著者のちきりんさんは、自らのキャリアをベースとして、これまでたくさんの人生指南本・自己啓発を書かれてきた方です。私は、その考え方に非常に賛同していて、いくつか拝読されてもらっているファンの一人です。そんな方が、自宅のマンションのリノベーション(ざっぱくにいって、いわゆる内装工事)をした経験を、本にしたというもの。

単なる工事物語に終わらず、リノベーションのプロセスを、徹底的に考えて文字化し、読者の役に立てるという視点は、まさに暗黙知を形式知に変え、読者に再現性のあるものにしたという点で、さすが、ちきりんさんです。これを読めば、中古マンションをリノベーションしたくなるか、逆に自分がやらねばならない工数が膨大であることに尻込みするかかわかる。

それにしても、女性作家・ブロガーさんが、自宅マンションの間取りや内部デザインや家具を写真付きで公開するという試みは、拍手です。一方、ベストセラー作家でも、質素とまではいかなくても、大豪邸に住んでいるわけではないんですね。ちきりんさんの趣味・趣向の一部が垣間見れて、ちょっとだけベストセラー作家さんを身近に感じることができました。

<未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられるは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/30178425.html
2019-05-20 12.13.00