いわき市議会市民生活常任委員会による議会報告会が、2019.7.3にいわき明星大学キャンパス内で開催されました。議会報告会は、これまで数回、議員もしくは委員会単位で開催されてきましたが、市民の反応は冷ややかで、参加人数はごく少数に留まっていました。こちらの伝えたいという思いと、市民のニーズが合致していないからです。とはいえ、情報公開・市民協働を進めたい思いから、試行錯誤しつつつの開催です。

第1部が議会報告会、定例議会で審議された内容を、議会報「ほうれんそう」をもとに委員長から報告がありました。これらの情報は市政にとっては重要ですが、一般市民それぞれにとって、生活に直結するものではないので、関心をもちにくい。これまでの議会報告会の反省から、概要だけを委員長が10分程度話し、あとは資料を参照していただくことに。

第2部が意見交換会です。こちらがメインで約80分間。今回、議論していただくテーマは「特定健診の受診率の向上について」。いわき市の受診率は約32%と、全国的にみてもかなり低い。原因はいろいろ考えられますが、健康に対する市民意識が低いのではないかといわれています。健康寿命を維持し、幸せな人生を送る、さらには不要な医療費を抑制するという観点からも、特定健診の受診率の向上するには、どうすればよいかを話し合います。

2019-07-03 20.02.03

参加いただいたのは、市民生活常任委員会の議員9名(私も含む)、いわき市医師会3名、いわき市保健所3名、いわき市健康づくり推進課3名、医療創生大学の学生6名です。3グループにバラバラに別れて、ブレーンストーミングによってアイデアを出してもらいます。不肖、私もひとつのグループのファシリテーターを務めさせていただきました。

2019-07-03 20.14.21

ブレーンストーミングのルールは、①批判厳禁(アイデアの批判や評価をしない)、②自由奔放(どんなアイデアも歓迎する)、③質より量(多くのアイデアを出して拡散する)、④結合拡張(人の意見に自分のアイデアを付け足して、発想を広げる)。

思いついたアイデアを端的にフセンに書いて、大きな模造紙に貼って行きます。

2019-07-03 20.21.12

だいたいアイデアが出きったところで、類似のアイデアを近くに寄せていって、分類。

2019-07-03 20.01.52

アイデアの効果が高い・低い、実行がやりやすい・難しいの、2軸のマトリックスに、アイデアを移行。グループごとに、アイデアの概要やメンバーからのコメント等を紹介してもらいました。

2019-07-03 20.25.41

今回、私が入ったグループで記念撮影。初めてお会いした方が過半数でしたが、ブレストは、非常に楽しく、闊達に、有用なアイデアが出せたと思いますし、グルーピングや発表についても、グループワークが協力的にできたと思います。ご参加・ご協力、大変にありがとうございました!

2019-07-03 20.35.54_2