311きぼうのあかり、キャンドルを灯すイベント「キャンドルナイト~希望のあかり~」が、いわきアリオス隣の中央公園で開催されました。被災でなくなられた方の鎮魂のため、東日本大震災を発災日である3月11日に毎年、やっています。

なお、本日からメガネをかけていますが、突然視力が落ちたわけではなく、花粉による落涙防止用のメガネを始めました。これ、目への花粉付着予防にかなり有効ですので、もしお困りの方にはぜひオススメしたいです。

23

記帳するとともに、オリジナルのキャンドルライトを制作しました。今回私は、「鎮魂」と題したキャンドルライトを作ってみました。

54

17:00に点灯式。私の作品?は「3.11きぼうのあかり」の「11」の文字の先っぽに飾られ、何かこの催事に貢献できたようで、嬉しく思いました。

57

アリオス隣の中央公園は、幻想的な雰囲気でした。

52

アリオス3階のテラス席からは、「3.11 きぼうの灯り」というキャンドル文字がはっきり見えました。

22

コットンプロジェクトで栽培された綿花は、手作りの機械で巻き取られ、ボランティア作業で糸になっています。その糸を使って制作された、ランプシェードが、彩りを添えていました。

<ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45867414.html
28

14:46には、いわき市東日本大震災追悼式として、震災遺族の方を中心として追悼式・黙祷が行われました。東京の国立劇場で開催された追悼式が、アリオス会場内に同時中継で放映され、安倍首相の式辞・秋篠宮文仁親王殿下のお言葉を拝聴いたしました。その後、祭壇で献花させていただきました。きぼうを持って一歩一歩、歩んでいきます。

28

姉妹都市である、延岡市の小中学生からは、「福島・熊本・延岡」のつながりを忘れない、そして3.11も忘れない、いのちを大切にしますと題した、たくさんのモチーフが送られてきました。これこそ震災記憶のあるべき姿ではないか。

43

朝早くから、この催事のために、多数のボランティアスタッフによる準備がなされていました。特に、ロータリークラブ、そしていわき信用金庫様らのご協力に、感謝いたします。

07

44

13