いわき市役所本庁舎の8階には、食堂があります。単品メニューもありますが、オススメはお得なA・B・Cランチです。500円ちょっとで、満腹間違いなしのボリュームが保証されます。味はまあ、それなりですが・・・

ご飯は、福島県産のお米を使っています。できれば、いわき特有(でなくても)のメニューを常時提供してほしい。例えば、「カツオの揚げ浸し」「サンマのポーポー焼」「サンマの丸干し」「メヒカリの唐揚げ」「いわきネギのヌタ」「いわきネギの味噌汁」、さらには「地元産牛の焼肉」等、ここの来れば必ず食べれる現地メニューを出してほしい。このことで、私たち自身も、自信を持てるメニューを知り、またその存在を市外の方にも知らしめることができ、ひいては市内外のいわきファンが増えるのではないか。

2018-05-15 12.38.40

本日のAランチ、チキンステーキ定食(和風おろしソース)520円。写真ではわかりにくいですが、ご飯の量は、ちいさな茶碗2杯分は入っています。チキンステーキには、添え物としてコロッケが付いてくるという充実ぶり。午後からみっちり働く、肉体労働者にぴったりのボリュームといえるでしょう。

一方、本庁舎内で内勤する事務系スタッフにとっては、あまりに量・カロリーが多すぎやしないか。セットもので、ラーメン+ビビンバ丼は、多すぎやしないか。いわき市内の児童・生徒には肥満児が多いのは、事実。これも親がカロリーオーバーの食事を普段から摂取していることも遠因なのではないか。また、食品残渣を減らす為にも、ヘルシーなメニューの選択肢を増やして欲しいですね。

<いわき市の児童・生徒には肥満児が多いは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45517968.html
2018-05-15 12.36.14

昼休みが始まる12:00(チャイムが鳴ります)ちょうどから、市職員で大混雑になります。一方、訪問した12:30には、もう第一陣が食べ終わっていて、半分くらいが空席になっていました。市職員の方も、ご飯は早めに食べて、自席でゆっくりしたいのでしょう。

2018-05-15 12.25.52

市役所食堂といっても、いわき市が直営しているわけではなく、外部業者に運営委託しています。利用者(市職員が大半でしょう)利便性向上のため、家賃を抑えつつ、一定のリーズナブルな価格でのメニュー提供という二律背反がことを、バランス取っているようです。

2018-05-15 12.25.48

周辺には(高層マンションを除いて)高い建物がなく、南側に新川が開けていて、さながら展望レストランといったところ。公共の建物・サービスなので、チープ感は否めませんが・・・

2018-05-15 12.37.55

ちょうどいま市役所本庁舎は、(建替でなく)既存の建物に免震工事の補強作業をしています。空調関係は、基本的に今までのものをそのまま使うのですが、一部配管等は、免震工事に伴い新しくなります。既存建物の南側には設備棟が建設中で、ちょうど地下のコンクリート基礎ができたところです。ここにバックアップ電源設備を2階以上に設置することで、新川洪水時の自然災害に備えようとするもの。

2018-05-15 12.37.50

ちなみに食券販売機は、現金対応なので、外部利用者も自由に食券を購入・利用できます。ただし、。1000円札以外は、対応していないことが多いので、要注意です。

2018-05-15 12.38.26