やきかつ太郎は、郷ヶ丘団地のど真ん中にある飲食店。郷ヶ丘は40年前?ぐらいに平南開発(鹿島エブリアの運営母体)によって開発・分譲されたまちです。そのニュータウンへの入植のタイミングで、昭和58年に東京大田区からいわきへ移転・開業したそうです。

前置きが長くなりましたが、大盛りメニューをウリにしているいわきの代表的なお店のひとつです。いわきのソウルフードのひとつかも。看板メニューは、やきかつ880円。上やきかつはプラス100円の980円。この「やきかつ」というもの、全国でもあまり例がないらしい。見た目はとんかつですが、とんかつとは違って揚げ調理ではなく、豚ロース肉に、衣をつけた肉をバターで焼くのが特徴なんだそうです。衣にはバターの味が染み込み、豚肉からの肉汁で、普通の揚げトンカツとは、また違った美味しさがあります。

2019-04-27 12.12.41

ごはん、キャベツ、味噌汁はおかわりOK。おかずの小皿、グレープフルーツ、ナポリタン付き、それにラーメンの汁のようなスープ。昭和の香りがします。これ、完食してご飯お替わりしたら、いったい何キロカロリーなんだろうか・・・クラクラ。

2019-04-27 12.43.59

やきかつを、拡大したところ。お肉自体は(意外に)小さくて、あっつい衣なんですね・・・バターの香りがあって美味しいのですが、胸焼けします。やきかつにはケチャップが乗っています。個人的には、ソース+辛子、もしくはニンニク醤油が合うような。

2019-04-27 12.44.23

お一人様にはカウンター、家族連れにはテーブル席。お昼時には満席です。

2019-04-27 12.19.47

酒のつまみになりそうなメニューが、大きな短冊に書かれ貼られています。昭和だなあ。リーズナブルな全国チェーンもありですが、店主が醸し出すオリジナル・ユニークな味わいは、個人店主でないとだせない。こんなお店を大切にしていきたい。

2019-04-27 12.20.03