天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が、2019.11.10二重橋そばの皇居前広場で行われました。祭典の始まる17:00には皇居前には3万人が集結し、18:10過ぎに天皇皇后両陛下が二重橋へお出ましになると、参加者全員で提灯と国旗の小旗でお祝いの気持ちをお伝えしました。

式典では三村明夫氏(日本商工会議所会頭)が主催者式辞を述べ、安倍晋三氏(内閣総理大臣)が祝辞を述べられました。その後、この日のために新規に作詞作曲された奉祝曲組曲が、オーケストラや全盲のピアニスト、辻井伸行氏、嵐のメンバーらで披露されました。国民的アイドル、嵐の出演ということで、事前予約席の申込倍率は約50倍だったとか。この曲は、陛下のご研究分野である「水」をテーマにしたもので、節がわかりやすいので、今後、ブームになるかもしれません。

天皇陛下からは、会場に直接ライブで声を掛けてくださり、皇后陛下は涙をぬぐっておられるようにも見えました。お言葉をいただいた後、伊吹文明氏(元衆議院議長)のかけ声で、「天皇陛下、万歳」「皇后陛下、万歳」「天皇陛下皇后陛下、万歳」を連呼し、氏は感極まったのか、両陛下が見えなくなっても続けていたのが印象的でした。

2019-11-09 18.11.30

天皇皇后両陛下・内閣総理大臣・衆議院議長・参議院議長らの要人が、屋外で一同に会するということで、警備体制が非常に厳しかった。大手町駅から皇居前広場には交通規制と、セキュリティチェックが置かれ、移動するだけで一時間近くかかった場面もありました。警察だけでなく民間警備会社、日本青年会議所らボランティアスタッフ総動員という感じでした。

2019-11-09 16.06.45

17:00からの第二部の祝賀式典に先立ち、13:00からの第一部の奉祝まつりでは、全国各地からお祝いをする団体が参加し、その演舞を披露してくれました。参加団体500、参加者数は1万人超だそうです。写真は沖縄から来たエイサー団体。そのほか、多数の神輿が参加していました。

2019-11-09 16.10.38

見たことのないような神輿や大太鼓も続々と登場。これを全国各地から運んでくるだけで大変な作業だったでしょう。

2019-11-09 15.49.34

夜には提灯に灯りがともされ、背景の丸の内の高層ビル街の明かりとマッチしていました。

2019-11-09 19.10.07