熊本ラーメンは、豚骨・鶏ガラを使ったスープにチップ状にした「揚げにんにく」や「マー油」等が入っているのが特徴です。代表店として「こむらさき」「味千」がありますが、ここ「桂花」は、創業昭和30年の老舗ラーメンチェーン店。東京の新宿・渋谷・池袋等に出店しているほか、海外にも店舗があります。その本店が、熊本市中心部にあります。大学生のとき、新宿で桂花のラーメンのうまさと、卒倒するような臭いに圧倒されました。

福島県のラーメンは喜多方が有名ですが、あまりにあっさりしていますね。その代表は、以前「会津っぽ」の名前で営業していた、幸楽苑でしょう。全国一の出店数を誇るらしい。

<幸楽苑 390円の中華そば>
http://www.mikito.biz/archives/47392979.html
04

豚骨ラーメンのあの香りは、(臭くても)独特で、強烈に惹きつけられますね。実は、あの「桂花」の本店といっても、大規模店舗・豪華装飾ではありませんでした。ごく普通のこぎれいなラーメン店。かなり、拍子抜けしました。

33

店内もいたってシンプル。全国チェーンの本店という気負いはないようです。新宿店のほうが、雑多で、淫靡で、賑わいがある。

55

具材には台湾風に味付けされた煮玉子や、大きめのキクラゲ、チャーシュー、メンマ、刻み小ネギ等が入っています。ニンニク油が味のアクセントになっています。ラーメン単品で営業・勝負している店って、ある意味、凄い。一本足打法でも、強ければ生き残れるし、顧客を引きつけられる。

ミシュランの星をいただいている店が一番多いのは、本家フランスを抜いて日本です。その理由は、その道の専門で看板を掲げて研鑽している店がたくさんあるからです。日本料理といっても、鰻専門店、蕎麦専門店、ラーメン専門店、寿司専門店、天ぷら専門店という具合です。それが、フランス、イギリス、ロシア等では、そうはいかない。これを当たり前に(お店も消費者も)切磋琢磨してきた日本のすごさでしょう。 

47

購入は食券にて。極めて普通の店でした。

08

玄関マットでくまモンがお出迎え。熊本市内のキャラクターは、くまモン一色ですね。

<くまモンは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/23244415.html
20