2015.11.15は福島県議会議員選挙です。期日前投票すると、記念?に黄色い投票済証がもらえます。これを集めると、、、良いことがあるかも。期日前投票が、絶賛開催中です。今回の選挙は、いわき選挙区で議席定数10のところ、16名の候補者が立候補をしており、県内屈指の激戦区です。ちなみに、福島県内をみまわすと、双葉郡をはじめとする8選挙区は無競争・無投票で14人が、早々に当選を決めています。

いわき市の人口は32万人ですが、うち有権者は27.3万人。仮に投票率が45%(前回の投票率)だとすると、だいたい12.3万票が投票総数です。単純に候補者16人で割ると、推定平均得票数は7,700票弱となります。参考までに前回の最多得票(トップ当選)が16,248票、当選ライン(最下位当選)が6,870票でした。

15

いわき市にはポスター掲示場設置箇所が、700カ所以上もあります。ポスター作成は公費負担でできますが、掲示板に貼るのは、各候補者(陣営)の負担です。この人海戦術をどう集めることができるかも、選挙に慣れていない候補のハードルとなります。

<各候補者の選挙公報は、コチラ>
http://bit.ly/1O6YQLu
22

事前に選挙人名簿にもとづいて選挙のお知らせハガキが届いています。投票日に投票所に行くことができない人は、期日前投票をすることができます。期日前投票は、住所地にかかわらずどの期日前投票所でも投票することができます。さあ、これを持参で期日前投票所へ。

15

各支所で投票できますが、やはり便利なのが、市役所東分庁舎です(選挙管理委員会のこのビルに入居しています)。来場者がとぎれないくらい、期日前投票に来てました。

50

受付時に「選挙のお知らせ」ハガキを提示すると、スムーズに投票することができます。投票用紙1枚が配布されますので、記入台で候補者の名前を、備え付けの鉛筆で書きます。

投票用紙は、選挙用ポスターなどにも使われる「ユポ紙」「BPコート紙」です。見た感じや書き心地は普通の紙と同じですが、水濡れに強く、折り目を付けても自然と開くようになっています。二つに折っても投票箱の中で自然と開くので、開票作業がしやすくなるそうです。

19

選挙管理委員会では、投票箱や記載台などの選挙資器材等の貸出を無償で実施しています。小学校や中学校などにおける児童会、生徒会の役員選挙、その他、自治会や町内会役員の選挙にも使用できるので、ぜひお問い合わせください。

49

明るい選挙推進協会のイメージキャラクターが「選挙のめいすいくん」。名前の「めいすい」の由来は、「明るい選挙推進協会」の「明」と「推」からとっています。各県にめいすいくんがいます、福島ご当地キャラは、国際アート&デザイン専門学校の学生がデザインした8点です。8種類は「果物王国ふくしま」を代表する「モモ」や、白河の「だるま」、三春の「滝桜」、騎馬武者に乗った相馬の「野馬追」、いわき市の「フラガール」など。会津は「赤べこ」「白虎隊」のほか、猪苗代町出身の細菌学者野口英世から「野口」。全員が、明るい選挙の実現に向かうため、背中に羽が付いています。

昨年までの選挙萌えキャラは、福島希望(のぞみ)さん、福島未来(みらい)さんだったのですが、今回は起用をやめてしまったようですね(理由不明)。

<選挙萌えキャラ 2014年 福島希望(のぞみ)は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/41810028.html
17

無事、期日前投票を終えると、(希望すれば)写真のような「投票済証」を交付してもらえます。お店によっては、これを見せるとポイントがついたりするとこもあるらしい。また某地元スーパーでは、社員に選挙に行くこと(特定の候補者でなく)を奨励しており、この投票済証を確認しているそうです。そのおかげで、某地元スーパー内での投票率は限りなく100%に近いとのこと。これくらいのことをしなければ、一般の投票率の向上は見込めないのかもしれません。

16