お城EXPO 2019です。城郭文化の振興と発展、お城好きの方々との交流を目的として開催しているイベント、今年で4回目の開催だそうです。全国から、会場であるパシフィコ横浜に集まり、2日間で延べ約18,000人(前夜祭含む)の入場者だったとのこと。

2019-12-22 12.27.15_2

武将や忍者の装束に身を包んだコスプレヤーが、参加者をお出迎え。いっしょに記念撮影をしてくれます。シャッターのかけ声は、「いち、にい、お城!」

2019-12-22 09.53.27-1

名古屋おもてなし武将隊の所属の前田慶次さん。普段は、名古屋城で演舞等のパフォーマンスをしているそうですが、今日は、名古屋城の建築様式の解説をしてくれました。ジョークを交え、わかりやすく興味を引く解説で、ただのコスプレイヤーとは異なる、プロフェッショナル魂を感じました。

2019-12-22 11.04.38

神社を参拝した際にいただくのが御朱印・ご朱印帳ですが、お城めぐりにも同様のものがあります。こちらは、「御城印(ごじょういんと読む)」と呼ばれ、一説によると、これをやっているのが全国で185城あるらしい。磐城平城も、城跡公園の計画が進捗中ですが、公園整備後には、ぜひこの御城印もやってほしいと思います。

2019-12-22 10.26.25

会場には、全国から城郭を有する自治体やお城グッズを販売する企業などのブース出展が100近くあり、福島県からは、「ふくしま三城巡り」として、会津鶴ヶ城・二本松霞ヶ城・白河小峰城が共同で出展。この三城はいずれも、日本100名城にカウントされています。このイベントのほかにも、「日本100名城ふくしま三城巡り×城姫クエスト スペシャルコラボ」等で、一緒に活動しているとのこと。うらやましすぎる、ぜひ将来、磐城平城もお仲間に加えていただきたい。

2019-12-22 11.08.27

日本100名城は、2006年に財団法人日本城郭協会が選んだものですが、その後、2017年に、それに追加する形で続日本100名城が定められています。福島県内には、三春城と向羽黒山城が選定されています。いずれも天守や櫓、城郭などは存在せず、散策路等が整備されているだけです。磐城平城にも塗師櫓等、当時の様子を残しているところもあるので、保存水準として、両城にひけをとらないと思います。

2019-12-22 11.42.55

ご朱印に親和性が高いのがスタンプ。シャチハタさんが独自ブースを出展されていて、四色のスタンプを用意することで、素晴らしい絵ができるのを実演してくれました。

2019-12-22 12.05.58

私が枠に合わせて、4回シャチハタ印を押すだけで、見事な浮世絵(もどき)の完成です。これは結構、感動です。このサービスが「御城印」に導入されたら、大人気間違いなしですね。

2019-12-22 12.07.23

各自治体からはそれぞれの観光協会が主体となって、ブースを出展しているところがほとんどでした。戦国武将隊?とのツーショットや、なりきりで写真撮影サービスが人気でした。

2019-12-22 10.08.49