KAZEサイクルは、いわきの高久にある自転車専門店です。この道に入っているファンなら知らない人はいない存在。もちろん普通の自転車屋さんなのですが、特徴は、店主が自転車を好きすぎて、ホイール組みや、レトロなツーリング車やロードレーサーのオーバーホール作業・バージョンアップができてしまうことです。いまどきのロードレーサーは、高価なカーボンフレームを使って、軽い専用ホイールを履くのがタイム的には主流です。しかしそれを敢えて(相対的に重い)クロモリフレームで、かつクラシックなホイールを履くのか。それは、自転車道の美学であり、こだわりなのだと思います。

ちなみに、風サイクル代表の矢吹さんは、かつてはいわきのサイクリングマップ作成に多大な貢献をしていただいた方であり、また2015年から始まったツールドいわきでは、無償ボランティア(プロボノ)として、自ら車を出して、自転車の修理・回収車の役を買って出ていただいています。

<ツールドいわき2016は、コチラ>
2019-04-09 13.36.57

新舞子ハイツにほど近い場所にある、風サイクルさんの自転車工房です。何の変哲もないプレハブ小屋に見えますが、内部は、あらゆる自転車パーツが揃マネできないモノです。こういった地元資本の技術、こだわり、愛情、文化等を大事にしていきたいですね。

2019-04-09 13.07.03