やよい軒は、定食、丼ものを中心とする外食チェーンストアです。やよい軒自体の創業は1886年ですが、Hotto Motto(ほっともっと)のブランドで、全国チェーン展開している東証一部上場会社プレナスに買収されています。やよい軒の商標だけで、全国で300店舗以上を運営しています。さらには海外でも100店舗以上運営しているらしい。

59

やよい軒の定番は、「一汁三菜」の定食。すなわち、ご飯に汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)。これが栄養的にバランスが良く、値段もリーズナブルなので、日本で最強の定食屋さんなのではないか。因みに下の写真は、生姜焼き定食、ご飯おかわり自由で、630円(税込み)です。リーズナブルな価格の定食で健康になろう!というコンセプトは、鹿屋アスリート食堂と共通しています。時代のトレンドです。

<鹿屋アスリート食堂 皇居ランナー御用達は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/50983111.html
58

定食・朝食メニューとも、ご飯のおかわりは、セルフサービスで無料。ちなみに、丼物や一六穀米はおかわりの対象ではありません。

58

オススメは、「十六穀米」です。白米からの交換は、無料。白米に比べて、グルコースインパクト(食事による、血中糖度の急上昇)が小さいといわれており、健康に良い。

51

さらにオススメは、味噌汁を貝汁への変更。130円の追加料金がかかりますが、大きめで具だくさんの貝が入っており、その出汁も美味しい。

05

入り口付近に券売機がありますので、コチラで購入。いきなり席に座ってもオーダーできないので、要注意。これにより、厨房へダイレクトに調理のオーダーがいくので、提供時間の短縮につながります。また注文取りのスタッフが不要になるので、コスト削減にもなります。このシステムは、牛丼チェーンにもありますが、それよりもシステマチックに感じました。こんな店舗が学生時代にあったら、通いつめたかもしれません。

50