いわき市立総合磐城共立病院は、現在、平成30年度の竣工・開院を目指して本体の建替工事が進行中です。それに先立ち、新病院の病室のモデルルームが、病院関係者に限定公開されています。これは、医療現場に直接携わる医療関係者(特に、看護師等)に、体感できるモデルルームのサンプルに、直接手で触ってみてもらうことで、より使い安い病室にする意見を聴取するためです。

写真は、基本タイプである1室4ベッドのお部屋です。正直、目新しい設備や器具があるわけではありませんが、それぞれの機器や照明等の位置・高さ等が、実際に医療現場目線では重要なこともあるそうです。なお、一部医療機器は、旧病院のものを移設しますが、多くの医療機器・ベッド等は新品が購入されます。

29

新病院の外観模型が展示されています。写真中央付近が、現病院が建っているところ。新病院は第3駐車場だった付近(敷地の南東端)に配置されます。主要道路(6号国道等)からの進入経路は、現在と同じです。

58

病室によっては、トイレ・シャワーが設置される部屋もあるそうです。

21

病室の入口には消毒液が標準設置され、看板表示はデジタル式です。待ち受け画面・入院患者名・その他情報が切り替わるようになるようです。他の病院では、患者のプライバシーの観点から、患者名を非表示にする病院もあるので、注目していきたい点です。

<亀田総合病院 病院施設見学は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/39106883.html
36