2019年5月に東日本国際大学のキャンパス内に、ピラミッドが設置されました。場所は、1号館の東側です。正確にいえば、巨大なピラミッドそのものではなく、その頂点に設置される石、ピラミッドキャップストーンです。たった一つの石とはいえ、1m近くあり、重さは約1.5トンと、とても人力では移動できないものです。

<鎌山祭2018@東日本国際大学は、コチラ>
2019-07-03 15.24.42

このキャップストーンの経緯は、1978年に吉村作治先生が、日本テレビの依頼を受け、実物の1/14のギザのピラミッドの建設を再現してみるという企画番組の撮影の際に、実際にエジプトギザのピラミッドの南1.5kmの地で制作されたものです。一辺23m、高さ約15m、使った石は5200個、総重量は6,900トンにも及ぶもの。吉村学長が現地で直接音頭をとって、昔のままの工法で本当に現地でギザの石灰岩を切り出し、丸太を車輪代わりにして石材を運ぶなど当時のやり方を試しながら、約2か月で完成したもの。商業放映目的とはいえ、実際に人力でピラミッドを積み上げることで、当時の工法を確かめることができ、これがピラミッドの工法や構造を理解するために、とても役立ったそうです。

その後、所期の目的を終え、このミニピラミッドは解体されましたが、そのてっぺんにあった、たったひとつの石、キャップストーンは、制作会社である日本テレビ本社に移送・保管されていました。このたび、このキャップストーンが東日本国際大学に寄贈され、広く一般の方が見れるようにキャンパス内の庭に常設展示されることになったというもの。このストーンが、いわきの観光名所のひとつにカウントされ、それが広い意味で地域の活性化につながるといいですね。

<大ピラミッド 新たなる謎 吉村作治著は、コチラ>
2019-07-03 15.24.39

キャップストーンの側面には、古代エジプトの「天空神ホルス」の目が刻まれています。ちなみに左目は月の象徴、右目は太陽の象徴。古代エジプトは、太陽や月等の自然を信仰していて、多神教を含め、多くの点で、日本の神道とつながる部分が多いと感じます。

エジプト考古学研究所の展示室「メル」も、新規に1号館内に開設されています。まだ小さな小さな小部屋ですがエジプト考古学研究所が所蔵する遺物を展示されています。

<エジプト考古学研究所 特別隊員 認定は、コチラ>
2019-06-11 17.50.50

特筆は、エジプトで撮影した動画です。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術を駆使し、非公開の場所を含むピラミッドの内部等を、スマホ+非常にシンプルなVRゴーグルで見ることができます。これは実際に体感しないとわからない。360度上下左右、自分が見たい方向に首を振れば、どこでも、眼前に映像が提供されるというもの。自分がが行けない場所でも、疑似体験が可能なんです!これはスゴイ技術だし、これを使えば新たな発見等ができるかもしれません。

<VRゴーグル 100円は、コチラ>
785583e0-s