つくば霞ヶ浦りんりんロードは、JR土浦駅をはさんで、つくばりんりんロード(筑波鉄道廃線跡)と、霞ヶ浦自転車道(霞ヶ浦湖岸道路)をつなげた総延長約180kmのサイクリングコース。関東の自転車愛好家から、評判が良いと聞いています。JR土浦駅から霞ヶ浦までは、一般道の路側帯を利用しますが、それ以外は、ほとんどが自転車専用道路となっていて、平坦、まっすぐ、信号なしで、非常に快適でした。

いわきでも、防潮堤を利用したサイクリングロード「いわき七浜海道」が、2019年の夏から一部供用が開始されます。ぜひ、つくばりんりんロードの良いところ・改善すべきところを把握し、咀嚼し、昇華した上で、全体のコンセプトやデザイン・設計に活かして欲しい。

<いわきにサイクリングロード・遊歩道を作るは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/42405562.html
2019-07-25 12.05.53

日本第2の湖水面積を誇る、霞ヶ浦。そのそばを通る自転車専用道路からの眺めは、素晴らしい。道路幅は6mくらいあり、すれ違いがあっても、かなりゆったりとしています。この点、いわき七浜海道の防潮堤天板部分は、幅約3mしかないので、ちょっと不利です。そもそも防潮堤の上を走行するわけですから、相当な注意を払う必要がありそうです。

<つくばりんりんロード 桜川土浦自転車道は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53629963.html
2019-07-25 15.09.59

2019-07-25 12.07.04

転落注意のお知らせ看板。「この道路は、管理用通路です。管理用通路は、堤防・護岸・樋管・水門等の施設を巡視点検するための通路です。管理用通路は、皆様の生命・財産を守っています。自由使用はできますが、大切に使用しましょう」とのこと。

この注意書きは、まったくそのまま、いわき七浜海道の防潮堤にも当てはまります。
・そもそもの目的は、管理用通路(自転車専用道ではない)
・(歩行者や自転車のための道路として作っていないので)それぞれがきちんと注意を払って走行してね、ということ。

2019-07-25 15.00.18

この道路は、環境省・茨城県が、「首都圏自然歩道・関東ふれあいの道」としても、併用指定していました。かつてはこのあたりには、予科練・土浦海軍航空隊が置かれ、ドイツの気球船ツエペリン号が世界一周の途中で寄港したり、リンドバーグ夫妻が太平洋横断の際に立ち寄ったりした、飛行機とゆかりの地なんですね。

2019-07-25 15.01.28

必ずしも、水質が良いといえない、霞ヶ浦。淡水湖独特の臭いもありますし、湖面には漂流物(いわゆるゴミ?)も浮かんでいます。ちょっと対策が必要ですねえ。

2019-07-25 15.12.27