三島スカイウォークは、日本最長400mの観光用・人道吊橋です。雄大な富士山を見ながら渡る吊り橋は、谷底からの風に吹かれて、気持ちが良い。なんとこの橋、民間の会社が構想10年の末に建設した、完全民営の施設なのです。その会社とは、地元静岡でパチンコ店を展開するフジコー。観光収益と地域貢献を目的としてなんと総工費約40億円!をかけて建設したそうです。

2019-04-06 20.32.05

民間会社が建設したということで、気になる投資採算性です。2015年末の営業開始で、すでに渡橋者が100万人に達したとのこと。渡るためのチケット売上が1000円として、もう約10億円を回収したという計算になります。もちろん運営や安全管理のための人件費や広告費等もあるのでしょうが、順調な滑り出しといえると思います。橋の手前には、スカイガーデン・ギフトショップ・ラグジュアリートイレ(2億円を投じたらしい)・SKYWALK COFFEE・森のキッチン等があり、それだけでも楽しめるし、オカネを落として貰うしくみです。それよりもなにより、直接的な売上げにとどまらず、県外から多数の観光客が訪れることで、三島市に与える経済波及効果はその何倍もあるでしょう。

2019-04-06 15.27.19

2019-04-06 15.28.48

橋の対岸には、いろいろなイベント・仕掛けがありました。ただ橋を渡り、景色を見せるだけでは1000円は微妙な価格設定。対岸に魅力的な施設があってこそ、1000円を(喜んで)出そうというモノ。インスタ映えする写真スポットがいくつもありました。そのほかにも、セグウェイ体験・ドッグラン・展望デッキ・Kicoroの森・flower drop・ロングジップスライド・フォレストアドベンチャー・クリフチャレンジャー・ツリーツリーツリー・ピクニックカフェ等等。

2019-04-06 15.37.35

左がロッククライミング(クリフチャレンジャー)、右がフォレストアドベンチャーです。いずれも別料金ですが、楽しそう!

2019-04-06 15.44.32

Kicoroの森は、木製チップが敷かれている木立の中の散策路です。自然環境を活かしてますね。

2019-04-06 15.45.43

オカネをかけず、インスタ映え等の話題性を出すための仕掛けがたくさんありました。こちらはカラフルな風車、4000基あるそうです。さすが民間経営!発想が良い!!!

2019-04-06 15.47.23

カップルに受けそうなハート型の撮影スポット。いかにもインスタ・SNS向けですね。なおネオンが仕込まれていて夜には電飾で光るそうです。これも受けそうですね。

2019-04-06 15.49.58

展望台から三島スカイウォークを見る。よくぞこんなロケーションに橋を作ろうと思ったなあ。

2019-04-06 15.50.17

ロングジップスライドも楽しそうだった。橋の向こう側とこちら側に交互にラインが引かれていて、行ったり来たりで遊べます。しかも流石と感じたのが、ラインをそれぞれ2本とすることで、親子もしくはカップル等、2人で同時に降りることができるのです。これで一緒に遊べるので、正解。
2019-04-06 15.50.23

これが、flower drop。間伐材から作った楕円形のチップには、植物の種が付けられています。これを橋の上から投げて貰うことで、谷底にいろんな植物・花を咲かせましょうというもの。1枚200円です。半分は参加型のお遊び、半分は自然環境保全のための200円の募金といったところです。

2019-04-06 15.53.14

1枚参加させていただきました。何か自然保全に対して良いことしたような感覚になりましたよ。

2019-04-06 15.53.22

セグウェイ体験は60分間という本格的なもの。セグウェイに乗るにとどまらず、インストラクターが一緒にセグウェイで移動しつつ、参加者に観光案内するというものでした。こういう発想、いいなあ。

2019-04-06 15.54.30