マックカフェの進化が著しい。このアイスカフェラテがMサイズで、脅威の230円。白いミルクと茶色のコーヒーが、キレイに分離し、さらに表面には泡立てまで。通常の喫茶店では、到底実現できないであろう低価格での提供です。マックの肉偽装表示問題等から、(マックそのものの責任でなく、問題は中国であったとしても)心の底から利用したくないという気持ちがあるのですが、コーヒーに関してだけは別です。

マックデリバリーの発表の際も、突拍子もないことを!と思いましたが、グローバル企業の商品企画力には本当に脱帽です。

<マックデリバリーは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/29446403.html
42

一般の喫茶店は、(単に美味しいコーヒーを提供するという)同じ土俵では勝てないことは明らかです。マックカフェは、短時間の休憩・人との待ち合わせ・低価格かつそれなりの品質のコーヒー等で、素晴らしいポジションを築いています。これをライバルが、正面から立ち向かうのは難しいでしょう。

個人的には、味のある個人経営の喫茶店や、まちの特色が出ているコーヒーショップに繁盛して欲しいと思っています。しかしマックのようなグローバル企業が真剣にコーヒーの味や、店の雰囲気で勝負してくる以上、異なる土俵に持ち込まなければ、その商品力にかなわない。

16

02