受動喫煙対策を強化する「健康増進法の一部を改正する法律」が決まり、東京都でもすでに受動喫煙防止条例が成立しています。どちらも2020年4月に全面施行予定。これにより飲食店、オフィス、学校や病院、行政機関など多くの人が集まる場所では、必ず受動喫煙対策をとらなければならなくなりました。

ますます喫煙できる場所が限定されていっていますが、その正しい?行き先は、屋外スモーキングエリアです。たまたま池袋駅前でみかけましたが、エリア外にほとんど煙がでないのが、秀逸。それもそのはず、基本的に屋外なので排煙設備は不要、高さ3m弱の透明なアクリル板で囲ってさえあれば、煙は自然と上にいき、大気中に放出され、エリア外の人の歩く高さにほとんど戻ってこないのです。

2019-03-25 11.18.55

エリア内では、喫煙中の方がたくさんいらっしゃいました。通常の屋内の喫煙施設だと、他人の煙でもくもく、燻され状態になってしまい、喫煙者であっても不快になってしまうことが多い。しかし、ここでも屋外のメリットとして、自然通風があることで、ほとんどもくもく状態にならないのです。

2019-03-25 11.19.17

こういった屋外スモーキングエリアの施設は、基礎自治体が設置主体となることが多いようです。飲食店、オフィス、学校や病院、行政機関など多くの人が集まる場所では、基本的に完全禁煙が求められるので、それとちょっと離れた屋外にこのような施設を置くことは、かなり有用だと思います。

2019-03-25 11.19.45