JR常磐線、土浦駅の駅ビルがアツイ!JRの駅ビルはアトレの名称で全国展開していますが、ここ土浦駅の名称は、「プレイアトレ」。何かに遊んでやろうという気迫が感じられます。土浦駅は、つくばりんりんロードの起点のひとつ。手ぶらで電車で土浦駅まで来て、ここで自転車を借りて、サイクリングするのもあり、です。

<つくばりんりんロードは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/53629963.html
http://www.mikito.biz/archives/53629969.html
2019-07-25 16.22.57

そのキーワードは、自転車。サイクルツーリズムです。駅ビル全体が、サイクルツーリスト、自転車愛好家、自転車通学・通勤者にフレンドリーな駅ビルなんです。今、流行のサードウェイブカフェのタリーズコーヒーもテナント入居していますが、その入口には「BICYCLE PARKING」の文字がフロアに描かれていて、さらにスタンドのない自転車でも自由に停められるサイクルラックが設置されています。

2019-07-25 11.38.26

駅ビルのプレイアトレ土浦のコンセプトは、サイクリストに優しい施設。基本的に駅ビル内を自転車持ち込みで利用することが前提としてデザインされています。とはいっても自転車で店内乗り放題は、御法度。「Walk Your Bike」、店内は手押しで歩きましょう、その道順は青いラインで、示されています。この青いライン、成田空港で第3ターミナルで見たような。

<成田空港第3ターミナル LCC専用は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45723352.html
2019-07-25 11.38.13

あまりにお洒落なカフェ。平日昼下がりに、若い女子がランチしながら、Macbookでやりとりしつつ、粘って仕事?をしつつある姿は絵になるなあ。

2019-07-25 16.03.47

コスメ店、ココカラファインもテナント入居しています。そんな庶民的な店舗の前にも、駐輪ラックが置かれています。駅ビルの中まで自転車で乗り付けるという(現在の)需要はまだまだですが、チャレンジングが取組みだと思います。

2019-07-25 16.00.56

コワーキングスペース。平日日中ということもあり、閑散としていました。いわき駅前にも、タタキアゲジャパンが運営しているコワーキングスペースがありますが、ここを拠点に、事業の種となるアイデアや人的なネットワークがつながって、具体的な事業につながればと思います。

<タタキアゲジャパン コワーキングスペース@白銀町は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/30050899.html
2019-07-25 16.07.35

これは、面白い!と思ったのが、学生向け学習エリア「Steady Study」。高校生?カップルが、ひたすらカフェの横で自習している姿は、ある意味、美しい。いわきの駅前のラトブやアリオスでも高校生が
自習している姿を見かけます。ぜひ、自習の行動を、行政として指点していきましょう。

2019-07-25 16.08.39

サイクリングリゾートという名称のキモは、駅ビル内に自転車屋さんがテナント入居していることでしょう。自転車本体の販売・修理・パーツ販売だけでなく、レンタサイクルの拠点にもなっています。自転車愛好家にとっては、のどから手が出るほど嬉しい施設です。地元住民にとっても、駅ビルという襟弁施設内に、自転車メンテしてくれる存在はありがたいにちがいないでしょう。一方、駅ビルという賃借料が高額な場所に、こういった自転車販売、メンテ店が採算が合うのか??という疑問もあります。こういった店舗の行く末は、注視してきたいです。

2019-07-25 11.26.24

駅ビル地下には、駐輪場が完備。レンタル自転車だけでなく、マイ自転車も時間貸しで駐輪できます。

2019-07-25 11.34.06

これは!!!と思ったのが、サイクリスト用のシャワー施設。男女別で、300円でシャワー利用可能。利用者が裸になることから、設置に二の足を踏む自治体が多いなか、土浦市の英断。現実的には、地元民は利用しないし、都内からのサイクリストも必ずしも汗を流すことを重要視しないことから。利用率は、かなり低いことが予想されます。(確かにあった方が良いモノですが、)この施設についての評価は、キビシイものが予想されますね。

2019-07-25 11.34.02