文京区みどり公園課緑化係が主催の「巨木スタンプラリーイン東大」に参加しました。小学生+保護者が対象です。東京大学本郷キャンパス内の巨木を探して、それぞれのポイントでクイズに答えて、全部集めると、景品がもらえるというもの。文京区職員の方に加え、ボランティアスタッフの方々が運営して下さいました。

2019-10-27 12.28.41

日常的に樹木についてあえて考えたことがなく、改めて何の木か考えながら、散歩する良い機会となりました。東大本郷キャンパスには、樹齢200年を超えるいろいろな巨木があるのですね。それらは、江戸時代にここが加賀藩邸だったころに植えられたものでしょう。今回は、イチョウ・ケヤキ・プラタナス・スダジイ等、6種類の木を探し出しました。

2019-10-27 12.17.00

本郷キャンパスの地図をもとに、迷いながら?ラリー。子どもにとって、地図を読み込んで、実際の建物と照らし合わせながら探す、良い訓練になったと思います。

2019-10-27 12.29.29

安田講堂周辺だけでなく、東大病院の方まで歩き回りました。この前庭の地下の中央食堂で休憩しました。この場所は、20年以上前に自分が受験した税理士試験の受験会場だったところで、感慨深いです。

2019-10-27 12.23.03

グラウンドの方まで、歩き回りました。

2019-10-27 12.38.11

グランドの横には、2階建て、洋風・和風混在の、立派な柔道場・剣道場がありました。ここが、いわきの医療・まちづくり公開シンポジウムに講師で来て頂いた、元東大剣道部、上昌広先生が稽古していた場所なんでしょう。

<いわきの医療・まちづくり公開シンポジウムは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/40760128.html
2019-10-27 12.41.07

キャンパス内には、10を超える銅像を見つけることができます。それぞれの方面で研究等に業績のあった方々なのでしょう。

2019-10-27 12.30.15

現代では、銅像を建てるなんて時代遅れですが、当時は先人を顕彰する大きなツールだったのでしょうね。実際、後世に形が残るので、大きな意味があると思います。

2019-10-27 12.42.26

スタンプラリークリアの景品は、小鉢に植えられた木でした!自宅で大切に育てたいと思います。参加して感じたのは、木が身近に思えるようになったこと、樹木の種類に気を配れるようになったことです。また東大構内の配置に詳しくなることが、郷土愛にもつながることでしょう。こどもの育成にとっても、地図を読み込んで実際に歩いて照合して見つけるという、良い訓練になったでしょう。予算はあまりかかっていないと思いますが、文京区みどり公園課緑化係さんの、クリーンヒットな事業だと思います。

CIMG2729