いわきサンシャインマラソン2016、終わりました。昨年に引き続いての4回目、フルへのエントリーです。荒天の中、ボランティア・運営スタッフ・沿道からの応援の方々、ありがとうございました!

<いわきサンシャインマラソン2015は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/42688489.html


サンシャインマラソン2016_1

今回、ランフォト(RunPhoto2.0)という無料サービスを利用しました。このサービスは、ランネットが提供するレース中の自分の写真がダウンロードできるというサービスです。特徴は、ランフォトが契約しているカメラスタッフが、レース中に無数のランナーが走っている写真を撮影し、大会終了とほぼ同時に自分が写っている写真を見ることができるというもの。ゼッケン番号を文字認識して、大量の写真を自動整理して通知するのだと思います。そして(事前に登録しておけば)自動!で、自分のFacebookに投稿までしてくれるという、お手軽さです。もちろん、気に入った写真のダウンロードも可能。上記写真も、そのサービスでいただいたものです。写真撮影というローテクと、文字自動認識・自動フォルダ仕分・SNSとの連動というハイテクの組み合わせは、驚愕するくらい便利なサービスでした。これは更なる進化を遂げること、間違いないと確信します。
 
12633326_970815556333546_2010019569_o

スタート地点の総合体育館前は、荒天。雨と風がたたきつける中での、寒いスタートでしたが、走り始めるにしたがって、どんどん天気がよくなり、気温もぐんぐん上がりました。最終的には半袖で走りきったランナーが多かったのでは。

49

ゴール地点の小名浜マリンパークでは、ランナーに無料で「サンマのつみれ汁」と「カジキメンチ or カジキ饅」が振る舞われました。作っている大鍋、どこかで見たことあるぞ!と思ったら、ツールドいわき2015の湯本エイドステーションで振る舞われたカニ汁を作った大鍋でした。いろんな大会に引っ張り出されるんですね。

<ツールドいわき2015は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/45881002.html
14

とうふ屋大楽さんの店舗には、ダイニングレストラン・soupeの菅原シェフの手による肉豆腐が提供されていました。大楽さんの豆腐を使って、菅原シェフが料理する、、、美味しくないはずがありません。

<とうふ屋大楽は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/46807958.html
42

第一生命さんのブースが面白かった。ゴールに見立てた疑似のゴールシーンを再現し、記念撮影させてくれるというもの。ゴール時間も任意で設定できるので、ジョークでありえないタイムをお願いしたところ、快諾!冗談が通じる担当の方々ばかりでした。

37

今年のキャッチフレーズは、「走るたびに新しい」。実際、毎年、運営が進化しているのを肌で感じますね。

CCI20160212_0001