医者が教える食事術 最強の教科書の著者は、牧田善二氏。糖尿病を専門とする医療現場で活躍する現役の医師です。これまでの(なんとなく)健康に良い本とは、一線を画し、(なるたけ)医療データと統計データというエビデンスをベースに、あるべき食事法を紹介しています。

・不調の原因の九割は「血糖値」
・食べる順序で太り方が違う
・オリーブオイルと白ワインはやせる
・果物をジュースにしてはいけない
・炭水化物は「脂質」と一緒に食べる
・卵のコレステロールは気にしない
・プロテインの過剰摂取は腎臓を壊す
・シワ・シミ・ニキビも糖質が原因
・コラーゲンは食べても効かない

等、いわゆる「糖質制限」を勧める本です。ダイエット本には流行廃りがつきものですが、今の流行は糖質制限といって良いでしょう。趣旨としては、太るのは、カロリーの過剰摂取ではなく、糖質の過剰摂取によるものだというもの。さらには、糖質摂取過多は、肥満だけでなく、血糖値の上昇を通じて、糖尿病他、様々な病気の元となるというもの。ここから「病気や不調の原因の9割は血糖値」という仮説ができるわけです。この仮説自体は、万人単位での検証はされていないけれども、著者はそれを医療現場感覚で、確かであろうと(批判を恐れず大胆に)書いています。

現在は、でんぷんや糖質を摂ることが、トウモロコシやじゃがいもの栽培拡大により、1000年前に比べて圧倒的に容易になりました。カロリーベースだけ見れば、飽食の時代と断言できます。逆に、価格の安いファストフードほど、カロリーが高いともいえ(マッ○や、牛ど○等)、食にお金をかけなければかけないほど、糖質やカロリー過剰摂取になりがちともいえます。そういう時代に生きているからこそ、知識をもって食を選択しないと、知らない間に身体が蝕まれてしまう。これが健康格差社会ということか。

52

私も、ここに紹介されている糖質制限を数ヶ月試してみました。当初は、食欲を抑えるのに辛いこともありましたが、糖質の代わりにタンパク質(肉・魚・卵)や野菜の摂取は、逆に奨励されており、満腹感はOKでした。ご飯・パン・麺をはじめとする主食(糖質)がなければ、パワーが出ないといわれていましたが、そもそも事務職はパワーを使うような仕事でもありません。

感じたのは、食後感じていた体温の上昇や、血糖値の上昇を感じなくなったことです。これが、いわゆる「グルコースインパクト」だったということは、後から知りました。グルコースインパクトは、血糖値の上昇をだけでなく、その後の急降下、インスリンの出し過ぎ等、あまり良い影響がないといわれています。

この本で、唯一、あれ?と思ったことは、タンパク質のかたまりであるプロテインの過剰摂取を禁じていること。そもそもプロテインパウダーとして使われてる原材料はその殆どが牛乳若しくは大豆なので、そちらは良いの?と思いました。どうもプロテインの原材料が問題ではなく、プロテインはそもそも食品工場での加工生産物であり、その加工プロセスで加えられている各種添加物が問題だろうということのようです。著者は、狩猟採集の時代と人間のDNAはほとんど変わっておらず、その当時の生活をすることがどれだけ健康にいいかということを主張されています。確かに食糧と現代の生活とミスマッチが、成人病を引き起こしているということに賛同します。確かにプロテインは縄文時代にはなかったものですが、全世界で(おそらく数十万人?)のボディビルダーや、アスリートがプロテインをずっと愛用していて(過剰に?)、大きな問題が発生していないので、ここはどうかなあと思いました。これについては、後世の研究者が調査・発表することでしょう。

19

週刊ダイヤモンドも、最強の食事術について特集を書いています。長生きする統計データから導かれる10のルールは、コチラ。まあ、結論からすると、極めて真っ当な常識でした・・・(笑)
1. 死ぬまで働く
2. 生きがいを持つ
3. 徹底的な健康チェックをする
4. 医者を選ぶ
5. 坂道を歩く
6. 豆類をたくさん食べる
7. 多種類の野菜をたっぷり食べる
8. チョコレートを食べる
9. 食べすぎない
10. アルコールをたしなむ(ビール、日本酒はNG)