いわき谷川瀨にあるシダックスさん付近の十字交差点で辻立ちを行いました。今回は医療創生大学の学生がインターンに来ていたので、辻立ちに参加してもらいました。緊張気味だった学生の感想も交えて、今回の辻立ちの様子を紹介したいと思います。なお、今回の文章は、インターンの学生さんに下書きしてもらいました。

時刻は朝の7時30分、ビール箱やのぼり旗等のセッティングをしてから、辻立ちスタートです。早朝に雨が降っていたため天候が危ぶまれましたが、雨は上がり曇り空でした。曇り空はマイナスなイメージがありますが、朝の日差しは強くてすぐ暑くなってしまうので、みきと議員曰く、絶好の辻立ち日和だそうです。

<桜の聖母短期大学と日本大学工学部の学生と辻立ちは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53123136.html
image3_2

鹿島街道と小島線が交差するこの谷川瀬の交差点は一日を通してとても交通量が多いポイントです。今朝も通勤・通学時間のピークということもあって、とても多くの方が通行していました。そのため多くの方にお話を聞いてもらうことができ、大変有意義な辻立ちになりました。

<東日本国際大学の学生と辻立ちは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/51623145.html
2

話す内容はいわき市の復興と医療問題についてです。東日本大震災の復興は進んでいるとは言われていますが、まだまだなところが現状です。また復興した後、その先の未来についてはあまり語られません。これらの問題を解決すべく、みきと議員はその先を見据えていわき七浜海道(防潮堤サイクリングロード)をはじめ、様々な復興のその先の政策を執り行っております。

<防潮堤をサイクリングロード・ジョギングロードにしたいは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/36255981.html

医療問題では、いわき市は医師の高齢化が全国一進んでおり、人口10万人当たりの病院勤務医の数が全国平均に比べ5割少ないなど、様々な課題があります。患者さんと医師の双方の課題を解決できるよう、日々奔走しています。医師と地域との良好なコミュニケーションを図るべく、2016年から「いわきの医師を応援するお姉さんの会」を開催しております。興味がある方はぜひお尋ねください。

<いわきの医師を応援するお姉さんの会は、コチラ>

車に乗っている方々に挨拶をするみきと議員。挨拶を返してくれる方も多く、辻立ちをする議員にとって大変励みになりました。通勤時間というのもあるのですが、多くの人が行き交うのを見て、いわき市がとても活性のある町であることを改めて感じました。

3

日が照りつけはじめ、暑さを感じるようになってきました。暑くなるにつれ、みきと議員のスピーチにも熱さがこもっていきます。辻立ちもいよいよ終盤戦です。

5

今回初めて辻立ちに参加した医療創生大学のインターン生の二人です。ビラ配りや写真撮影など、サポート側をさせてもらいました。ビラ配りはとても緊張し、最初は手や声が縮こまることが多かったのです。しかし、みきと議員のスピーチの熱さが伝わることで、こんな調子ではいけないと思いました。その結果、合計10枚近くを配ることができました。身近で議員の話を聞く機会は初めてだったので、とても良い刺激になりました。

4

通行人の方から飲み物とのど飴をいただきました。ささやかな親切心が身に沁みます。
ありがとうございます。

6

いかがでしたか。辻立ちはこれからも行っていくので、お見かけした際は耳を傾けてくれるとうれしいです。最後まで見ていただきありがとうございます。

2019-09-04 08.07.13