肉食恐竜ティラノサウルスと、そのティラノサウルスをも上回る、史上最大の肉食恐竜スピノサウルスの、本物の化石による全身復元骨格が展示されている、恐竜博2016@上野国立科学博物館に行ってきました。GW期間中ということもあり、大混雑ではありましたが、これは見ごたえがあった。

39

全長15m、史上最大の肉食恐竜 スピノサウルス。実は、1912年に発見されていて、ドイツ博物館で研究が進められていましたが、第2次世界大戦で焼失してしまいます。その後、謎に包まれていましたが、ついに2008年にモロッコで新しい化石が発見。それをもとに2014年に、論文が発表され、それをもとに新たな全身復元骨格が作られたものです。肉食恐竜にもかかわらず、水圧を感知する器官を持ち、水中にまで行動範囲を広げていた可能性があるそうです。
 
03

白亜紀の化石が、こんなに鮮明な形で発掘されることもあるのんですね。

17

最も有名な恐竜、ティラノサウルス。その中でも1991年にカナダで発見され、2013年に全身復元骨格が完成したティラノサウルスは、「スコッティ」と名付けられ(世界に3体しかない貴重な全身復元骨格のうちの1体だそうです)、これまで発見されたティラノサウルスの中でも最大級の大きさだそうです。
 
52

やはりティラノサウルス、全長ではスピノサウルスに劣るかもしれませんが、「肉食」らしい獰猛さは、ピカイチです。

32

その他の恐竜も多数展示されていました。どれも貴重なものなのですが、やはり「スピノサウルス」「ティラノサウルス」の全身復元骨格の迫力にかすんでしまいました。こんな貴重なものを見ることができる、日本、東京というパワーは素晴らしい。

10