長崎の沖合に浮かぶ軍艦島(正式名 端島)は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として2015年に世界文化遺産に登録されました。現在は、炭鉱の廃坑に伴い無人島ですが、明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたそうです。これまで非公開とされてきましたが、この数年の間に、複数の民間軍艦島クルーズが運行し、観光として島に上陸することができるようになりました。

今回、利用させていただいたのは、Black Diamondという運行会社。黒いダイヤといわれた石炭にかけた名前だと思いますが、黒とオレンジを基調とした目立つ船だけでなく、丁寧なガイドが好評のようです。

05

クルーズ船に乗り込むスタッフも、おそろいの黒とオレンジのスタッフジャンパーです。出港・着岸の際には、さすが海の男たち、ロープさばきが早かった。

47

軍艦島に行く航路の途中で、高島に立ち寄り、トイレ休憩(軍艦島には使えるトイレがありません)。そこには、三菱財閥を興した、岩崎弥太郎氏の銅像が力強く建っていました。このポーズ、三菱重工長崎造船所の木型場の中でも、見かけたような・・・

04

長崎港を出港してから1時間弱、ついに軍艦島が見えてきました。強風や高波がある日には、島に着岸できない日もあるそうですが、この日は風・波ともほとんどなく、こんな日は珍しいそうです。

54

軍艦島が見えてくると、みなさん一斉に立ち上がり、カメラを取り出します。あわてなくとも、島を1週してから、島に着岸するので、どの席からも島の外観をベストポジションでみられるようなサービス運行でした。

09

端島はもともとは、南北約320メートル、東西約120メートルの小さな岩礁だったそうです。その岩礁を、石炭採炭のベース基地とすべく、明治期から6回の埋め立て工事によって、約3倍の面積に拡張したとのこと。島の西側と北側は住宅などの生活に関する施設が、東側と南側には貯炭場や船への積み込み施設等の炭鉱関連の施設があります。

ちょうどこの角度からの島影が、軍艦に似ていることから、軍艦島と名付けられた。確かに、艦橋が砲塔に見えます。

06

もともとは三菱マテリアルの単独所有の島でしたが、無償譲渡され、現在は長崎市が所有しています。長崎市では、島の南部に観光用の見学者通路を整備し、この島のためだけに「長崎市端島見学施設条例」と「端島への立ち入りの制限に関する条例」を制定済み。軍艦島上陸ツアーによる経済波及効果は65億円に上るそうです。

複数のクルーズ会社が観光船での上陸ツアーをやっており、料金は大人一人が4,000円以上ですが、満席でした。上陸料金は300円/人です。

34

クルーズ会社を選ぶポイントのひとつは、観光ガイドの質です。今回ガイドいただいた方は、炭鉱での勤務経験はないものの、その知識の深さ、客を引きつける話力、ジョーク等、申し分ありませんでした。歴史としての事実だけでなく、現状の利用方法や観光客の反応等、非常に勉強になりました。日本の訪問客の多くが、この島のコンクリート建物群が朽ち果てていく姿を「廃墟」と捉えたり、当時の生活を感傷的に思うのに対し、外国人の訪問客の感想は「クール」とか、「現代社会のなれの果て、将来予想図」という見方が多いそうです。

46

これらの建物のひとつが、日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅「30号棟」。いわゆるマンションです、一番大きい棟は300戸以上が住む建物だったそうです。現在は朽ち果て崩壊しつつありますが、どれひとつとして人為的に壊された建物はなく、すべて自然の力で崩壊していっているそうです。現在進行形でゆっくりと確実に、不可逆的に崩壊が進んでおり、今日の軍艦島の姿は、明日の軍艦島の姿とは違っているとのこと。今、まさに見るべきだと思います。

54

端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ(ランクで言うと上から2番目の石炭)、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つでした。

30

上陸できる場所は、見学者用通路が整備された部分のみですが、それとて、コンクリート崩壊の現場のすぐそばまで行くことができます(居住者棟や炭鉱施設内には入れません)。

33

人口が最盛期を迎えた1960年には5,267人の人口がおり、人口密度は世界一、東京特別区の9倍以上に達したそうです。炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗・病院・寺院・映画館・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘等があり、島内においてほぼ完結したコンパクトな都市機能があったそうです。それが50年後には、こんな姿になろうとは、当時はまったく想像がつかなかったでしょう。

04

海が荒れると潮が、防潮堤や建物を乗り越えて上から降ってきて「塩降街」となったそうです。台風が来ると波が防潮堤に激しくぶつかり、防潮堤が壊れることもたびたびあり、その度に修理したそう。無人島になってからは、写真のように防潮堤が崩壊しても直されることはなく、ひたすら崩壊が進行していっています。

44

炭鉱から石炭が掘り尽くされたわけではありません。経済的な理由から、石炭から石油へのエネルギー政策の影響から、坑内に数百万トンの石炭を残したまま1974年に閉山しました。

20

50年前にはこの3つの桟橋から、当時年間数30-40万トンにも上る石炭が、船に積み込まれ出航していました。それがいまでは、このような姿に。

27

当時の3つの桟橋のひとつが、観光クルーズ船の着岸のため再整備されて、使用されています。このたったひとつの桟橋を複数のクルーズ船会社が共用で使用するため、着岸していられる時間は1時間弱のみ。われわれの船が出航するときには、もうすでに沖合には次のクルーズ船が沖待ちしており、われわれの船が桟橋を離れるとすぐに、桟橋に着岸していました。

51

長崎港内からは、複数の世界遺産を見ることができます。こちらの写真の奥が、「小菅修船場跡」。維新十傑の一人小松帯刀、英国に留学した五代友厚、貿易商トーマス・グラバーらが作った船の修理ドックです。英国から輸入したボイラー、堅型2気筒25馬力の蒸気機関、歯車曳揚げ装置が設置され、1869年に完成。長崎港は、幕末から明治期にかけての先人の歴史がたくさん詰まっています。

11

昭和期の太平洋戦争時に、戦艦「武蔵」が建造された2号ドック。現在でも使用されています。

49

三菱重工長崎造船所の「ジャイアント・カンチレバークレーン」の世界遺産のひとつ。現在でも、生産活動中の工場内でタービン等の重量物の運搬・吊上げに使用されている現役の施設です。工場現場で使用されている世界遺産は、世界でもここだけでしょう。

03

イージス艦「金剛」の改修工事が行われていました。日本にでは6隻が就航していますが、そのうち2隻を長崎港で見ることができました。本来、イージス艦は、空母等の打撃陣を航空機等の攻撃から守るために航行する艦なのですが、日本ではなぜか(その防空能力を買われて)北朝鮮からの本土へのミサイル攻撃に備えるために、フル稼働しています。洋上艦が、ずっと航行を続け、ミサイル発射の監視活動を続けることは、物理的にも精神的にも、しんどいはず。こんな運用は早く改善し、正常に戻したい。

42