吹の湯さんは、収容人数約400名、客室数68室と、いわき湯本温泉で最大級の宿泊施設です。 温泉街の一番奥にあって高層棟もあるので、市街地からその塔屋看板が目立ちます。

2019-12-11 16.21.18

団体旅行が流行っていた頃に増築をしたのでしょうか、中央館(メインの棟、露天風呂)、西館(宴会場と客室)、東館(高層棟、コンベンションホールと客室)が、複雑につながっています。駐車場も、坂道に沿って、いくつも分散してありました。

2019-12-11 16.21.56

さはこの湯の由来、「あかずして 別れし人の住む里は さはこの御湯の山のあなたか」。拾遺和歌集という勅撰和歌集の中に読み人知らずとして収録されているとのこと。確かに平安時代からある湯ということが確認できますね。

2019-12-11 20.08.16

オススメなのが大浴場。湯気が立ちこめていて幻想的です。密閉空間なので、硫黄の香りが閉じ込められていて、加水はしていると思いますが、いかにも温泉の雰囲気です。真ん中に大きな円状のお風呂があります。非常に掃除が行き届いていて、変なぬめりもなく、快適でした。

2019-12-11 20.09.07

屋上には露天風呂。お湯の温度が内湯よりもちょっとだけ高めに設定されているようで、体はほてって、かつ涼しげな外気浴できるので、気持ちがいいです。

2019-12-11 20.18.56

吹の湯の塔屋看板がライトアップされているのを、間近にみることができました。いわき湯本温泉にはたくさんの旅館がありますが、クオリティで1.2を争う旅館であることは、間違いありません。

2019-12-11 20.18.06

夜の吹の湯の姿も、なかなか良い感じでした。

2019-12-11 20.30.30-1