塚市小中学校読書活動スーパーバイザー、日本学びテイナー協会名誉会長、ロックバンド「一里塚華劇団」のリーダー等、たくさんの肩書きを持っている方。

<いわき素読教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51152486.html
05

本のソムリエ団長の著書、ふたりの兄弟(トルストイ作)。購入させていただきました。

36

大盛堂書店さんは、渋谷駅のスクランブル交差点!という、ある意味日本で一番有名なロケーションの1階にあります。そんな好立地に、なぜ、フツーの本屋さんが?

34


 

大鰐もやしのブランディング

大鰐町に伝わる伝統野菜「大鰐温泉もやし」は、幻の冬野菜といわれています。温泉熱と温泉水のみを用いる温泉の町ならではの独特の栽培方法により、 およそ350年以上前から栽培されてきたそうです。津軽三代藩主・信義公が大鰐で湯治する際は必ず献上されたらしい。 その食感は、独特の芳香とシャキシャキとした歯触り、味の良さ、品質の高さ。そして、町をあげて、美味しい調理方法と、提供する料理店を紹介しています。また栽培が特殊ということもあり、栽培量が限定されており、基本的に町内でしかかえず、唯一の例外は大手百貨店に卸していることくらい。価格は一袋200円を超え、通常のもやし数十円の数倍であるにもかかわらず、この希少性がまた話題を呼ぶことにつながっています。まちでは、小学生を含む大鰐町地域おこし協力隊を結成し、定期的に東京で販売実演会を行い、世代を超えて大鰐もやしを慈しみ、楽しみながら売り込むという行動を継続的にやっています。

<大鰐もやしのレシピは、コチラ>
http://ur0.link/IJNp
13

地下のパイプに温泉水を循環させた畑の上に、建物を建てて栽培します。建物内は電灯が必要なほど薄暗いですが、さらに畑を掘り込み、その地下で栽培し、その上にムロをかけて、完全に光を遮断することで、真っ白なもやしができるそうです。

地下温泉パイプや建物の初期投資に加え、温泉使用料のかかるので、栽培コストはかなり高い。さらに畑の掘り込みや収穫も、スコップ手作業なので、かなり重労働。土を落とし、水洗いして出荷するのも手作業です。そういった意味で、大鰐もやしの栽培・経営のハードルは、高い。

35

きっちり管理された畑は、美しい。

04

収穫時には、もやしの長さは30cmくらいになるそうです。

44

規格外(長さ不足や折れ等)のもやしは、遠慮なく選り分けて、出荷しない。こういう手間も、通常のもやしとの差別化につながっています。

46

大鰐町の道の駅鰐comeでは、大鰐もやしを使った「おおわに400年カレー」が販売されていました。価格は800近くしており、日常使いには不向き、あくまで大鰐もやしを食べたい!というおみやげ目的にターゲットを絞った、いわゆる農業の六次化商品です。カレーであれば日持ちもするので、在庫をもってもある程度、大丈夫なので、商品化しやすいようです。実際に購入して食べてみましたが、もやしの味はよくわかりませんでした・・・

33

大鰐もやしのおひたしも販売されていました。こちらは、もやしの食感がダイレクトに伝わります。ただ、どれほど普通のもやしと違うかというと、微妙。

42

<大鰐もやしのブランディングが成功している私見>
・もやしそのものに、ストーリー性を持たせた(400年の歴史や殿様に献上等)
・美味しく食べれるレシピを公開
・美味しく食べられるお店を紹介
・特殊な栽培方法で、生産・販売量が限定されている希少性
・基本的に、まちに訪れなければ買えない、食べられない希少性
・YouTube等で、取り上げてもらう戦略
・町人みずから、もやしを慈しみ、育てる風土
・町人みずから子どもたちも巻き込んで、楽しみながらもやしを売り込む行動

農業の六次化商品は、品質や味は当然として、上記のような活動があって始めて、商品として成り立ちます。栽培コストや後継者等の課題もあるものの、大鰐町の取組みは、ブランディングをしていく上で、非常に実践的なものでした。
 

たいら学 by おやけこういち氏

いわき平の歴史を改めて学ぶ、「たいら学講座」の第5回目が、文化センターでおやけこういち氏を講師として開催されました。おやけこういちは、長くいわき市役所に勤務される傍ら、いわきの近現代史を深く研究され、いまでは第一人者です。「勿来地区地域史」や「地名の変化にみるいわきの近代化」の主要な著者でもあります。

そのおやけこういち氏が、近・現代を生きる磐城平城跡と題して、お城が持つ地霊・精霊の効果、すなわち、人がどの土地をどのようにみて、どのように意識するかを、磐城平城に重ね合わせて話されました。

<勿来地区地域史は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/20310266.html
<地名の変化にみる、いわきの近代化は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/24091954.html
28

いわきの戊辰戦争の背景や、いわきから見た歴史観を語っています。教科書で伝えられるものは、勝者西軍の論理だけです。しかし敗者奥羽越列藩同盟も、藩や国のあるべき形を懸命に考え、勇敢に行動した。それぞれに筋が通っており、それぞれの正義に優劣はありません。一方、新政府は事後、政府の正当性を誇示し、倒幕行動のつじつまを併せるために、幕府側であった奥羽越列藩同盟を「旧態依然」「保守的」「後進性」と位置づけました。これが東北地方の地域特性の要因のひとつとなったと考えられます。

また明治以降のいわきの地域住民は、明治時代の新政府が正統という風潮が定着化していく過程で、磐城平城の落城を、過去の忌み嫌う存在として、意図的に無視してきたのではないでしょうか。だからこそ明治初期から、常磐線が引かれる明治30年まで、30年近くも本丸跡地は、人家がなく畑や牧草地としてしか使われてこなかったのではないか。

本丸跡地以外の土地(現在の住居表示でいうと「旧城跡」地区)は、上水道の普及により細分化され宅地化されましたが、本丸跡地だけは細分化されず、数名の所有者により維持されてきました。それがこのたび、150年の歴史を超えていわき市の公有地化され城跡公園として整備することが決まったことは、何かの縁なのでしょう。

<磐城平城の城跡公園化は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51231720.html
<おやけこういち氏の動画は、コチラ>
https://youtu.be/yH95Y6gWYmY
13

02

おりしも、いわきの歴史研究の第一人者のひとりである、夏井芳徳氏も、「いわきの戊辰戦争」という48ページの冊子を刊行されたところです。戊辰戦争150周年を期に、あらためて、先人たちの考えや行動に思いを馳せ、「歴史を学ぶ」だけでなく「歴史から学ぶ」すなわち、学び取ったことを自分の生き方や世の中のために役立てたい。

54



 

第11回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場

定期的に隔月で開催している、いわきの医師不足解消のためにお医者さん達と交流する「いわきの医師を応援する お姉さんの会」が、2018年2月23日に、夜明け市場のTATAKIAGE JAPANコワーキングスペースで開催されました。いわきで活躍する医師を応援するために、いわき市民のお姉さん方が暖かい手料理でもてなそう!という2016年4月からはじめた企画の11回目で、今回も多くの方にご参加いただきました。

<第10回 いわきの医師を応援する お姉さんの会@かしま病院は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51158387.html
42_2

この「お姉さんの会」の代表を務めてくださっている宮野由美子会長からご挨拶。いわきの救命救急センターにお世話になった自身の経験からも、地域医療を守り育てることに、自分たちのできることを精一杯やっていきたいとのことでした。今回も、仲の良い美人姉妹?で参加いただき、いつものとおり大人気でした。

39_3

福島労災病院 泌尿器科の小内先生は、第7回のゆしまや保育園開催に続き、今回2回目の参加。東京から単身赴任してきた経緯や、常磐病院から労災病院へ移動した経緯、そしていわきの医療に対して感じていること等、ざっくばらんにお話いただきました。

<第7回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@ゆしまや保育園は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49864566.html
02

同じく福島労災病院 リウマチ膠原病内科の佐々島先生も初参加。リウマチ膠原病は、メジャーではないかもしれませんが(共立病院にも常勤医師なし)、内科疾患の中でも診断が難しいといわれていて、いわき出身の佐々島先生は、貴重な人財です。

47

今回、各お姉さんからご提供いただいたお料理は、愛情こもった、栄養バランスに優れたメニューでした。20品近くのごちそうは色とりどり、目移りする献立!スゴイ!

根菜の煮物、鶏肉のトマト煮、浅漬け、油淋鶏、アンコウ共酢(宮野さん)、煮込みハンバーグ(北瀬さん)、いぶりがっこ入りポテトサラダ、発芽玄米、混ぜご飯(竹下さん)、ねったぼ(中村さん)、日本酒、丸又かまぼこ(山崎さん)、日本酒、ワイン(白岩さん)、ポテトサラダ、レバーペースト、卵焼き(赤津さん)、奥の松しぼりたて(石井さん)、自家製無農薬大根のひきな炒り、日本酒(藤原さん)、ビール(田子さん)、いわき夢ワイン(橘さん)、各種飲み物(洪さん)、ドイツワイン(長谷川さん)、ケークサレ(立原さん)、完熟イチゴ(小松さん)その他飲み物等多数差し入れいただきました。

53

これが、栄養士の中村さんが作ってくれた「ねったぼ」。鹿児島地方の郷土料理のさつまいももち、練ったぼたもちの意味らしい。はじめて食べましたが、面白い食感でした。

05

長谷川先生(自称:のりチャン)は、平五色町で整形外科のクリニックをやっていらっしゃいます。今回2回目の参加です。市長にも参加いただいた前回とは打って変わり、五色町で生まれ育ったことや、医師になった経緯等、場の笑いを取りながらも、真剣に話してくださいました。地域医療を真剣に考えて、それを実行してくださっているドクターです。

11

宮野さん差し入れの鶏肉のトマト煮。間違いない美味しさ。日本酒でもビールでもワインでも、コップ・グラス・杯が進みそうです。そして、良質なタンパク質と抗酸化力のリコピンで、健康になるはず。

50

小料理店のオーナーママ、赤津さんが差し入れてくれた、レバーペースト+オリーブのカナッペは、赤ワインに合う。いわゆるマリアージュ。さすが、です。

44

フリーランスMC、立原さんの自家製ケークサレ、フランス生まれのおかずケーキです。お姉さんの会でワインに合わせるために、お砂糖を控えて、作ってくださったそうです。

58

いわきの名産、丸又蒲鉾。津波被災をダイレクトに受けたいわき薄磯地区で、丸又蒲鉾製造有限会社が製造・販売中。いわき駅前のラトブや、鮮場のおのざき水産で購入できます。こういったいわき産のものを、いわきで消費し、育てていくことで、地元のお金が地元で回ることになります。いわゆる地産地消。これがあってはじめて、地元でのご贔屓になり、他へも薦められることで、他地域へのお土産となりうる。白身魚のすり身ちなみに調味料を加えて練り、それを揚げることで素材の存在感と甘さが、なんとも安心感のある味に仕上がっています。ちなみにツールドいわきでも、ファンライド参加者へご提供いただいています。

<ツールドいわきは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/41087435.html
48

橘さんからは、いわきで育てた葡萄で、いわきで醸造し、いわきで販売している「いわき夢ワイン」。まだこの取組みがはじまって3年目です。西洋のワインとは歴史の長さが違いますので、地元の温かい目線と温かい手で、ぜひこの取組みを「育てて」行きたいですね。

<いわき夢ワインは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45706883.html
49

北瀬さんからは、自家製煮込みハンバーグ。味がしみてていて、とっても美味しかったです。いわきで鉄工所の現場運営されている彼女、作業着から私服に着替える時間を惜しんでのご参加ご協力、誠にありがとうございました!

<鈴機工業 町の鉄工場は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47678678.html
11

山崎さんからは、福島県産のにごり酒の提供です。実は、彼女は福島県の日本酒利き酒大会で優勝した実力者です。日本酒の目利きが選ぶ日本酒は、間違いがないはず。

30

共立病院からは、心臓血管外科の入江先生が初参加。昨年の12/31まで外科手術をするほど、手術件数があり、昨年はなんと!364件の手術をこなされたそうです。浜通り地区には、入江先生のような心臓血管外科のドクターは3名だけで、この地域をなんとかこなしているのだそうです。そんな入江先生は、市民向けの心臓血管手術のセミナーの講師も務められています。われわれの地域医療は、こういった献身的な(超人的な?)医療従事者で支えられていることを改めて実感しました。感謝。

<入江先生の市民向けセミナーは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/32073682.html
55

かしま病院の影嶋先生も初参加です。石井先生の下で、総合家庭医として研鑽を積んでいるところだそうです。かしま病院の明るい社風が感じられるお話でした。かしま病院さんは、救急車の受け入れ件数でも上位ですし、何でも診れる総合家庭医の育成に、力を注いでいますね。

<実践家庭医塾@かしま病院は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/41024441.html
33

ドクターFの奥様は、いわき出身の医師ですが、今回は子育てのため、参加見送り。その代わり、奥様手作りの自家製無農薬大根のひきな炒り(いわき風に訛ると「ひきなえり」ともいう)を、ドクターFが代理として持参。ひき菜とは、大根を千切りしたもので、それを炒めた食感が良かったです。

<ドクターF命名の経緯は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50337763.html
01

今回もいわきの地域医療をよくするために、さまざまなアイデア、奇抜なアイデア、斬新なアイデア等が、ぞくぞく出されました。今回の新たな視点。東京等からいわきに赴任してくれる志を持った男性ドクターの場合、ほぼ全ての奥様がいわき赴任に反対するとのこと。この事実をわれわれは知らなければいけないし、事実として目をそらさず受け止めなくてはなりません。彼ら彼女らの思い・感情・行動を良く理解しなければ、いわきへの医師招へいは独善的な、もしくは自己満足的な活動になりかねない。それを乗り越えていわきに赴任しているドクターの熱い志に、本当に、われわれは真正面から応えられているのか。そこで大事なのが、志を持ったドクターの「奥様へのフォロー」という発想。これは、いわきの医師を応援するお姉さんの会の、新たな使命?になりそうです。

09

ちょうど赤津さんのお誕生日。宮野代表から、いつもこの会に参加し、美味しい料理を差し入れてくれる赤津さんに、サプライズで花束が贈呈されました。バースデーケーキとバースデーソングもプレゼント。嬉しかった。

<動画はコチラ>
https://youtu.be/1QziZjiB1FQ
52

36

いつも参加してくださっているかしま病院の変○ドクターAこと、石井先生と宮野代表とのツーショットもありました。うらやましい。こういうふうに、ドクターと市民との距離感がなくなっていくことで、それぞれが信頼感を持ち合い(情報格差による不信感等がなくなっていく)、それが結果として、安心安全な地域社会につながると思うのです。
次回第12回目は、4月開催を予定しています。ぜひご参加いただければ幸いです。

日本郵船大井ふ頭コンテナターミナル

日本郵船大井ふ頭コンテナターミナルです。東京港大井ふ頭6/7号バースに、日本郵船専用のガントリークレーン6基が設置されています(ちなみに小名浜港は、港全体でひとつだけ)。岸壁水深は15m、コンテナ船2つが同時に接岸・積み卸しをすることができます。

コンテナのターミナル総面積は、275,000㎡、コンテナ蔵置能力約14,000TEU。冷凍冷蔵コンテナのための電源供給できるリーファープラグ846口備え付けています。整然と並び積み上げられたコンテナの間を、きびきびと走るトランスファークレーンやトラックが行き交っていました。

<動画は、コチラ>
https://youtu.be/YtuFAXtQVZc
58

1980年代には、ニューヨークや神戸がコンテナ取扱高でトップに入っていましたが、いまやトップにはアジア主要港が並び、日本・欧米はランキングを下げています。第一位は上海とシンガポールで、約30百万TEU。ちなみに、京浜港(東京)が4百万TEU、京浜港(横浜)が3百万TEUで合わせても、上海・シンガポールの1/4規模と、まったく太刀打ちできません。東京港の取扱高が減ったのでは、アジアの主要港の取扱高が、爆発的に増えたので、相対的な地位が低下したわけです。参考までに、第三位は深圳(中国)の24百万TEU、第四位の寧波(中国)21百万TEU、第五位が香港の20百万TEU、第六位が釜山(勧告)19百万TEUです。

数で勝負しているわけではないですが、何がこの問題かというと、超大型のコンテナ船が寄港する世界の主要航路から、日本が外れてしまうことです。超大型のコンテナ船の有利なところは、格安で大量の物資を海外へ輸出入できることなので、その超大型コンテナ船が寄港しなくなると、一般物資の輸出入コストが上がってしまい、中長期的に消費者物価の高騰を招き、また日本産の商品の国際競争力を削いでしまいかねないのです。

<出典:国土交通省HP>
https://www.mlit.go.jp/common/000228237.pdf
07

日本郵船の元は、坂本龍馬が中心となり結成した組織、海援隊と岩崎彌太郎の三菱商会です。海援隊は幕末に、私設海軍・貿易など、薩摩藩などからの資金を受けて活動していました。三菱商会は、西南戦争の際に物資輸送を一手に引き受けて、大きく発展しました。

その両会社(当時の名称は、それぞれ郵便汽船三菱会社と共同運輸会社)が明治18年に合併して、誕生したのが今の日本郵船会社です。同社のマークは、白地に引かれた二本の赤いライン、通称「二引(にびき)の旗章」です。これは、当時の日本海運界を代表する三菱会社と共同運輸の二社が大合同したことを表すとともに、日本郵船の航路が地球を横断するという決意を示していたといわれています。

35

日本郵船大井ふ頭コンテナターミナルは、保税区域なのでセキュリティが厳重で、一般人は入ることができません。トラックが入るためのゲートが10レーン、出るためのゲートが5レーン設けられており、事前に許可申請があった車両のみ通過することができます。

26

 ちょうどNYKのマークのはいったコンテナが入ってきました。ゲートで書類のチェックを受け、すみやかに所定のコンテナヤードへ移動していきます。なお、コンテナの箱自体は船会社(NYK等)の所有物ですが、他の船会社のコンテナを使うことも、日常的に行われていて、日本郵船大井ふ頭コンテナターミナルだからといって、NYKマークのコンテナばかりというわけではありません。

12


ハイロミライバー どうなの?トリチウム

ハイロミライバー vol.1「どうなの?トリチウム」が、もりたかやさんで開催されました。メインゲストは、経済産業省資源エネルギー庁のキャリアのお二人です。いわきで開催されている未来会議に何度か参加いただいたご縁で、「廃炉」についてお話いただく機会です。

以下、ハイロミライバーさんのFBイベントページからの引用です。
原発事故処理を進めるにあたって今後増えていく放射性廃棄物の行き先や、東京電力福島第一原子力発電所構内の保管場所に限界が迫りつつある処理済み汚染水。これらは東京電力や政府、関連業界(漁業関係者等)、近隣市町村の住民等、限定的な方々にだけ考えてもらうべき問題なのでしょうか? そもそも”自分”は、それらの問題について、本当に当事者ではないのでしょうか?
仮想のスナック「スナックイチエフ」に、現時点で社会的な認知がなされている”関係者”の皆さんをゲ ストとしてお招きし、各回のテーマに沿って対話を主軸としたシリーズものの公開飲み会「ハイロミラ イバー」を開催します。
自分達が今、どのようなリスクを抱えていて、そのリスクを回避するとどんなリスクがあり得るのか、それ以外の選択肢はないのか、何が許容出来て何が許せないのか、どのようなプロセスを経れば、社会的に多くの納得感が得られる結論に達する事が出来るのか、最終的に誰かに泣いてもらうしかないのか、その場合泣かせた誰かにどのようなフォローをし得るのか、誰も泣かない為には自分たちはどんな苦悩を分かち合えるのか。
場末のスナックで、笑いあり涙あり、時には熱く語る。 そんな、立場をこえた無礼講の飲み会のようなトークセッションにあなたも参加してみませんか?

24

今回の焦点は、「トリチウム」。三重水素と呼ばれるもので、水と同じ性質を持つため多核種除去設備でも、濃縮・分離ができないものとされています。そのトリチウムについて、報道されていないファクト・事実がありました。
・トリチウムは、自然界に存在する
・福島県内の河川水に含まれるトリチウム濃度は、震災前と変わらない
・福島県内の河川水に含まれるトリチウム濃度は、1970年代の測定値の数分の一(当時は、核実験が世界各地で実施されていた影響)
・トリチウムはβ線という放射線を発するが、人間の皮膚は貫通しない。したがって外部被ばくのおそれはない
・人間の体内には、元々100ベクレル程度のトリチウムが、含まれている(その体内被ばくは、0.00001mSV/年)
・人の体内には、元々4000ベクレル程度のカリウムが、含まれている(その体内被ばくは、0.2mSV/年)
・トリチウムは、基本的に体内に蓄積されない(水と一緒に体外へ排出される)
・諸外国及び国内の原子力発電所において発生するトリチウムは、国際基準に則って決められた濃度以下にして、海洋放出されている

自然界からの年間被曝線量 2.1 mSvとされていることを考慮すると、ことさらに、ごく少量の放射性物質を出すトリチウムは問題となりません。問題は、福島第一原発の事故後、たまりにたまった、トリチウム汚染水の量です。現在は、増え続けるトリチウム水を、地上のタンクに保管しています。毎日発生するトリチウム水を、タンクを増設しつづけて溜めています。この方式が持続的でないのは、誰の目にも明らかです。

そのトリチウム水の量は、現在、なんと、1000兆ベクレル相当だそうです。日本のすべての原発が毎年、海洋放出していたトリチウム水が、年間380兆ベクレル相当だそうですから、その3年分に相当します。

国際基準に従い、一定の濃度以下にして海洋放出していれば、イギリス等では、住民や漁業者への告知等も行っていないと、廃炉国際フォーラムで話されていました。しかしそれは通常運転時の話。通常運転時の数十倍の量のトリチウム水を放出したとき、濃度は決められた基準値以下だからといって、どんな影響がでるかわかりません。まずは、現在保管中のトリチウム水を、国際基準の濃度以下に薄めて、そこで、魚を一定期間育てて、どのように影響がでるかを検証すべきでしょう。

<廃炉国際フォーラムは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47307225.html
07

今回、話された内容を、同時通訳のごとく、まとめて、図解してくれたのが、キャシーさん。議事録をとるように、わかりやすい絵で記録してくれるのは、とてもありがたいです。

<キャシーのファシリティグラフィックは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51152549.html
15

参加者からの質問事項は、大きな付せんに買い手もらって提出。模造紙に貼りだしてもらいました。紹介できなかった質問等は、次回以降、フォローしていただけるとのことでした。

18

今回は、経済産業省の立場での話でしたが、参加者の中には、東京電力関係者・いわきの漁業者・首都圏からの参加者等のお顔も見えました。相手を打ち負かす「議論」でなく、「対話」の場を持つことが、非常に効果的であることを実感した次第です。

第6回 いわき素読教室 五節供・文部省唱歌

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第6回 いわき素読教室が、2018.2.17(土)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会、駒澤嘉いわき生涯学習基金助成事業です。これまで3回が市外の外部講師を招へい、その後、自前の講師で2ヶ月に一回の開催をしています。

前回同様、講師を務めてくださった3名の紹介です。会の代表である山名隆史さんの本業は、大國魂神社の禰宜(神官)。日本古来の文化・風習等に詳しい。また、長谷川ゆみ子さんも日本会議の地区代表を務める等、日本の文化・伝統を大事にされてこられた方。永澤さんは小中学生の母であり、これまでの四回の素読教室に参加し、素読の素晴らしさとその効果に賛同しています。

定番となった、今月二月の「いろいろな呼び方」。如月・初花月・雪消月・麗月・梅見月・仲春・建卯月・小草生月。文字そのものからイメージがつくものと、そうでないものもあります。

<前回 第5回いわき素読教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51152486.html
22

三月が近いので、ひな祭り、桃の節句についても解説。この桃の節句は、五節句(五節供)といって、日本の節目のひとつ。
①人日(じんじつ)の節句 1/7 七草
②上巳(じょうし)の節句 3/3 桃
③端午(たんご)の節句 5/5 菖蒲
④七夕(しちせき)の節句 7/7 笹
⑤重陽(ちょうよう)の節句 9/9 菊

ちなみに先週末2/11は、いわきサンシャインマラソン開催日でしたが、日本としてはまず「紀元節」ですよね。祝祭日の中の四大節の一つですが、太平洋戦争の戦後、占領軍 (GHQ)の意向で廃止され、建国記念の日と改称されたものです。その四大節には、かつてそれぞれ文部省唱歌があり、小学校ではそれを必ず歌っていました。

<いわきサンシャインマラソン2018は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51532063.html
20

紀元節には、ぜひその唱歌を歌って、日本人としてのルーツを体感したいところ。この素読教室で、あらためて、その紀元節の唱歌を歌いました。講師の山名先生からは、座布団の置き方・座り方の所作のレクチャーもあり、目から鱗。さらには、トランプを使った手品の披露もあり、こどもたちの興味を引きつけてくださいました。

<紀元節 音源は、コチラ>
https://www.youtube.com/watch?v=OdM4dK5wrm8
BlogPaint

桃の節句にちなんで、ひな人形の飾り方も伝授。1段目の内裏雛は、左右とちらがお内裏様かお雛様かご存じでしょうか。そんなエピソードにこどもたちも興味津々。

定番となった二月の俳句・和歌の素読には、松尾芭蕉と大伴旅人のものをやりました。意味がわからずとも、大きな声でこれらの俳句・和歌を素読することで、日本語の音韻や流れ、そしていつか大人になったときに、それが知識とつながることを期待しています。元寇の歌もそうですが、素読や唱歌は、日本の国語・音楽・歴史・道徳の複合学習になっていると思うのです。

<元寇の歌 国語・音楽・歴史・道徳の複合学習は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51500865.html
31

最後までお片付けを手伝った小学生には、ひなあられのプレゼントがありました。参加&運営協力してくれて、ありがとう。
次回以降の開催は、4月に生涯学習プラザで素読教室、6月に大國魂神社で椿餅作り、9月に生涯学習プラザで外部講師の松田雄一先生を招へいして素読教室、10月には大國魂神社での落穂拾いを予定しております。

加賀藩 金沢城跡の歴史 観光ボランティア

金沢市の金沢城跡を訪れた際に、観光ボランティアさんに同行をお願いして、歴史を語ってもらいました。これまで、広島や福岡、福島市等で観光ボランティアさんに、現地をご案内いただいています。実は金沢には、まちなか案内のボランティアガイド「まいどさん」、金沢城・兼六園を案内する「城と庭のボランティアガイドの会」、外国語対応の通訳ボランティアガイド「金沢グッドウィルガイドネットワーク(KGGN)」・金沢手話観光案内「かがやきR」など、様々なボランティアガイド団体があるんです。観光ボランティアを有する街は多いけれど、そのボランティア団体の数に驚いた。

<広島城観光ボランティアは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48971079.html
<福岡市観光ボランティアは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/36431624.html
<福島市観光ボランティアは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/43771158.html
BlogPaint

金沢では、金沢城が金沢市の管理、兼六園が石川県の管理と、管理主体が違うため入場料金も別に発生します。それでも観光ボランティアは両方共通でやっていて、事前予約不要・無料です。案内時間は約40〜50分だそうです。

BlogPaint

金沢といえば、日本三大庭園の兼六園が有名ですが、金沢城も加賀百万石前田家の居城として立派です。天守閣が焼失してしまっていますが、一部の櫓や門は復元されています。下の写真は、橋詰門一の門。戦時中は、陸軍第9師団司令部が置かれ、戦後は、金沢大学(丸の内キャンパス)として使われました。1995年 金沢大学が郊外へ転出した後に、金沢城址公園として整備されつつあります。

31

復元された三の丸。 天守や三階櫓の焼失後は二の丸が藩主の居所であり、本来であれば、二の丸御殿の復元が待たれるところですが、復元工事は、まだ未着手。

19

五十間長屋の内部は、美しい木造でなされていて、ぜひ訪れたい場所です。

02

櫓や壁の内部構造なども、実物展示があって興味深い。

49

大東亜戦争中の陸軍第9師団司令部時代の遺構も、いろんな場所で発見することができます。ここで活動していた先人たちの息吹を感じられる場所ですね。

25


 

オガールタウン 町産材の高気密住宅と景観条例

オガール紫波の取組みは、商業施設や町役場だけに留まりません。オガール紫波の隣接エリアに、町が分譲を手がける「オガールタウン日詰二十一区」があります。暮らしに関わる公共、民間の多様なサービスが集積するオガール地区の住宅街が、オガールタウン日詰二十一区というわけです。

土地代だけで、800万円~の区画があり、建物を含めても2500万円~で、徒歩で紫波中央駅から都市部へも電車で通勤可能な新築一戸建てが手に入るのは、かなり魅力なのでは。

08

地域循環型のエコハウスが建ち並ぶ良好な景観ができています。実は、景観協定や各種補助制度で、このまちなみ、高機能の住宅が誘導されているのです。基本的には当初分譲の条件として、地元の工務店に高気密住宅の新築を依頼すること、その工務店は高気密住宅工法の研修を受講済みであること、さらには、紫波町産の木材を使うことがあります。その見返りとして、200万円近い補助金が得られたり、固定資産税額が1/2減免になったりして、購入者・行政双方にWin-Winの関係ができます。これは、いわきでもぜひ取り入れたい。

29

住宅分譲時には、街路に沿って、3本の街路樹が植えられ、それを維持することも分譲の条件となっているそうです。実際には3本だけでなく、自分の庭木も加えていくので、これも良好な景観の醸成に役立っています。

18

電線を地中化する計画もあったようですが、コストやルールの関係から、一部の地区だけでした。ちょっと残念です。

52

オガールタウン景観協定。まちづくりの当初からどのようにデザインしていくか、たくさんの他地区の事例を知り、この地区でどのような形がベストか考え、大胆に行動できるチームでないとこれは、実現できないでしょうね。

32

50


オガールセンター オガールプロジェクト総仕上げの商業施設

オガールセンターは、オガールプロジェクトの総仕上げとなる建物です。

<オガールプロジェクトは、コチラ>
http://bit.ly/2DTfLlQ
20

オガールセンターと紫波町役場との間にある芝生広場は、町有地で管理を株式会社オガールプラザが受け、民間利用に貸出をしています。株式会社オガールプラザ(パブリックマインドを持った民間)が利用目的を確認した上で、容易に利用することができます。この日は、オガールプラザにテナント入居しているSnow Peakというアウトドアショップのテントの展示。なんと、入社希望者の面接を、このテント内で実施するとのこと。確かに広さ・高さは十分ですが、さすがアウトドアショップの発想ですね。一般的には、公共空間の商業利用は不可で、それはいわきに限らず全国どこでも一緒のはず。公共空間を、いとも簡単に民間の商業利用することができるお手軽さに、びっくりしました。本来、公共は開かれているべきで、みんなの役に立つためにある。

42

オガールプラザ内には、スノーピーク顧客向け?のボルダリング・スポーツクライミングの施設(壁?)がありました。5mはあろうかと思われる本格的なものです。半公共建物にこのような、時代のトレンドにあった施設があるのは珍しい。

37

オガールプラザの背後には、全面人工芝が張られた岩手県フットボールセンターがあります。ここでは、中学生年代を対象としたサッカースクールや、ここを拠点とする社会人サッカーのクラブチームFC紫波が活動しています。ナイター施設もあり、稼働率が高いようです。

37

日中の岩手県フットボールセンター。敷地内に公益社団法人 岩手県サッカー協会の建物があります。 

37

2011.4.30の会場記念式の際に作成された寄せ書きが保存・掲示されていました。

13

お洒落なベーカリー&カフェ「THE BAKER」。屋外でカフェを楽しむことができます。たった人口3万人の町で、こんなお洒落な店があるなんてステキ。田舎でも、散歩し、カフェでお茶を飲み、焼きたてのバゲットを購入して、自宅に帰るなんて生活ができるんです。

17

店内・店外にカフェコーナーがあり、200円~ゆったりとした時間を過ごすことができます。

32

オープンキッチンのレストランを見るようになりましが、オープンキッチンのパン屋さんは珍しい。お客に常に見られていることで、店長やスタッフにとっても適度な緊張感が出るそうです。またクリンリネスさの向上にも一役買っているそうです。

10

自社製天然酵母種をすべてのパンに使用し、小麦粉本来の香りが楽しめ複雑で味わい深いフランスパンをメインに、たくさんの種類のパンを買うことができます。オススメはバゲットだそうです。

49

スポットライトが美しい中庭。人口3万人のまちの風景とは思えない・・・

16

オガールプラザ 使い道の見当たらない町有地の再開発

オガールプロジェクトは、平成24年に完成した官民複合施設オガールプラザが最初の建物でしたが、その成功で次々に建物が建設されていきます。平成26年には、民間複合施設オガールベースが完成。

<オガールプロジェクトの概要は、コチラ>
この、JR紫波中央駅前の町有地10.7haは、使い道の見当たらない土地でした。当時は雪捨て場にしかならないとして、頭を悩ませていたそうです。それが、岡崎正信氏を起点とした、パブリックマインドを持った民間が、プロフェッショナルな能力を持つ者とチームを作り、町から依頼を受けて、民間主導で「補助金に頼らずに」、まちづくりをやってのけてしまった。成功したものとして、簡単にまとめましたが、その経緯は著しく激しいものでした。

平成19年 公民連携の推進に関する学校法人東洋大学と紫波町との協定書締結、紫波町PPP可能性調査報告書
平成21年 紫波町公民連携基本計画策定、紫波中央駅前都市整備事業(オガールプロジェクト)開始、オガール紫波株式会社設立
平成22年 オガール・デザインガイドライン策定、岩手県フットボールセンター開場
平成24年 官民複合施設オガールプラザ オープン、紫波町図書館開館(オガールプラザ内)
平成25年 オガールタウン日詰二十一区 宅地分譲開始
平成26年 民間複合施設オガールベース オープン
平成27年 紫波町役場新庁舎 開庁
平成28年 民間複合施設オガールセンター オープン

<オガールベースは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50914101.html
46

オガールのスゴイところのひとつが、秀逸なサインやデザイン。すべてのサインやデザインが良く考えられ、当初計画から用いられています。プロフェッショナルなクリエイターが、地元に入り、全力で考えた、オガール・デザインガイドラインが、建設の前にできたのが大きいのではないか。

21
 
48

紫波町は、これまで図書館がない町でした。農業主体の町で、読書や学習にあまり力を入れてこなかったのでしょう。しかし図書館はそれだけの機能ではありません。町民が集い、休む施設でもあります。実際、図書館が稼働すると、レファレンス・サービス(調べ物・相談)を利用する方も多い。

11

図書館の開館に当たり、館長に抜擢された方は実は、東京在住。平日は紫波町で働き、週末に帰郷するという生活だそうです。「知りたい」「学びたい」「遊びたい」を支援する図書館の開館、その後の運営はとてもやりがいのある仕事だそうで、生き生きと仕事されておられました。

56

農業主体の紫波町ですので、農業関連の書籍の蓄積に努めているそうです。「現代農業」のバックナンバーが揃っているだけでもスゴイのに、記事を検索できるシステムまで備えているのは、なかなかないのではないか。

36

開架の図書コーナーの一角には、読書・学習スペースが設けられています。こういう場所さえあれば、学生は自然と机に向かうんですね。いわきでも、駅前のラトブの中央図書館、1町目の生涯学習プラザの学習コーナーには、自然と高校生が集まって勉強しているではないですか。図書館の効用は、大きい。

44

飲み物持ち込み可、多少の声出しはOKだそうです。TSUTAYAが運営している武雄市図書館のコンセプトが非常に良いということで、地域ごとにアレンジされながら、全国に伝播しているようです。

<武雄市図書館 TSUTAYAは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/35932399.html
34

こちらの建物もローコストの木造2階建て。材料を汎用的なものとし、できるだけ地元産木材を使っているそうです。天井高があるので、開放感があります。

27

柔らかい感じの照明。よく見ると天井が張ってないので配管が丸見えですね。これもコストダウンのひとつです。

58

目に見えやすい動線上のブックカートが置かれていました。いわきの中央図書館にもありますが、日陰者扱いであることが多い。高齢者等が複数の本を持って移動するときに優しいブックカート。

22

図書館に寄せるそれぞれの町民の思いを書いたメッセージが掲示されていました。そもそもオガールプロジェクトは、たくさんあるまちの課題を解決するには、どのような開発が良いのか?という視点で進められています。だからこそ、まず何が課題なのかを洗い出すことが必要。そしてそのために何をすべきか、何をすべきでないのか、徹底的に議論することで、施設に対する思いや愛着が出てくる。この愛着の現れが、これらメッセージ群です。

59

中二階から見た図書館全景。決して広くはありませんが、開放感あふれる場所です。

04

オガールプラザの二階には、講堂があります。ミーティングや研修、コンサートなど用途に応じたスタジオの他、音楽練習等に使えます。実はこれまで町には、100人程度が収容できるホールが存在しませんでした。この講堂は、階段状の椅子を引っ張り出すことで、簡易的コンサートホールにすることができます。

47

子育て応援センターしわっせが入居。学童保育的な使われ方をしているようです。

30

25

紫波町情報交流館が入居。町民の自主的活動・交流を支援しています。町民が集える場所です。

43

パブリックスペースでは、人待ちや勉強、お茶、休憩等さまざまな使い方があります。

16

33

オガールプラザ前の広場では、バーベキューのピットがいくつも設置されています。町有地ではあるものの、運営会社が管理運営しており、有料でBBQピットの貸出をしています。週末には、必ず数組の団体が、肉を焼いているくらい人気の施設だそうです。確かに、清潔でキレイだし、芝生等の緑も近い、さらには産地マルシェがオガールプラザ内に入居しているため、そこで肉・野菜・飲み物等を購入できるので、手ぶらで来て、食材の過不足を心配なくBBQできるので、便利だし、やってみたくなる。

02

週末に家族や友人で、わいわいとBBQやるのは、ワクワクしますね。ここを実際に視察するまで、週末に町役場付近が人手で賑わうイメージがつかめませんでしたが、納得・腹落ちしました。

38

株式会社オガールプラザ代表取締役として中核施設を経営している、岡崎正信氏。1972年岩手県生まれのバイタリティあふれる方でした。地域振興整備公団(現都市再生機構)勤務後、家業の建設会社を接ぐために帰郷。そこで紫波町が町有地の活用でどうにもならなくなっているところを、見る。それまでの経験や、新たな学び、東京のプロフェッショナル集団との協働を経て、民間主導のまちづくりに本腰を入れることになりました。現在は株式会社オガールプラザ代表取締役として中核施設を経営しています。

40

夕食は、オガールプラザ内の「4832」でいただきました。紫波=しわ=4・8で、「4×8=32」の語源のようです。具だくさんの紫波サラダをはじめとする地元食材の地産地消を地で行くお店でした。

46

紫波のオリジナルワインもあるんですね。醸造は市外の製造業者に委託しているようですが、地元産を誇れるのは嬉しい。味はまあ、それなりに・・・

04

産直の紫波マルシェは、あくまで「オール紫波」にこだわっているそうです。紫波の農畜産物や加工品を中心とした「旬と完熟、採れたて」がウリ。基本的には、生産者も消費者も紫波の人。ここで野菜・鮮魚・精肉・惣菜・弁当・寿司・果物・米・花・加工品・惣菜・パン・乾燥野菜・ジュース・漬物などが揃うので、普段使いの買い物にしているようです。

59

夜間のライトアップまで考えられている、オガールの各施設。「消費を目的としない人」を集めようとしているそうです。普遍的な集客装置とは、消費を目的としないパブリックな場のこと。ここには、図書館と役場庁舎、さらには手県フットボールセンターがあります。

まちづくりというのは、究極的にはエリアの不動産の価値を上げること。消費を目的としない人が集まり、いわゆる人気がでればマーケットが大きくなり、結果として不動産の価値も上がってきます。これが、民間主導のまちづくり。官主導ではこの発想、行動はありえない。

16


オガールベース 補助金に頼らないまちづくり

岩手県紫波町にあるオガール紫波は、「補助金に頼らないまちづくり」をキーワードにまちづくりをしています。具体的には、パブリックマインドを持った民間業者が、町保有の土地の面開発を行い、商業複合施設を含む建物を建設・資金借入・テナント付け・運営等を行っています。その開発の最初の建物がオガールベースで、オガールインというホテル、レストラン、大浴場、体育館、飲食店舗、薬局、コンビニエンスストア等が入居しています。

敷地内の道路は蛇行させ、また芝生の中の小道も、単純な直線にはなっておらず、利用者の遊びや移動の動線を考えたものだそうです。ちなみにオガールの名前の由来は、フランス語で駅を意味するGare(ガール)と、紫波の方言で成長を意味する「おがる」を掛け合わせた造語。

04

バレーボール専用体育館。床はオリンピック会場に採用されているイタリアメーカー製。その質の良さから、日本代表の合宿にも使われていて、設備の稼働率はとても高いそう。なお夕方は地元の小中学生のクラブチームに開放されていて、元気に練習していました。

18

体育館もそうですが、建物全体が木造で、2階建て。意匠が凝っているだけに建築コストがかかりそうですが、汎用の材料を使ったり、不必要な機能をそぎ落とすことで、実は非常に安くできているそうです。

21

オガールインのビジネスルーム。かなりコンパクトな部屋ですが、天井高があります。ベッド幅140cmのベッドが置かれています。ここは、宿泊特化型ビジネスホテル&ドミトリーなので、宿泊料金はかなりリーズナブル。セパレートのシャワー・トイレ付の部屋で、1名利用時6,200円/人、2名利用時 5,200円/人。
40

モノトーンにウッディな組み合わせが、近未来的なデザインな内廊下でした。木造2階建てということもあり、部屋間の防音性はかなり低いです。そこを気にする方は、ちょっと向かないかも・・・

44

オガールインレストラン。地産地消・こだわりのヘルシー料理で有名で、ある雑誌で「地方ビジネスホテル部門全国第1位」になったこともあるそうです。ロビースペースは、宿泊者全員に提供される無料のバイキング形式の朝食会場となります。

11

正直、定番メニューの内容は、改めて目を引くものはありません。ここのこだわりは、地産地消です。メニューには「お米と野菜は紫波町産を使用しています」という添え書きがされ、ソーセージや焼き鮭、たまご、カレーまで提供され、地元産の野菜がウリ。

31

地産地消をいうとき、そのエリアは県単位であることが多いですが、ここでは紫波町産にほぼ限定。「町産町消」とでもいうべきこだわりが、受賞のポイントだったのでしょう。

41


 

金沢市役所

金沢市役所へ行政視察に参りました。金沢市は、人口46万人ですが、旧加賀藩前田家の中心だけあって、文化が漂い風格のあるまちです。建物は、1981年築の鉄骨鉄筋コンクリート造、7階建て。シンプルで質実剛健な建物でした。

47

1階ロビーには、特別名誉市民が掲示されていました。主に、国際姉妹都市等に尽力された方が多い。金沢で国際貢献した人といえば、八田與一。台湾に灌漑用の巨大な貯水池・烏山頭ダムを作り、台湾の農業の発展に多大なる貢献をした人物ですが、なぜかこの特別名誉市民にカウントされていませんでした。市内にある金沢ふるさと偉人館では大きく取り上げられているのに、不思議だ。

<金沢ふるさと偉人館 91人の偉人たちは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/44727752.html
24

けっこうな数の名誉市民がいらっしゃるのですね。いわき市の名誉・特別市民は、畠山靖夫氏・草野心平氏・全樹仁氏の3名だけです。いわきももう少し、基準を拡大して、名誉市民をたたえる仕組みにしてもよいかもしれません。

<畠山靖夫医師は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/41499471.html
29

金沢市の国際姉妹都市は、バッファロー、イルクーツク、ポルト・アレグレ、ゲント、ナンシー、蘇州、全州の海外7都市。いわき市は、オーストラリアクイーンズランド州のタウンズビル市とハワイ州カウアイ島だけ(中国の撫順市も姉妹都市ですが、日中関係の冷え込みを考慮して、現在、相互交流を停止中)。比較するわけではないですが、もう少し海外交流を増やし、違ったものの見方を身につけるという感覚を身につけた方が良い。タコツボの考え方・行動様式に凝り固まらないように。

49

議場も見せていただきました。クラシカルで風格のある議場でした。

53

17


いわき生徒会長サミット 実践報告会

いわき生徒会長サミットの実践報告会が、文化センター大ホールで開催されました。いわき生徒会長サミットとは、市内の各中学校の生徒会長らが集まって、教育委員会や企業等のサポートを受けながら、自主的な活動をしていくというもの。具体的な事業としての、生徒会長サミット・いわき志塾・English Immersion Camp、長崎派遣事業、The Young Americans公演等について、どのような活動をしてきたのかの報告会です。

いわき生徒会長サミットは、震災直後の2011年から開始しており、すでに3期生が卒業、今回活動してきたのは、4期生です。過去の3期生の中には、米国UCバークレー校に進学した佐藤君や、東京大学教育学部の推薦合格した根本君、平商業高校から慶応大学へ進学した白岩さん等、がんばっている先輩がたくさんいます。

40

生徒のさまざまな自主活動を通して、①企画・構想力、②問題発見・解決能力、③行動・実践力のそれぞれが鍛えられていきます。実際、発表会の運営にしても基本的に自分たちで構成を考え、自分たちで運営、どうどうとユーモアたっぷりの劇形式で発表する姿は、①②③いずれも満たしていました。3つのC、すなわち、①Chance、②Challenge、③Change、機会を捉え、挑戦し、自分を変えていく!

会場では、ヤングアメリカンズ公演の一部を披露していただき、そのどうどうとしたパフォーマンスに圧倒されました!このような人財が、いわきで着実に育っていることは、まさに宝。大事に応援していきたい。

<ヤングアメリカンズの動画は、コチラ>
https://youtu.be/iWKBpUXxdgE
49

 

性源寺 奥羽出張病院 関寛斎

性源寺(せいげんじ)は、いわき市長橋町にある禅宗・曹洞宗の寺です。幕末には、官軍に本堂が接収され、日本初の西洋式の野戦病院が開設されました。市民にも西洋式の医療が施されたという点では、日本の地域医療の先駆けとなった場所です。なお、当時の建物はもらい火で全焼してしまい、現在の本堂は昭和になってから建て替えられたものです。

39

戊辰戦争で政府軍の野戦病院として開設されたのが「奥羽出張病院」です。はじめ平潟(茨城県北茨城市)に開設されましたが、戦線の移動に伴い、平長橋町の性源寺に移りました。おおまかな経過としては、以下のとおり。

・慶應4(明治元)年6月8日
 関寛斎が、奥羽出張病院頭取に任命される。
・同年6月17日
 平潟の地福院海得寺に奥羽出張病院開設。
・同年7月13日
 磐城平城落城
・同年7月22日~
 小名浜へ移転し、立花見龍宅他十軒余の旅宿に分宿。
・同年7月27日
 平長橋町の性源寺に奥羽出張病院開設。
・同年9月4日
 大村益次郎から「平大病院」と呼称するよう命令。
・同年10月25日
 病院の引揚げ開始。
・同年11月8日
 東京到着。野戦病院としての役割は終了。

この地に奥羽出張病院が開設されたことの顕彰碑が、昨年末に完成・設置されました。

30

当時の院長、関寛斎院長一行15名が写っている記念写真です。複写を遺族関又一氏が、性源寺に寄贈したものとのこと。後段中央で堂々としているのが、関寛斎氏。関寛斎については、生家のある千葉県東金市や、開拓に尽力した北海道陸別町では偉人として、大きく顕彰されています。

<東金市での顕彰は、コチラ>
http://www.city.togane.chiba.jp/0000001284.html
<陸別町での顕彰は、コチラ>
https://www.rikubetsu.jp/kanko/sekikansai/

その左隣が斉藤龍安(竜安)。斉藤竜安は戊辰戦争の際、西軍の軍医として軍医頭の関寛斎らとともに平の長橋町性源寺に設けられた臨時病院(奥羽出張病院)に勤務しました。その後、明治5(1872)年6月も創設された、磐前県病院(平町一町目)に加わり、中心の医師として地域医療に尽力されてました(この磐前県病院は、明治12(1879)年に、福島県平病院となり、地域医療の中核となります)。その後、平町に永住することを決め、古鍛冶に「齋藤医院」 を 開業しました。明治26年には、発足した磐城衛生会の会長や、明治39年には石城郡医師会の発起人となりました。いわきの西洋医療の事始めをした方というべき偉人のひとりです。

写真に写っているこの医療チームは、いわき外から来た西洋医学のプロフェッショナル集団ですが、右端のちょんまげ・和服姿の2名だけは、いわき人。小野亀吉さんと関内半兵衞さんという当時の平の豪商で、この関寛斎チームを地元からサポートしたおふたりです。
32

関寛斎の書いた「奥羽出張病院日記」について、そのご子孫である関内幸介氏が、昨年に解説本を出版されました。題字は、関寛斎の手記にある筆跡そのままだそうです。

57

性源寺には、戊辰戦争で戦死した官軍の藩士22名が埋葬されたそうです。藝州藩10名、因州藩6名、長州藩2名、伊勢藩2名、岩国藩1名、下総藩1名。これらは性源寺の過去帳(埋葬時の戒名を付けるときに必ず記載し、記録もの)で確認されたもの。官軍が接収した寺だけに、官軍兵士しか葬られていないところも、興味深いですね。

34

この性源寺に、日本で初の西洋式野戦病院が設置されたことは、地域の誇りです。その当時の病院旗が、東京お茶の水の医学教育歴史館に保存されています。

<奥羽出張病院旗は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46121310.html
07
 

LODGE ヤフー本社コワーキングスペース

LODGEは、ヤフー本社にあるコワーキングスペースです。場所は東京のど真ん中、赤坂見附・永田町駅直結の紀尾井町の東京ガーデンテラス17階。なんと、この作業・打ち合わせスペースが、一般の方に無料開放されています!この一等地で、無料開放なんて、なんとヤフー様の太っ腹なんでしょう!

<東京ガーデンテラスは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49774941.html
46

17階で開放感にあふれ、窓からの展望も素晴らしい空間。なんと広さは1,330平方メートルもあるらしい。オープンスペースに、思い思いにパソコンを広げ、また利用者同士で打ち合わせをしていました。まさにオープンなコラボレーション、情報交換や新たな協業が生み出され、スタートアップ等、何かがいままさにここで起きていると実感しました。

56

ペッパー君もお出迎え。さまざまなイベントも開催されているようです。考えてみれば、公が行う起業・創業サポートは、単なる起業セミナーや、安い賃料での場所貸しに終わっていることが多い。そこに欠けているのは、ソフト面の起業・創業のムード作りではないでしょうか。そのアイデアがここには、詰まっている。

17

27

コワーキングスペースで、飲食が自由にできるという発想も面白い。人は食べながら打ち合わせすると、関係性が良くなるといいますね。パワーブレックファストなどもそうだし。

34

利用者同士の情報交換を促すための、コミュニケーションボード。

51

コワーキングスペースLODGEは、ヤフー本社と一体化しています。受付は同じですし、社員自身もコワーキングスペースLODGEを利用することもあるそうです。

30

ホテルニューオータニを見下ろすことができる眺望!

<ホテルニューオータニは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49774461.html
59

 

月面探査ギャラリートーク プルトニウムの宇宙開発利用

月面探査に関しては、Googleがスポンサーの世界初の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」が盛り上がりつつあります。賞金総額は3000万ドルのこのレースでは、「ロケットの打ち上げ」「月面への着陸」「月面の探査」という3つの大きなミッションクリアが必須条件。

日本からも民間による宇宙開発を目指しているチームHAKUTOが、SOLATOという探査機を乗せたロケットを年明けに打ち上げが予定しています。ひょっとすると、一番乗りを達成するかもしれません。

1960年代にアメリカがアポロ計画を立て、巨額の研究開発投資を行い、ついに1960年代にアメリカが有人月面着陸に成功しました。それから、技術革新・進歩が大きく進み、ロケット開発・打ち上げ費用が劇的に低減しています。さまざまな惑星等(月を含む)に対して、調査ロケットが打ち上げられ、詳細なことがわかってきました。その意味で宇宙開発は、劇的に進歩しているといえるわけです。

一方、アポロ計画が終わって以来、なんと12人しか人類は月面に降り立っていません(ちなみにすべてアメリカ人)。その理由は、チリ一つない真空空間から遠く観察するのと、実際に物理的に着陸して、砂・ダストにまみれながら、ハードな環境で観察するのとでは、てんで比較にならないくらい調査が困難だからです。

50

そういったお話を、東京大学の宮本英昭先生が話してくださいました。氏は、月の調査の次のステップである、火星の調査を計画・研究されている第一人者です。今回の企画・展示は、東京大学総合研究博物館スクール・モバイルミュージアムとして、東大工学部システム創成学科の学生が中心となり、同・宮本英昭研究室が監督して実施しているそう。
 
15

月面の移動では、舞い上がるダスト・砂対策が必須です。月面調査機器の開発現場では、新しいアイディアの探査装置が次々と検討されているそうです。この展示会では月面を模擬した砂場のような土砂プールが用意。ラジコンモデルで、いかに砂地での移動が難しいかを体験できます。さらにすすんで、小中学生を含めた若い世代が、自由な発想から今後の月・惑星の探査機について考えられるように、自分のラジコンカーを持ち込むことも可能だそうです。

02

現在でも圧倒的な予算規模で、アメリカが宇宙開発を進めているそうです。宇宙開発探査機の大きな課題のひとつが、太陽光の当たり具合により、摂氏プラス100℃~摂氏マイナス100℃に変化する、機体の温度管理・対策です。熱膨張・収縮だけでなく、精密機器を過酷な温度差の中で正常に動作させるのは、かなり難しいそうです。それに対応するためアメリカの探査機は、継続的に発熱するプルトニウムを積むことがある。すなわちプルトニウムは、何もしなくてもその崩壊熱で、一定の熱量を出し続けます。そのプルトニウムを観測機器に搭載しておくだけで、一定の温度に保つことができるというわけです。宇宙開発のために、ロケットでプルトニウムを宇宙に向けて飛ばしているという事実。ボイジャー1号、土星探査機カッシーニ、木星探査機ガリレオ、火星探査のキュリオシティーのいずれもプルトニウム238を燃料にしています。

キュリオシティーの電池にはおよそ4.5キログラムのプルトニウム238燃料が含まれているそうです。仮に打ち上げ失敗&爆発ともなれば、全世界にプルトニウムが拡散するリスクがあります。それを考慮しても、宇宙開発を優先するアメリカ、それを黙認する宇宙科学技術の人たち。なぜ(左系の)マスコミは、こういう点を大きく報道しないのでしょうか。わかっていない・勉強していない・情報収集していないということ、もしくは、見えない力を忖度しているのでしょうか。

日本の宇宙開発を加速化するためには、プルトニウムの利用を含めた研究開発が必要です。核・ウランの利用に関しては、日本のマスコミは異常に毛嫌いする傾向があります。一方、それを積極的に利用して、宇宙の研究開発を、どんどん進めている国がある。その技術格差が埋まらないような位、差が付いてしまったときにはどうにもなりません。安易なフレーズやお題目にとらわれず、長期的な視点で戦略的に国の利益を考え、行動していくことこそが、持続的に国を守ることができる、唯一の方策だと思います。

12

25
 

奥羽出張病院旗@医学教育歴史館

医学教育歴史館は、東京お茶の水にある順天堂医院センチュリータワー17Fにある、日本の医学教育の歴史を資料等を展示するスペースです。解体新書などの約120点におよぶ貴重な資料が保存・展示されています。順天堂の創立175周年記念事業の一環として設置されたそうで、開館式典には、天皇皇后両陛下も訪れたそうです。日本の医学の歴史の最初は、順天堂の創始者である、初代堂主佐藤泰然は、幕末から明治にかけて、佐倉に医学塾順天堂を開設。江戸、京、大坂を始め全国諸藩より塾生が入門し、「日新の医学、佐倉の林中より生ず」と謳われ、明治初頭、我が国への西洋医学導入に貢献する多くの門人を育てました。弟子の佐藤尚中は、東京順天堂の第二代堂主であり大学東校(現・東京大学医学部)」の初代校長を務めました。こういった、日本の西洋医学の萌芽期に多大な貢献をした順天堂だからこそ、日本の医学教育の歴史を資料等を展示するスペースを持つ資格と責任があるでしょう。

<順天堂医院は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46166422.html
FullSizeRender (1)

入館料無料ですが、開館日は毎週火・木曜日だけ。さらに見学するには、電話による1週間以上前の事前予約が必要で、入館には後日送付されてくる確認はがきが必要です。開館時間も①午後1時からの部 の1時間のみか、②午後2時からの部1時間の2回のみとかなり限定的ですが、訪れる価値ありです。

35

解体新書や、当時の外科治療代金表等、貴重でかつ興味の尽きない資料ばかりですが、特筆すべきは、「順天堂病院旗」と「奥羽出張病院旗」です!!!順天堂 病院旗は、第3代堂主佐藤進が戊辰戦争で新政府による奥羽追討陸軍病院の頭取に任命された際、野戦病院に掲げられたものです。このときはじめて「病院」という言葉が使われたそうです。奥羽出張病院旗は、いわき平の長橋町の性源寺が奥羽出張病院として接収され、ここに掲げられたものです。また順天堂の初代堂主の直弟子の関寛斎は、戊辰戦争時には官軍の奥羽出張病院長(後の平大病院)として、日本初の西洋式野戦病院を設立運営し、敵味方の区別なく、さらには一般市民までに医療を施しました。160人にも及ぶ町民や農民の名も記録に残っているそうです。この場所で、關寛斎やその弟子の斉藤龍安らの医師たちが、地元の医師らの協力を得て、西洋医学に基づいて敵味方の区別なく傷病兵や磐城一円の一般人の治療にあたったわけです。病院閉鎖までの被治療者は(敵味方含め)12,752人だったとのこと。平潟に7/27に開設以来、閉鎖される10/29までの3ヶ月あまりの間に、総費用8,329両(現在の価値にして約4億円)もの巨費が官軍から投じられました。まさにこのいわきでの医療の実践は、日本の地域医療の基礎に貢献したわけです。

<いわき近代医学の事始め展は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/40263976.html
15
 
 

アウガ 青森市の再開発失敗事例

JR.青森駅前の複合商業ビルフェスティバルシティ・アウガは、平成13年にオープンした再開発ビルです。建設当時は、青函連絡船の廃止、新幹線のルートから青森駅が外れたこと等から、青森駅前の再活性化をめざして作られました。地下1階、地上9階建てで、地下には市場や飲食店、5~6階は青森市男女共同参画プラザ、6~9階は青森市民図書館が整備され、522台が収容可能な駐車場があります。

27

営業開始から約15年間営業してきましたが、1~4階の商業施設が平成29年2月28日で運営を終了し、平成30年1月を予定している青森市の総合窓口へのコンバージョンに向け、現在閉館中です。果たして商業フロアとして設計された場所が、行政施設として生まれ変わることができるのかどうか、技術的にもソフト的にも非常に興味があります。

11

実は、建設当時、注目を集めた「商店街+ファッションビル+公共施設+駐車場」という新業態は、いわき駅前の再開発ビル「ラトブ」と全く同じ。なぜなら、ラトブはアウガを参考に計画・建設されたものなんです。ちなみにラトブはちょうど10周年を迎えたところ。5年先輩のアウガ破綻の事例から、何を学ぶべきでしょうか。

38

開館当時のアウガは青森市初のファッションビルとして大いに賑わい、中心市街地の活性化に一役かったものの、当初から売上は計画時の予想の半分程度となる23億円、全館での集客数は約282万人だったそうです。さらに、市内の郊外スーパーや市外の大型ショッピングモールの出店、少子高齢化、鉄道利用客の減少などにより経営が悪化していった。そしてついに運営会社である青森駅前再開発ビルが破綻し、その債務を青森市が買い取り、保有床も青森市が債務の弁済として買い受けることになりました。

青森市の現在の市庁舎は老朽化が進行しており、建替が検討され13階?の新庁舎の建設計画もあったようです。しかし新市長の考えとしては、市が保有する運営会社三セクに対する約17億5000万円の債権を放棄するかわりに、アウガ4フロアの床を市が取得、そして市庁舎の機能の多くを、このアウガに移すことで、建設計画を大きく縮小するようです。さらに青森市の結果責任を負うため、自らも市長給与35%カットするにとどまらず、全市庁舎職員の給与カットしました。副市長25%、管理職10%、さらには一般職員も主幹級3%、主査級2%、主事級を1%それぞれカット。都市計画や土木の担当部局のみならず、福祉や教育部門を含めた全職員を対象にしたところが、耳目を集めました。

29

商業施設を除く、公共施設のフロアを見学しましたが、駅前複合施設としては、アクセス・設備等、申し分ない使いやすい施設です。市民に愛されたビルにもかかわらず、商業施設の需要予測を見誤り、設定賃料を獲得できず、金融機関への返済が滞ったことが、致命傷となってしまいました。いわき駅前のラトブにそのようなことが起きないよう、細心の注意を払わなくてはなりません。

32

地下の市場は、退店があるものの、市場機能は維持できているように見えました。郊外型の大型スーパーが市場を席巻するの流れは変わらないものの。まちなかで買い物をしたいという一定のニーズもあるのではないでしょうか。

26

 

キャシーさんからファシリティグラフィックを学ぶ会

キャシーさんからファシリティグラフィックを学ぶ会。ハマコン等でファシグラの有用性は体感してましたので、ちょっとだけでも体得したい!と思ってました。ペンの持ち方使い方から始まり、アイコンの表情指導まで!濃密なレクチャーでした!!!

29

ファシリティグラフィックの肝のひとつは、アイコンを描くとき、意味がわかり、素早く描けること。リアルに正確に丁寧に描くことよりも、特徴をつかんでシンプルにすることです。そのイメージが、「このへんで」。

39

いろんなモノ・コトをアイコン化する練習をしました。

44

人物の表情も難しいモノのひとつ。その表情を、眉の形4種類、口の形3種類の計12種類を用意してみると、あら不思議。ほとんどの表情ができてしまう!さらに、顔の向きも左右・上下・斜めを用意すれば、かなりの表情をカバーできそうです!

59

たった12種類で、表情の多くが表現できていることに、不思議!

04

キャシーさんが堀江貴文さんの生講演を聴いたときの記録としてのファシリティグラフィックの実際を見せてもらいました。講演を聴きながらペンを走らせて、聞いたことをまとめたものです。聞いた内容を把握し、自分なりに咀嚼・昇華しないと、これはできない。人の話を良く聞く、要点をまとめる、抽象化する、これがいつもできたら良いですね。練習したいと思いました。

04

現場からの医療改革推進協議会 第12回シンポジウム

現場からの医療改革推進協議会シンポジウムの第12回シンポジウムが、東京大学本郷キャンパス福武ホールで開催されました。毎回ですが、医療関係のみならず、政策、メディア、教育等の異なる分野の発表者による有機的な連携が魅力の会で、今回も非常に大きな気づきやアイデアをいただいて参りました。

<昨年の現場からの医療改革推進協議会シンポジウム2016は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48962992.html
10

会の実質的な運営を担ってくださっている一般社団医療ガバナンス学会の上昌弘先生。東京大学医科学研究所時代から、灘高・東京大学剣道部の人的ネットワークを駆使して、独自の情報網を構築し、鋭い現状分析と問題提起してきました。このシンポジウムも医療現場における問題事例を取り上げ、医療現場の主人公である患者とそれを直接支える医療スタッフたちが、現場の視点から具体的な問題提起を行い、その適切な解決策を議論する機会と場となっています。

32

その道のベテランの方の発表ばかりでなく、卒業後数年の超若手の発表等もあり、ジョーク混じりで進行するのは、知的な頭の体操やエンターテインメントといえるかもしれません。

29

相馬市の立谷秀清市長も、新研修医制度に対するご意見を述べられました。2017.12.17に投票される市長選に5選を目指して活動されていますが、それでもこういった場所に来てくださるのは、このシンポジウムの重要性をはっきりと認識されているからだと思います。相馬市の井戸端長屋は、災害公営住宅としてデザインが秀逸なだけでなく、高齢者の介護の理想型のひとつだと思いますが、これらはすべて立谷市長のリーダーシップで実現したものです。

<相馬井戸端長屋 デザインとコンセプトが秀逸!は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46738545.html
33

南相馬市立病院の院長に就任された及川友好先生。脳神経外科専門で脳卒中センターの病棟を新築されたところです。実は、及川先生は磐城高校の先輩です。そんな関係もあり、公立病院のあるべき姿等、いろいろ情報交換させていただきました。

<南相馬市立総合病院 初期研修医100%フルマッチは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46671311.html
34

震災後に、南相馬市に単身送り込まれた坪倉正治氏。当時は、東京大学医学部の先輩・同級生から「気でも狂ったか」「おまえのキャリアは、もうない」と批判されたそうです。その後、坪倉医師は、地域に溶け込み、地域医療の現場に身を預ける傍ら、じっくりと現場でしか集められない医療データを収集・分析し、いくつかの貴重な論文を発表し続けました。そして今では、当時批判していた方々から、うらやましがられているそうです。やはり、当時、人生のキャリアのリスクをとって被災地に飛び込んだ勇気、そしてめげずにやり続けた継続力が、実を付けたということでしょう。

それから作家・医師の久坂部羊氏にお会いできたことも大きな収穫でした。

<坪倉正治先生のよくわかる放射線教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/41864684.html
01

折しも東京大学本郷キャンパスは、銀杏で美しかった。

23

27



 

いわき地域学会巡検 笠間神谷陣屋

いわき地域学会巡検に参加しました。もう58回目の開催だそうです。今回の対象は、笠間神谷陣屋です。夏井芳徳先生を講師に、神谷公民館でまず座学です。笠間神谷陣屋は、現在の平六小にありましたが、この公民館の敷地自体も、笠間神谷陣屋の備蓄用倉庫があった場所とのこと。

<笠間藩神谷陣屋 戊辰戦争奉公碑は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/47296694.html
44

笠間藩は茨城県の笠間市の藩です。その飛び地がいわきにあり、それを管理するために神谷陣屋が置かれ、代官をはじめ約50人程度の藩士が詰めていたらしい。しかし幕末の戊辰戦争時に、磐城平藩が幕府側、笠間藩が官軍についたことから、1968年6月-7月にかけて戦闘状態になります。磐城平藩の藩士は約300名、それに仙台藩の藩士が約400名援軍として磐城平城にいたそうなので、笠間藩神谷陣屋の約50名は孤立無援だったといわれています。

しかし大須賀いんけんの「磐城郡村誌」や笠間藩主牧野家の「復古外記」等によれば、笠間藩神谷陣屋はかなり活躍したようです。北から来る磐城平藩の援軍である米沢藩・相馬藩の300名を阻み、磐城平城に入城させませんでした。また磐城平城が劣勢になったとき、北へ落ち延びるルートである陸前浜街道をふさいだのです。

12

戊辰戦争に関しては、勝者である官軍・西軍・明治政府の歴史観で語られることが多いです。しかし、幕府軍の言い分もあるはずで、そのような記録が「戊辰私記」「磐城平藩戊辰實戦記」「磐城戊辰資料 平潟口戦記」等に残されています。このような資料からわかることは、戊辰戦争が単なる倒幕し、新政府ができたという単純なものではないということ。たった150年前に、この日本で内戦が勃発し、同国民同士で血を流したという事実を忘れてはならないと思います。

02

53



山元町 夢いちごの郷 70億円の補助金!

宮城県亘理郡山元町といえば、東日本大震災時の津波被害で、何百ヘクタールもの農地が冠水した場所で有名。その多くがいちごのビニール栽培地でした。そして津波被害で全てが流され、生活基盤を失いました。震災ボランティアの力を借り、がれきや石を撤去し整地し、今ではビニールハウスが再建されています!

この地区では、一粒1,000円で販売されている「ミガキイチゴ」を産出する地区ではあるものの、そういう生産者ばかりではありません。当時は100名近くいちご栽培農家があったものの、震災を機に、後継者不足もあり、3-4割は廃業、現在は60名の農家が、とちおとめを主体とした品種を栽培しています。

43

いちご栽培は、米作よりは安定的な利益が見込めるものの、後継者の若者を強く引きつけるほどではないそうです。それでも、国は震災後のこのイチゴ栽培復活のために、ビニールハウス建設費として、再開を希望する60件に対し、総額70億円の補助金を出し、それを原資にこのビニールハウス群はできました。

44

土耕ではなく、液肥を使ったプラント栽培です。(地下水は塩分を含み、またpHコントロールが難しいため)使用する水は水道水、温度管理は重油で行うため、生産コストは、どうしても高くなってしまう。

35

20

ちなみにいちごの出荷時期は、初春、すなわち1-5月がメインですが、いちごを最も必要とするクリスマスシーズンに合わせても出荷できるそうで、夏・秋以外は、温度調節で出荷時期を調整できるそうです。訪れたのは11月でしたが、すでに赤く熟しているものも見られました。

27

近くの産直では、2パック2,500円で販売されていました。通常の市場へ卸す場合には、食べ頃の3-4日前で収穫するため、糖度は落ちてしまいますが、産直へ卸すときは直前まで熟すことができるので、糖度15程度まで高められ、付加価値が付くんですね。

53


 

第5回 いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第5回 いわき素読教室が、2017.11.25(土)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会、駒澤嘉いわき生涯学習基金助成事業です。これまで3回が市外の外部講師を招へい、前回4回目から自前の講師での開催です。

前回同様、講師を務めてくださった3名の紹介です。会の代表である山名隆史さんの本業は、大國魂神社の禰宜(神官)。日本古来の文化・風習等に詳しい。また、長谷川ゆみ子さんも日本会議の地区代表を務める等、日本の文化・伝統を大事にされてこられた方。永澤さんは小中学生の母であり、これまでの三回の素読教室に参加し、素読の素晴らしさとその効果に賛同しています。

<前回 第4回いわき素読教室は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50685517.html
02

「鏡餅」の由来って知っていますか?なぜ、頭にミカンを載せるのか知っていますか?日本経済のグローバル化は避け得ないし、実際にそうなりつつありますが、だからこそ、日本人としてのアイデンティティを持たなければなりません。それは単に日本に生まれたから、もしくは日本人という血が流れていることではありません。日本古来の風習や伝統・文化を知り、自らの行動として体現できることが必要。そのために、この素読教室を通じて、ちょっとずつみんなで学習していきましょう!ということ。

ちなみにミカンは、別名、橙。その語感が「代々」と同じであることから、代々、栄えるようにという祈願がこめられているそうです。

06

扇や四方紅、それぞれの意味がわかると、がぜん、祖先が考え実行してきた「しきたり」が身近に、かつ有り難く感じられるようになります。日本という国が、好きになれます。

57

どうして、冬至にカボチャを食べるか、知っていますか?緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵なのでしょう。カボチャを含めた7種類の野菜をお供えした「運盛り」というものがあります。下の写真です。
 
15

実はこれが、冬至の七種(ななくさ)というもの。
・南瓜(なんきん)※かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)※うどん

 すべて「ん」という文字が2回ずつつく食べ物なのです。つまり、「ん= 運」のつく食べ物を
お供えしていたということです。

<動画は、コチラ>
https://youtu.be/yZYdiBaDiLc
07

11月の日本古来の呼び方、いくつ言えますか?5種類以上上げられた方は、素晴らしい。師走だけではないんですね。

<動画は、コチラ>
https://youtu.be/bgfD2aUoMMs
32

山名さんからは、百人一首の紹介。上の句と下の句を覚えることによって、素早く札を取ることができる仕組み。まずは1句、自分の好きな句を覚えることから始めました。最後には、日本の国の成り立ちが描かれた神話のビデオ紙芝居を見て、1時間半のコースを終了しました。

48

 

今こそ、各党は憲法改正原案の国会提出を!国民集会

今こそ、各党は憲法改正原案の国会提出を!党派を超え国会発議に向け、合意形成へ 国民集会が開催されました。平成29年10月の衆議院議員総選挙において、憲法改正を支持する代議士が8割を超えて当選しました。この選挙により民意を反映させなくてはなりません。

憲法改正は国会議員の発議(2/3以上)が必要ですが、最終的には国民投票(過半数)で決めることになります。前者は今回の選挙結果でクリアできるでしょうが、課題は後者、国民投票にあります。どのように国民の間で、オープンに議論し、公正に手続きをしているかです。憲法改正のための賛同者署名を1000万人目標で進めており、すでに目標まであと一歩、989万8012人の署名をいただいています。スゴイ数ではありますが、逆に言えば国民のまだ一割にも満たないという見方もできます。

15

国防に関しては、自らの手で国を守らなければならないことは論を待ちません。しかしながら、憲法第9条に記載されている「国の交戦権はこれを認めない」 の解釈をめぐって、課題があります。国の交戦権を持たない国は、世界広しといえど日本しかない異常なことです(唯一コスタリカがあるが、イラク戦争の実践に実質的に参加している)。これは、日本国憲法が、大東亜戦争後のGHQ占領下で、GHQの指示のもとで、プレスコードで国民に知らされず、批判もできず、国民投票によらず、制定されたことに起因しています。

<GHQ検閲指針・プレスコードは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/44861400.html

北朝鮮によるミサイル発射、中国の東・南シナ海進出等の国家的危機、国際情勢に鑑みれば、自衛隊が違憲などという現状は、今すぐにでも直さなくてはなりません。自衛隊を憲法に明記することは、最低限にことです。違憲だと指さされながら、命がけで防衛活動にあたっている自衛隊員の方々はどのような思いで、その職務に就いているのでしょうか。そしてそのこどもは、違憲といわれる父親の職務をどのように感じるのでしょうか。

「日米安保条約の下で、アメリカ軍が日本を守ってくれる」という見方もありますが、本当に極東のひとつの国に対して、太平洋の反対側の自国ファーストの国の若者兵士が、日本領土防衛のために、血を流すのでしょうか。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇の著者、米国人弁護士のケント・ギルバート氏が講演されました。トランプ大統領は日本の国土防衛に対して「We stand beside Japan」と発言したらしい。またマティス国防長官も、尖閣諸島防衛に関して「We stand behind Japan」と発言したそうです。これらは、日本の国土防衛は、まず日本の軍隊が正面にあたり、それを米軍がサポートしていくということを意味しています。意訳すれば、日本が自分で独立して米軍に対等に協力してくれという意味なのでしょう。

<儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49907609.html

平和を希求する「平和主義」は当然のことで、あえて主張する意味がない。それよりも「反戦主義」「非戦主義」「Pacifism パシフィズム」が問題。すなわち、戦わないことで、国民の自由や諸権利の根源である「国が消滅しても構わない」という主張こそが問題だと思います。これを突き詰めれば、国が消滅するか、もしくは敵国に搾取される、さらには同盟国からは平和のただ乗りと批判されるでしょう。

戦後70年、交戦権を持たされない、戦勝国による敗戦国の占領状態を直すこと、そのひとつが「憲法に自衛隊を明記すること」です。

移動プラネタリウム☆ハッピーハロウィン

移動プラネタリウム☆ハッピーハロウィンが、いわき市文化センターで開催されました。文化センターには、かつてプラネタリウムが市営で設置・運営されていましたが、現在は老朽化に伴い、閉鎖されています。民間の力でなんとかしよう!ということで、文化センターの会議室をお借りして、室内に、移動式のプラネタリウムを設置し、星空を見ようという企画です。
 
ふくしま浜通り天文科〈楽(ガク)〉普及プロジェクトが主催し、合同会社 夢のほしぞら配達 代表の橋本靖之さんに解説いただきました。

26

移動式のプラネタリウムはドーム式で、直径6mとけっこう大きい。扇風機?で空気を継続的に送り込むことで、ドームを膨らませ、形を維持することができます。テント素材で作られているようですが、遮光性があり、外が明るくても、ドーム内は真っ暗になります。

31

解説の橋本さんは、大学で天文学を学んだのち、天体観測施設やプラネタリウム館の解説員を経て、現在は、移動式プラネタリウムを通して身近に星空を体感してもらえるように活動しています。今回は、オリジナルの番組制作だけでなく、当日、ドラキュラ?の仮装をして、解説までしていただきました!

59

ドーム内の投光器は、いわゆるデジタルプラネタリウムです。本格的なプラネタリウムで使用されているものと、ほぼ一緒で、持ち運べる仕様のものです。

<福島市直営プラネタリウム こむこむのデジタルプラネタリウムは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48867125.html
01

デジタルプラネタリウムの良いところは、星座はもちろんのこと、パワーポイントのようなスライドショーやさまざまな映像を星座と同時に投影できることです。

03

10月という季節から、ハッピーハロウィンをテーマに、新たにプラネタリウム番組を作成いただきました。星空を舞台にハロウィンパーティーを開催、ストーリーは、星空がいたずらされてしまい、星座がジャックオーランタンやお化けたちに変わってしまった!みんなでお菓子をあげて星空を元に戻してあげよう!というものです。
 
そもそもハロウィンとは、毎年10月31日に行われる秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す行事。当日には、死者の霊が家族を訪ねてくる一方。有害な精霊や魔女も一緒に来てしまうので、そこから身を守るために仮面を被ったというのが原点(ちなみにケルト人の習慣であり、キリスト教とは相容れないらしい)。

07

設置・撤収が容易なことも、この移動プラネタリウムの利点。風に弱いので屋外には設置できませんが、体育館や天井が高い会議室等であれば、どこへでも設置でき、設置する時間も10数分でできるそうです。こどもたちの天文や科学への興味を喚起するために、学校教育の場にも活用できるのではないでしょうか。

14
 

第4回いわき素読教室

いわき素読の会(代表:山名隆史氏)による、第4回 いわき素読教室が、2017.9.2(土)に、開催されました。後援はいわき市教育委員会。これまでの三回は、市外の外部講師を招へいして開催していましたが、今回から自前の講師での開催です。

今回、講師を務めてくださった3名の紹介です。会の代表である山名隆史さんの本業は、大國魂神社の禰宜(神官)。日本古来の文化・風習等に詳しい。また、長谷川ゆみ子さんも日本会議の地区代表を務める等、日本の文化・伝統を大事にされてこられた方。永澤さんは小中学生の母であり、これまでの三回の素読教室に参加し、素読の素晴らしさとその効果に賛同しています。

<前回 第3回いわき素読教室は、コチラ>
54

長谷川さんからは、9月にちなんで「お月見」について。三方の飾り方とその意味。中秋の名月が、旧暦の秋(7.8.9月)の真ん中の月(8)の一五夜(満月)という意味であること。太陽暦と太陰暦の相違等が紹介され、いくつかの単語を素読しました。

永澤さんからは、秋にちなんで「秋の七草」について。春の七草はおかゆを作って食べる風習があるので知られていますが、意外に知られていない。万葉の歌人、山上憶良が秋の七草を詠んでおり、当時はススキをオバナと呼んでいたこと、キキョウをアサガオと読んでいたこと等が紹介されました。そして9月にも、日本語としてはいくつも呼び方があり、長月・晩秋・詠月等が紹介されました。

54

実際にお月見の際の飾り付けを練習。中秋の名月(十五夜)に飾られているお月見のお供え物を、この日に限って盗んでいいという、「お月見泥棒」という風習も紹介。 法的には窃盗なのでしょうが、この日ばかりは、その行為は月の使者が降りてきたということらしいが、ある地域限定の風習のようです。

57

日本のお箸の箸入れを自作しよう!クラフトワークを開催。和紙を、ちょっとだけ特殊折りすることで、あら不思議、すてきな箸入れに早変わりです。簡単で実用的なので、子どもたちも楽しく制作していました。

BlogPaint

山名さんからは、百人一首の紹介。といっても百首の上の句と下の句をすべて暗記するのは難しい。そこで10首だけ抜粋して、かるた取りをするというゲームを紹介。実際にやってみると「決まり字」(最初の頭の語句だけで、下の句が確定できるというもの)等の要素があって、面白い。小難しい万葉歌も、突然取っつきやすくなりました!

BlogPaint

今回は、たまたま午前中に神社の仕事があり、袴姿での講義となりましたが、一方、そのことで日本らしさがにじみ出た会になりました。素読の効果は、いろいろなところで紹介されていますが、なんといっても、子どもたちにとって日本の文化・風習が自然と身につくことではないかと思っています。そのことで日本人であることを誇りに思いつつ育ち、このグローバル社会の中でアイデンティティを保持しつつ、生き抜いていって欲しいと思います。

56

これまでは二ヶ月に一度の開催頻度でやってきましたが、次回開催は、11月を予定しています。ぜひお越しください。

ホフマン窯 世界唯一の連続レンガ焼成円形窯

旧下野煉化製造会社煉瓦窯は、正16角形のホフマン式輪窯で有名。かつては、赤煉瓦の建物の建築の爆発的な需要に対応するため、明治期以降、フル生産されていました。昭和26年ころには、全国で50基のホフマン式輪窯が存在したそうです。しかし、レンガ造の建物は地震に弱いことが、関東大震災で判明。レンガの需要が急減し、ほとんどの煉瓦窯は廃棄されました。現在は4基のみが残されているそうですが、完全な形のホフマン窯は、世界に広しといえど、ここだけ。近代化遺産・国の重要文化財に指定されています。

高さ34m、直径33mのこの窯、運営会社シモレンが経営破綻し、廃棄されるところを、平成18年に野木町が購入。その後、5億円を投じて、外壁補修・屋根かけ変え・鉄骨や鉄筋での補強等をし、一般公開にいたっています。屋根は新建材のガルバリウム鋼板です。いまどきですねえ。

35

展示解説は、市民ボランティアの方々です。地元の方だけあって、この窯がどのように使われていたか/さびれていたか/町がいかに保存に注力しているかを、体感しているだけに、説明に心がこもっていました。


33

東京駅や日光金谷ホテルも、ここで作られたレンガが使用されているそうです。

ほとんど動力(電気)のない時代。常磐炭田から運ばれた粉炭は、パイスケ(いゆわる、もっこ)で、人力で、この斜路・階段で運搬されました。毎日1.5トンを人力で運びあげたのか。

34

レンガの積み方には、「フランス式」と「イギリス式」があります。レンガには「小口」と「長手」があり、一列に小口と長手を交互に並べるのがフランス式。一列に小口ばかり、長手ばかり並べるのがイギリス式です。一般的にはフランス式が美しいとされています。そういえば、江田島の海上自衛隊幹部候補生学校の建物のレンガもフランス式でしたね。

<江田島の海上自衛隊幹部候補生学校は、こちら>
http://www.mikito.biz/archives/45731803.html
02

ホフマン式輪窯とは、16個の窯をリング状に並べた連続焼成窯です。これの何がすごいって、連続して何日でも、何か月でも連続して、火を止めずにレンガを製造できること。製鉄の高炉みたいなものです。通常、レンガを焼くには、固めた粘土を窯に入れて、火を入れて焼いて、冷やして、取り出すという工程を経るわけで、火をつける、消すというサイクルが必要です。それをこのホフマン式輪窯というやつは、窯を16個の窯をリング状に並べて、火を入れて焼いて、冷やして、取り出すというサイクルを、16個の窯で順番に連続してしまおうという画期的なもの。

44

外壁には16か所にアーチ形の出入口を設けてあり、当時、粘土状態のレンガの出し入れをしていたところから、窯に入らせていただきました。

18

窯内部は高さ2.8メートル、幅3.3メートル、平面がドーナツ形のトンネル状を成し、窯内は16室に分かれていますが、なんと、室間に隔壁はありません。風が一方向にしか吹かないので、風上の壁は新聞紙!だけで仕切れるんだそうです。信じられませんが、事実。

15

1年間では輪窯1基当たり、約450万個の焼成能力があったそうです。焼成温度は約800-1000℃、燃料は粉炭が用いられ、いわきの常磐炭鉱から運ばれたそうです。実際には、レンガの位置や粉炭の燃え方等で、かなりの焼きムラはあったようで、焼きあがってから、等級を分別してから出荷していました。

01

毎日粉炭1.5トンが消費されたそうです。15分毎に燃料である、窯上部にあけられた小さな穴から、粉炭を投入し、庫内は800-1000℃になったそうです。投入時には、火柱があがり、大変危険な作業だったらしい。

37

内壁下方には16か所の窯それぞれに中央の煙突に通じる煙道を設けられ、この開け閉めで空気の流れを作ります。

46

本来は、耐震性を持たせるためには、写真くらいの鉄骨で補強しないと、安全性が確保できないくらい、老朽化が進んでいます。

35

窯が16個あるという証跡。窯番号16番です

52

窯の天井の上部には幅約6メートルの床面がドーナツ形にめぐらされています。床面には無数に投炭孔が、空けられています(蓋がついている状態)。

25

15分毎の投炭孔の開け閉めは、これも当然、人力。投炭時には火柱が上がるので、コツが必要だったらしい。

50

燃料の運搬用のトロッコのレールが一周する形で敷設されており、粉炭の運搬に使われたらしい。かなり簡易がレールですね。

22

中心部は、排煙塔です。

30

各窯の排煙の空気量も、「ダンパー」と呼ばれる空気量調整バルブで調整します。何から何まで、人力もしくは自然の力を利用していて、まったく動力・電気が使われていなかったことに、驚きを禁じえません。

18

当時、作られたレンガの中には、刻印が施されたものも残っています。こちらは「T」と「ホ」の字が判別できます。日本のお城でも、石垣に刻印をするというのは、全国の名城で見られますし。

<熊本城 城彩苑は、こちら>
http://www.mikito.biz/archives/49362062.html
38

一方、レンガの自然劣化は止めようがありません。現代のレンガはいざ知らず、当時製造されたレンガは品質にムラがあることはやむを得ず、レンガに含まれる成分が、温度の上下、水分の透湿・乾燥を繰り返すことで、含まれる塩分等が表面に染み出してきて、最終的にはレンガそのものが、ポロポロと崩れ落ちてしまいます。これは自然の摂理で止めようがありません。それを補修するには、その周辺のレンガ全部を取り換える必要があることから、部分補修が難しいそうです。

今回は、産業遺産の保存、そしてそれを観光に活かすヘリテージツーリズムの参考として、視察させていただきました。貴重な産業遺産の保存の有用性に大きくシンパシーを感じつつ、一方、保存のイニシャルコストが5億円、そして維持ランニングコストが予見できないとなると、公的資金を投入することに対する入念な説明が必要になりますね。どこかに最適解があるのではないか。

47


山玉浄水場

山玉浄水場は、主に勿来地区を給水区域とする浄水場です。いわき市には、平・上野原・泉・法田・山玉の5つの浄水場と、田人と遠野の簡易水道があり、給水普及率は97.06%(平成24年度末現在)。
http://bit.ly/2rHzrmI

この山玉浄水場は、旧勿来町上水道創設工事において昭和29年に建設され、昭和52年に回収されました。施設能力は45,000立方メートル/日で、鮫川水系四時川の表流水を取水しています。いわき最大の平浄水場の60,000立方メートル/日には及びませんが、大規模浄水場の一つです。給水区域は、勿来地区が中心ですが、その水は小名浜配水池を通じて、いわきニュータウンや若葉台にも運ばれています。

それにしても疑問は、いわき市の平以北には、平浄水場ひとつしかなく、北は久之浜まで、複数の配水池を経由して、20km先まで圧送して送っています。にもかかわらず、平以南には4つも浄水場があるということ。合併前に作った施設とはいえ、統廃合を進めてこなかったのは、残念です。

<平浄水場は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/27926617.html
02

いわき市水道局では、施設の効率的運営を目的として、民間の水道運営事業者に運営を委託しています。この事業者は、いわき市の複数の浄水場の管理運営をしています。

20

表流水を使い、物質を沈殿させ、濾過し、殺菌して、配水するのは、どこの浄水場でも仕組みは同じです。

24

四時川の表流水の取水地点は、民家にほど近いため、必ずしも透明な水ではありませんが、最終工程に入るときには、完全に透明な水になっています。個人的には、いわき市内の原水で一番水質が良いと思うのは上野原浄水場ですが、できあがった上水にそれほど違いが感じられないのは、浄水技術が優れているからなのでしょう。

<上野原浄水場の取水口は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45197880.html
04

沈殿した物質は、沈殿に使用する活性炭を含むため、ドロドロとした黒いアスファルト?のような状態になります。これを天日で乾燥させ、体積を圧縮してから、産業廃棄物として埋め立てます。東日本大震災直後のコレは、放射性物質の基準値を超えるものとして埋め立てが認められず、黒いフレコンバッグに敷地内一時保管していた時期がありました。それは今でも敷地内にシートをかぶせて仮置きされたままですが、2年目以降からは、放射性物質が検出されなくなったため、震災前と変わらず、産業廃棄物として埋め立てています。

51

18

上浄水場には定期的に、社会科見学で小学校の児童が訪れるそうです。このようなお礼の手紙は、双方にとって記憶に残って良いですね。

14

おみやげに「いわきサンシャインウォーター」のペットボトルをいただきました。いわき市内では唯一、湧水を使用している根岸浄水場で作ったお水です。

<いわきサンシャインウォーターは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/48061484.html

鈴木酒造 長井蔵 磐城寿

さわきやさん主催の山形長井市の鈴木酒造酒蔵見学会ツアーに参加しました。鈴木酒造さんは、磐城寿(いわきことぶき)の銘柄名を主力として、浪江町の請戸地区にあった小規模な酒蔵です。もともとは、江戸末期に創業し、漁師の大漁を祝う「祝酒」として愛されていたらしい。しかし東日本大震災の津波で酒蔵のすべてを流されてしまいました(高さ3mほどの堤防をはさみ、目の前には太平洋が広がるという「日本一海岸に近い酒蔵」だったらしい・・・)。しかし、そこから再起!山形長井市で、廃業予定の酒蔵をまるごと再生して、「鈴木酒造 長井蔵」として再生したんです。これだけ聞いただけでも、なんという壮絶な、そして感動的な人生でしょう。

酒蔵の看板も、当然すべて流されてしまいましたが、その看板も復刻!

13

酒蔵につるされる、杉玉・酒林(さかばやし)は、毎年赤井岳のスギの葉を集めてボール状にして制作するそうです。基本的には酒蔵自ら作りますが、震災後は、さわきやさんが自ら製作して鈴木酒造さんに毎年寄贈しているそうです。こういう地道なそして心の通じる関係性の構築が、販売・仕入れルートの強固さに直結するのでしょうね。
 
54

オリジナルの半纏は少ない数しか作りませんが、当然さわきやさんはお持ちなわけです。

30

この長井の酒蔵は、もともと東洋酒造という酒蔵で「忍ぶ川」という銘柄で販売していましたが、後継者不足で廃業を検討していたところ、東日本大震災発生、そして鈴木酒造さんからの運営提案があり、製造設備一式を鈴木酒造さんにお任せすることになったそうです。そうはいっても酒の製造方法には、かなりの相違があり、製造設備の多くは、経営が変わってからはほとんどが入れ替えになったそう。

37

酒造りにはもっとも大事なもののひとつが蔵付きの「酵母」。これがその蔵のオリジナル性の決め手らしいです。本来、津波被害ですべて流されていたはずの酵母が、実は福島県の試験場に分析のため預けてあったのが残っていたそうです。その酵母を使って、震災のあった年の12月には「磐城壽」の銘柄で酒を送り出しました。

54

家族経営(実質4人で酒の経営・製造・販売を行っているそうです)で、小ロットの酒を(真夏以外の季節)年中、ずっと作りつづけています。建物全体は温度調節しませんが、醸造する部屋(ずっと7-8度維持!肌寒い!)、麹を作る部屋(ずっと30℃維持!)は、エアコン・調湿器で、温度・湿度とも年中コントロールされていました。

18

53

これが「もやし」。玄米に麹菌をつけて増やしたものです。試食させていただきましたが、玄米の香り+アルファで、強烈な香りや味覚は感じられませんでした。

02

醸造する部屋は、ずっと7-8度維持されるため肌寒いです。人間の菌をできるだけ排除するために、マスク等着用します。

52

熟成は、もと・添え・なか・とめ。そして発酵させ、その間毎日櫂入れをして(よく攪拌して)、30日間で完成。この完成したもろみを、次の工程で絞り出します。

34

熟成中のタンクは、温めたり冷やしたり、一定の温度を保ちます。

19

「舟」という機械で、酒を絞り出す機械です。2日間かけてゆっくり絞り出す。

39

いろんな種類の「磐城寿」が勢ぞろい。東洋酒造の主要銘柄であった「一生幸福」も登場。

52

56

酒をつくっているのは、地内に湧く井水です。長井のまちなかを流れる小川は、とても澄んでいます。川にしか自生しない梅花藻(ばいかも)を市街地の至る所で見ることが出来ます。この水の元となるのが、水源地であるブナ林に降った雪なんだそうです。

38

福幸(ふっこう)ファームさんでは、ブナ林に降った雪を水源地とするお水で、酒米を作ろうとしています。酒も米も同じお水で作れば、そこのストーリーが生まれるということまで、考えての栽培です。聞けば、福幸ファームを運営されているのは、いわき市から避難されて、長井市で農業をされている方だそうです。これまた奇遇というか、ストーリーがありますね。 

17

 

吉野正芳 復興大臣室訪問

いわき商工会議所青年部のメンバーで、このたび就任された吉野正芳復興大臣の大臣室を訪問しました。昨年2016年6月に、岩城光英法務大臣室を訪問して以来、1年ぶりの表敬訪問です。復興庁は設立が新しい庁ということもあり、中央合同庁舎4号館に(消費者庁らとともに)入っています。なお、期間を定めて設置された官庁であり、震災発生から10年後の2021年3月31日に廃止されることが決まっています。

当初アポイントは午後いちでさせていただきましたが、公務の都合で17:00に変更、さらに委員会の延長や、被災地の某市長の面会等があり、短い時間での面談でした。

<岩城光英法務大臣室 訪問>
http://www.mikito.biz/archives/47746879.html
IMG_0855


いわき市立 川前小・中学校 在籍生徒5名!

いわき市立 川前小・中学校、小学校と中学校が同一校舎にある小・中併設の小規模公立学校です。なんと、平成29年4月現在の生徒在籍数は、小学生3名と中学生2名の全校児童生徒5名のみです。この強大な校舎・フルサイズの体育館・フルサイズのプールが5名のために用意されているという事実!また、当然、異なる学年を一つのクラスで運営する「複式学級」が行われています。

中学校では、教科ごとに先生が必要ですから、子どもの数よりも教師の数が多いという事実!切磋琢磨する友達に恵まれず、刺激もないことから大変な面が想像されますが、逆にいえば、自然が豊かな環境の中で、マンツーマンで教師が教えてくれる環境ともいえます。

01

林業や畜産業が盛んだった昭和30-40年代には、この校舎に数百人の生徒が通学していましたが、数十年を経て、いま5人。今年は、入学生も卒業生もゼロだったため、入学式・卒業式とも開催を見送ったそうです。対象者がいなければ、当然のことですが、入学式・卒業式がない学校っていったい???

28

小中合わせて5名の生徒でどうやって運動会をやるんだろう?と思いますが、川前小中学校だけでなく地元の地区の方々と先生方も参加するそうです。それって、子どもより大人の数の方が、多くありませんか?

22

産業面を支えた林業・畜産業は、いまや価格下落と海外産の商品に市場が席巻され、一般的な国内産のものにとっては生き残りが厳しい状態で、それはしばらく変わりそうにありません。進化論のダーウィンの言葉を借りるまでもなく「最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるのでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である」。地域が、産業が、マインドがどう変化することができるかが問われています。

30
 

磐城高箸さん本社工場訪問

いわきの杉・檜の間伐材を使った、高級割り箸「磐城高箸」、天然の杉チップを使用した「眠り杉枕」、ヒノキの芳香が漂う「ひのき鉛筆」。いずれも魅力的ですが、個人的にはひのき鉛筆が、イイ。削った瞬間、ふわりと漂う清々しいヒノキチオールのおかげで、ご自宅で森林浴できます!

<磐城高箸の挑戦は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/42432525.html
 
46

主力商品は、なんといっても「磐城高箸」。先端の加工にも気を配っています。

<磐城高箸さんの受賞履歴は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45860418.html
00

世界にひとつしかない、割り箸の先端加工機だそうです。東京墨田区の会社に特注して製作してもらったそうです。

54

「眠り杉枕」と「ひのき鉛筆」。天然由来の成分であるヒノキチオールで、癒やされます。

13

磐城高箸の本社工場は、鮫川水系四時川の川っぺりにあります。国道289号線の橋梁上から、よく見えます。こんな場所で、あんな洒落た割り箸が制作されているとは、意外です。


29


陸上自衛隊朝霞駐屯地 りっくんらんど

朝霞駐屯地は、練馬区、朝霞市、和光市、新座市にまたがる陸上自衛隊の駐屯地です。都心から約20km、敷地総面積90万㎡の駐屯地には、約3000名の実戦部隊が配備中であり、首都圏防衛の中枢です。その一角に陸上自衛隊広報センター、愛称りっくんらんどがあります。入館無料の陸上自衛隊最大の広報施設です。ここでは陸上自衛隊の災害派遣活動や海外のる国際平和協力活動などが、現物・写真・資料で紹介されています。

04

2003年から2009年までの自衛隊のイラク派遣は、自衛隊創設以来初めて、海外の戦闘地域付近での陸上部隊活動でした。その宿営地はイラク南部の都市サマーワの宿営地。当時の宿営地の看板と、隊旗の現物が展示されていました。
 
17

屋内には、ヘリコプター、戦車、パラシュート、装備品などが展示されていますが、屋内でなんといっても目を引くのは、攻撃ヘリコプター「AH-1S」。飛行射撃体験ができるフライトシュミレーターもあり、約2分の間、油圧サスによる右に左に傾斜や振動は、本当に攻撃ヘリに乗車しているようでした。
 
19

対戦車用のロケット砲と20mm弾は、迫力があります。

50

陸上自衛隊の空挺部隊の実録レンジャー訓練のDVDを見ました。厳しい訓練です。

55

攻撃ヘリの座席は限りなく狭い。そしてその視野は限りなく広い。

28

対戦車シミュレータは、なぜか大人に人気。

39

最新鋭戦闘車両「10式戦車」の現役の現物!スラローム走行しながら正確な射撃ができるとして、世界の注目を集めている最新式車両です。

51

移動組み立て式作戦指揮所。鉄板を組み立てて、その上に土嚢をかぶせれば、即席の地下指揮所になります。

53

この地は昭和16年から終戦まで陸軍予科士官学校が置かれていました。昭和18年には昭和天皇が行幸し、ここを振武臺(振武台)と命名したそうです。

21

陸軍予科士官学校は、試験合格者や下士官、陸軍幼年学校からの卒業生などが、終戦までの累計で1万5000名もの生徒が学んでいたそうです。ここを卒業後は、二ヶ月間の見習士官を経て、少尉として配属されました。何名かの皇族もこちらに進学して学んだそうですが、流石に宿泊は一般隊員とは別で、皇族用宿舎で起居しました。こちらの建物は米軍キャンプ座間(旧帝国陸軍の士官学校「相武台」)にあった陸軍士官学校の皇族用宿舎を自衛隊員の手によって解体し、朝霞に移設したものだそうです。

52

振武台記念館(振武臺記念館)と名付けられた建物は、時間限定公開です。内部には、予科士官学校で使われていた教科書や制服、資料等、非常に貴重なものがたくさん展示してありました。写真撮影禁止です。

35

昭和20年から昭和25年までこの地に駐屯していた米陸軍第1騎兵師団が残していった記念碑。キャンプ・ドレイクと呼ばれた米軍基地内には、レクリエーション施設、士官クラブや将校クラブ、映画館などがあり、家族向け居住施設などもあり、周辺は大きく賑わったそうです。

米兵相手の特別女子従業員の募集が行なわれ、近隣の成増にも50名程度の「慰安所」ができたそうです(翌年には消滅したそうですが)。また最盛期には、パンパンと呼ばれた2000人もの売春婦が、川越街道を埋め尽くしたそうです。
 
01

戦後だいぶたっても、米軍はなかなか基地返還に応じませんでしたが、チャンスは1964年の東京オリンピックでした。キャンプ朝霞を選手村として、一時利用するため、日本に返還されるのではないかという噂があったからです。結局、選手村には選ばれませんでしたが、これをきっかけに返還協議が進み、いまでは、「陸上自衛隊朝霞駐屯地」だけでなく、理化学研究所・司法研修所、裁判所職員総合研修所、大規模団地・公園等として利用されています。先人の歩みを直接感じることができる場所でした。

市ヶ谷防衛省 極東国際軍事裁判 陸軍省

東京都心の市ヶ谷にある防衛省の敷地は25ヘクタールあり、自衛官が約1万人勤務しています。防衛省正門には、厳しいセキュリティチェックが行われています。(事前に申し込みをしておけば)一般向けに見学を受け入れています。
 
35

いまでは「市ヶ谷記念館」と呼ばれるこの建物は、旧陸軍士官学校本部として建造され、庁舎建設に伴い移設・復元された旧1号館です。大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部の使用、米軍による接収を経て、陸上自衛隊東部方面総監部などが置かれました。三島が自衛隊に決起を促すために立ったのが、この玄関上のバルコニー。窓の奥が、後に自決した部屋です。

51

極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判で法廷として使われた大講堂です。裁判時には、右手に高い亜ひな壇が設置され裁判官らが座り、左手に低いひな壇が設置され被告人が座って、対峙しました。VIPは裁判を横のひな壇から、一般傍聴人は2階から傍聴したそうです。
 
42
 
ホールに置かれたショーケースの中には、軍服や刀、千人針布など戦争当時の遺品を数多く展示されています。写真は、終戦時の陸軍大臣、阿南惟幾氏の冬服現物です(夏服は、割腹自殺時に着用していた)。映画「映画 日本で一番長い日」で役所広司さんが演じる阿南惟幾陸軍大臣は、決起にはやる青年将校らと、戦争終結にまとめたい鈴木貫太郎首相、天皇陛下との板挟みの苦悩は名優でした。この市ヶ谷の陸軍省と皇居とを何度も往復する中で、何を思っていたか。
 
22

太平洋戦争の激戦地である硫黄島で指揮を執った栗林忠道中将の見事な画手紙など貴重な品々も拝観できます。栗林中将の自筆の手紙は、「栗林忠道」と印刷されたオリジナルの便せんに書かれていました。当時も今も、文筆家と呼ばれる方々は、オリジナルの用紙を作るのですね。

17

床に敷き詰められているのは、30センチ角のナラ材約7000枚。その大部分が創建当時の部材を、その位置も再現した上で、再利用しているそうです。

35

玄関には、三島由紀夫のバルコニーでの大演説のバックとなっていた旧1号館の大時計と桜のオブジェのほか、防衛庁当時の中曽根康弘首相が揮毫した木製看板が置かれています。

02

48

市ヶ谷記念館の2階に三島由紀夫が割腹自殺した旧陸軍大臣室(前陸自東方総監室)があります。ドアには、籠城した際に駆け付けた幕僚らと応戦した時の三島由紀夫による刀傷が、数カ所残されています。ここでクーデターを促す演説をした直後に割腹自決した。

21

儀仗広場。

41

都内最大規模のヘリポートを持つ庁舎A棟は19階建て。防衛大臣をはじめ、統合幕僚監部、陸海空の幕僚監部が入っているそうです。

52

約1万人の自衛官らが勤務するこの地ですが、敷地内の隊舎に起居するのは800名強だそうです。本格的な実戦部隊が配備されている訳ではありませんが、皇居・霞ヶ関・国会を守る対空ミサイルの運用はできるのでしょうか。それにしても25ヘクタールもある敷地内には、厚生棟もあり、食堂・散髪・文具・コンビニ・ATM・お酒等、生活に必要なものはひととおり揃いそうです。流石に、総合スーパーや風俗店はありませんが。

24

江戸時代末期には、尾張徳川家5万坪の上屋敷だったこの地。その後、旧陸軍士官学校本部・大本営陸軍部・陸軍省・参謀本部・米軍による接収、陸上自衛隊と、さまざまな歴史を見てきたはず。

メモリアルゾーンには、自衛隊殉職者として1900柱を越える方々が慰霊されています。平成28年度だけでも31名が殉職されたそうです。ぜひ現物を見ることをオススメします。きっと、心に刺さるものがあるはず。

16


 

郡山市音楽・文化交流館 ミューカルがくと館  

郡山市の開成山球場の隣にある、2階建の多目的音楽ホールです。「ミュージック」と「カルチャー」の造語である「ミューカル」(ミュージカルではない)、「楽都郡山」と「がくとくん」にちなんだ「がくと館」をミックスさせて。「ミューカルがくと館」になったそうです。

今では、合唱・合奏ともに全国有数の先進地といわれていますが、もともとは郡山市は「東北のシカゴ」と呼ばれるほどの、ヤクザの抗争の地でした。実際に放火・誘拐・殺人事件も発生していました。それが、今では「東北のウィーン」と呼ばれるほど(自称)の音楽都市へ劇的にイメージチェンジできたことは、諸手を挙げて素晴らしいと思います。いわき市の合唱・合奏ともに、コンクールで金賞を重ねているのですが、キャッチフレーズ「楽都郡山」とイメージキャラクター「がくとくん」「おんぷちゃん」には、正直、負けたと思います。

R0004305

もともとは郡山市児童文化会館として建設された建物ですが、機能移転により、耐震補強を施した上で、多目的音楽ホールになったそうです。とはいえ、大ホール・中ホール・練習室・和室ともすべて、防音設備となっており、音楽イベントには使いやすい。しかも利用料金が300円~と格安!大ホール(200名収容)を日中9:00-17:00まで借り切っても、たった6,400円です。市民音楽活動を後押しする料金体系となっていて、これは参考になります。

R0004314

こちらが200名収容の大ホール。

R0004308

 2階の中ホールです。9:00-17:00まで借り切って、3,500円。なお防音は、後付けの二重サッシが付けられていて、コストをあまりかけずに、防音効果を得ていることに感心しました。

R0004313

楽都郡山にいたるまでの、かなり正直な、ある意味辛い歴史が赤裸々に記されておりました。そういった問題があっても正面から向き合って解決に、ひたすら努力してきたことが、いまの「楽都郡山」といって恥じない実績・評価につながっています。

R0004307

郡山関係者の顕彰の場が設置されていました。有名どころでは、俳優の西田敏行さんが同市出身で、ひんぱんに郡山に帰省しているそうで、夜の街で見かけることも多いそうです。

R0004309

西田さんからの寄贈品の展示。「もしもピアノが弾けたなら」レコード大賞記念。

R0004312


銀河鉄道999の松本零士さんは、郡山出身ではありませんが、駅前のふれあい科学館スペースパーク宇宙劇場に、名誉館長として就任していただいている関係で、こちらに顕彰されておりました。顕彰されるほうも悪い気はしないし、郡山市民のプラウドにもなる、この仕掛け、うまいなあ。

<郡山市ふれあい科学館スペースパーク宇宙劇場 世界一高いプラネタリウムは、コチラ>
R0004311

 

TangaTable タンガテーブル Hostel & Dining

タンガテーブルは、宿泊施設とレストランという2つの機能を持つ場所です。小倉の元商業施設の4階空きフロアをリノベーション手法によってよみがえらせた事例です。宿泊者以外も利用可能なダイニングバーを併設した、全67床のゲストハウスです。

54

00

14

宿のすぐ隣には、たくさんの食材が販売されている旦過市場があります。

27

ドミトリー、個室、和室のタイプがあります。共同施設としては、キッチンやトイレ、シャワールーム、洗濯機等があります。

39

ドミトリーは、1泊2,800円~/1名から。女性専用のドミトリー部屋もあります。
 
28

簡素な木材とパネルで組み立てられた2段ベッドは、入る方向を互い違いにすることで、個室空間を実現しています。

24

簡素なのはベッドの作りだけでなく、天井その他の部分もコストをかけず、低価格を実現。一方、ベッドはシモンズを用いたり、デザイン性の高い内装等、かけるべきところをかけています。

14

和室タイプの部屋の眼下には、小倉のまちなみが一望。まちなかにいることを実感できます。

19

ダブルベッドのシングルユースもできます。1人3,800円です。個室でダブルベッドで、この値段は安い!

00

24時間ご利用可能の宿泊者専用キッチンスペースには、電子レンジや冷蔵庫、IHコンロ、調理器具、調味料が置かれ、自由に使うことができます。ここでコンビニ弁当を外から買ってきて、食べるバックパッカーもいるとか。アジア系の中には、10名以上の団体で来て、1週間以上も連続して滞在する層もいるとか。を設けています。

48

飲み水や、シャンプー・リンス等も、利用代金に含まれています。リーズナブルに短期・中期滞在したい向けには、非常に使い勝手の良い施設ではないかと感じました。

09

たしかに通路が狭い、完全なプライベート空間はない、完璧なセキュリティではない等、欠点を挙げることはできます。しかし、リーズナブルな価格を実現しているという点、そして宿泊者同士のコミュニティや、建物デザイン等に価値を見いだす層には、「刺さる宿」だと感じました。

07

 

小倉のレンタサイクル

最近、大都市でのレンタサイクルを見かけるようになってきました。北九州市でも電動自転車がレンタサイクルに導入されていました。

39

いいな!と思ったのは、返却ステーションや窓口の地図が、ハンドル付近の見やすい場所にがっちりと取り付けられていることです。これなら、迷わずに借りる・返すことができそうです。

13

基本は無人で貸出・返却をしますが、日中は有人の窓口もあるようです。

52

平成20年度の設置したようなので、すでに10年近くが経過し設備の陳腐化が進行中。

24

かっちりと整備されているようですが、利用者はあまりいないようでした・・・利用して欲しいターゲットにうまく刺さっていないようです。利用を想定しているのは、出張者なのか、まちなかオフィス勤務者なのか、はたまた若者なのか?

09

 

ミクニワールドスタジアム北九州 海っぺりのサッカー場

ミクニワールドスタジアム北九州は、小倉駅新幹線口(寂しい方)徒歩10分くらいの海っぺりに作られた施設です。現在、日本プロサッカーリーグJ3のギラヴァンツ北九州のホームスタジアムです。
 
17

天然芝フィールドを持ち、メインスタンドと両サイドスタンドは屋根付き全面2層式です。客席とフィールドの間の距離が短いので、観戦にはかなり臨場感があるのではないでしょうか。
 
34

東側のバックスタンドのみ、屋根なし。スタンド裏がすぐ海で、思い切り蹴り出せば、ボールが海に飛び込むこともあるかもしれない。

17

08

2階には、寄付者銘板が設置されていました。

20

少し前までのスポーツスタジアムは郊外に設置され、広大な駐車場を持つ施設が多かった。しかしこのタイプでは、観戦者数が駐車場台数に限られること、開催時の道路渋滞がひどいこと、観戦しかできないので商業的に厳しいこと等のデメリットが指摘されています。だからこそ、最近のスポーツスタジアムは、主要駅から徒歩圏であることが求められています。その意味ではこのミクニワールドスタジアム北九州は、条件を満たしている。一方、商業施設が併設されていないので、観戦が終わったら、観客は徒歩で駅に向かうだけです。観戦に至るまで、観戦の最中、帰る際での、商業的な相乗効果はないのでしょうか。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島では、隣接地にコストコがあり、観戦の行き帰りに寄り、買い物することができます。また帰宅途中に商店街があり、そこで飲食することができます。そういった効果は、スポーツのしやすさとともに、無視できない経済効果があり、そのプラスの効果がスポーツそのものにも好影響を与えるのではないか。

53

 

ハロー会計スプリングスクール2017

日本公認会計士協会東京会の、小中学生向け会計講座ハロー会計スプリングスクール2017の内容が素晴らしい^_^アイドルグループを育成して利益を上げるチーム戦や電卓早打ちゲーム等を通じて、会計に親しんでもらう社会貢献活動です。エビングハウスの忘却曲線などが引用されて、学習する意味も解説。潜んでいるテーマは、幸せとは何か?記録を付ける意味は何か?等、かなり深い(答えはネタバレなので書きません)。若手会計士の柔らかい発想力、小中学生が楽しめる企画力、きっちり実現する行動力、そして運営のパフォーマンス力に、拍手でした。

44

簿記をやっている方なら基礎ですが、それに触れたことがない小中学生には、新鮮な損益計算書。利益ってこうやって算出するんです!利益を上げるための変数が、いくつもあり、それをどう選択するのが、経営者の役割ということを、数回のゲーム通じて体感します。大人でも頭でわかっていても、体感するところがミソ。

29

日本公認会計士お墨付きのスマホアプリもあります。その名も「その目で真実を見極めろ!公認会計士 市松雄大」。何だかスリル&サスペンスもののようです。

05

プレーヤーが、ゲームを通じて監査手続をやっていくことで、進行が進むというストーリーのようです。会計士協会ってこんなゲームづくりをやっているとは。

31

10

なんとドラえもんの会計本をいただきました!日本公認会計士協会オリジナルのようです。小学生も一心不乱に読んでいました。ドラえもんの力は偉大だ。

20

 

MIKAGE1881 シェアオフィス

MIKAGE1881は、小倉のみかげ通りにあるシェアオフィスです。クリエイティブ事業者のためのスモールオフィス・コワーキングスペース。こちらもポポラート三番街と同じ事業者によるリノベーションによるまちづくり事例です。
 
もともと地元の不動産管理会社の保有・賃貸されていましたが、ワンフロア全体が長らく空きスペースでした。これをリノベーションスクール @北九州が学習対象案件とし、その提案が採用、ブラッシュアップされた上で事業開発されたというもの。
 
各ブースは背丈長の仕切りで個室化されていますが(上部は、消防法の関係で仕切らない)、その真ん中には共用のデスクがどーん!と置かれています。
 
<ポポラート三番街は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/49901905.html 
19

入居者の多くが、ITを利用したクリエーター・起業家のように見えました。

57

共用部には、豪華な革張りソファが置かれ、来客時に使用しているみたいです。

07

共通の水屋。雑然としていますが、入居者同士が交流し、顔が見える関係になれば、このほうがかえってよいのかもしれない。

52

内装にコストはかかっていませんが、何か創作的な雰囲気を感じます。

59

何かクリエイティブな雰囲気を感じさせるシェアオフィスでした。

06

 

メルカート三番街 

小倉のポポラート三番街(2階)と同じビルの1階部分が、メルカート三番街。リノベーションのタイミングは異なりますが、築50年の同じビルの再生という点では共通です。特徴的な食堂や、地元発信のメディア等が入居しています。

<ポポラート三番街は、コチラ> 
http://www.mikito.biz/archives/49901905.html

開発当初から、絶対相場賃料、すなわち、入居者が支払える賃料をベースとして計画したそうです。事務所で2万円以下、物販店で3万円以下、飲食店で4万円以下の水準です。これを実現できる水準まで小区画に分け、また一つの場所を複数人に貸す(二毛作・三毛作)ことで、一人あたりの負担を減らしていくという発想は、新鮮です。すべての入居予定者を決めてから、工事に着手するため、開発リスクを押さえることができます。
 
18

特徴は、このビルが魚町商店街(メイン通り)とサンロード魚町(裏通り)の二つの道路に接していることに着目して、建物内部を通路として開放し、二つの道路を建物1階内部でつないでいること。これにより私有地(ビル内)にもかかわらず、公共性が帯びてきます。

40

実際、細長い建物だと、奥側へ顧客を誘導することが難しいですが、通路を開放することで、建物の奥にも回遊してもらうことができています。

59

シェアカフェ。カフェのスペースを什器一式で、一日単位で貸出し。お試しでカフェを経営してみたい!という層に、カフェ経営を体験してもらうことで、創業につなげたいとの意図。一日2000円の賃料と、食材を持ち込むだけで、ホンモノの自分の店が持てるということは、ある意味スゴイ。

28

入居者同士の交流が進めば。自発的自治組織ができてきます。クリエイティブの集積も期待できます。それが、不動産単体でなく、エリアの価値を上げていく。こういった「点」での成功が、エリア全体の「面」の成功、街の魅力度向上につながります。

43

33

建物のスペックは、何も変わりません。築50年という事実は変わらないし、高額なコストをかけて耐震化工事をしているわけではありません。そんなことをしなくても、若者の活動拠点となりうること証左です。

42

 
記事検索
最新記事(画像付)
   吉田みきと Official Website

吉田みきと プロフィール

ふるさとの福島県いわき市で、市議会議員として活動を開始しました! いわき市は、今、複層的な問題が山積しています。公認会計士としてのキャリアを生かし、フレッシュな視点で問題点を洗い出します。



   フェイスブック吉田みきと
ギャラリー
  • 県道豊間四倉線改良整備促進期成同盟会2018
  • 県道豊間四倉線改良整備促進期成同盟会2018
  • 県道豊間四倉線改良整備促進期成同盟会2018
  • 県道豊間四倉線改良整備促進期成同盟会2018
  • カステラ文明堂総本店 電話は二番
  • カステラ文明堂総本店 電話は二番
  • カステラ文明堂総本店 電話は二番
  • カステラ文明堂総本店 電話は二番
  • カステラ文明堂総本店 電話は二番
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 第12回 いわきの医師を応援するお姉さんの会@夜明け市場
  • 何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 ジム・ドノヴァン著
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • 第7回 いわき素読教室 五箇条ノ御誓文
  • Bees Coffee 自家焙煎コーヒー
  • Bees Coffee 自家焙煎コーヒー
  • Bees Coffee 自家焙煎コーヒー
  • Bees Coffee 自家焙煎コーヒー
  • Bees Coffee 自家焙煎コーヒー
  • この土手、ゆるがじ 丹後沢の由来
  • この土手、ゆるがじ 丹後沢の由来
  • この土手、ゆるがじ 丹後沢の由来
  • この土手、ゆるがじ 丹後沢の由来
  • 誰も教えてくれない 大人の性の作法
  • いわき市役所 展望レストラン
  • いわき市役所 展望レストラン
  • いわき市役所 展望レストラン
  • ライブドアブログ