「ユザワヤ」は、手芸用品・生地等の材料専門店だと思っていました。実際、店舗の売り場には、多種多様な、被服のための生地が並んでいます。見たことのないようなカラフルで、なめらかな生地がたくさんあります。
 
09

単に生地の販売だけにとどまらず、店舗内で、継続的・定期的に無料もしくは材料費だけの受講費で手芸教室を開催しており、平日昼間にかかわらず、たくさんの女性が受講していました。単なるカルチャースクールが目的ではありません。受講生を生み出し続けることができれば、その方が材料をユザワヤで買い求めることは必至ですから、中期的な潜在顧客の開拓を地道にやっているわけです。企業の経営と手芸という文化を広めることを同時達成していることに、新鮮な感動を感じました。

21

店舗内で目に付くのが、コスプレ、です。ちょうどハロウィーンも近いこともあって、西洋のマントやカボチャをイメージした衣装が展示されていて、同時に制作の仕方とともに、その生地を販売しています。売り方がうまいなあ。

24

初めて知りました。つねづね、おゆうぎ会の衣装ってド派手なことが多いけれど、どこで買ってくるんだろう?と思っていましたが、ユザワヤさんで、デザインやアイデアをもらって、そこで特殊な生地も購入して、オリジナルのを作るんですね。

50

さらに!ド派手なコスプレ衣装も、ユザワヤさんの守備範囲内なんですね。コスプレの衣装ってどこで売っているんだろう?と思っていましたが、そうか!ここなんですね。

31

コミックマーケットに出てきそうなコスプレ衣装のサンプルもたくさん展示されていました。ニッチなマーケットですが、絶対的に支持する顧客層の心をがっちり、ユザワヤさんがつかんでいるんでしょうね。

06