桜蔭学園は、中高一貫教育を提供する私立女子中学校・高等学校です。高校からの入学者を募集していない完全中高一貫校女子校。現在、女子進学校の御三家といえば、桜蔭、女子学院、雙葉。そして新御三家と言われるのが、豊島岡、吉祥女子、鴎友などです。その中でも、4人に1人が東大合格するくらい突出しているのが、桜蔭です。

「型にはまったエリート養成校」との評判もありますが、女子の最高峰私立中学といって、間違いありません。そもそも開学の成り立ちが、お茶の水大学の同窓会が発足した女子校であり、昔ながらの女子教育の伝統が残っている学校です。一学年の定員は240-50名(定数、勘違いしていました)と、そう多くも少なくもありませんが、卒業時には10名減になるそうです。その理由は、在学中に10名程度が海外留学、転出するからとのこと。

ちなみに、卒業生で有名なのが東京大学工学部建築学科卒業のタレント菊川怜さんです。生徒・学生を見回すと、すっきりした可愛らしい子もいれば、何かに本気で取り組んでいる子もいる。オシャレに目覚めるようなことよりも、自分のやりたいことを、自然体でやっていくというイメージを受けました。

06

面白かった出し物の筆頭が、サイエンスストリートという化学部・天文部・物理部等を集めたフロアでした。スタンプラリー・クイズ・クロスワード・なぞなぞ・オリエンテーリングをミックスしたゲームをやっていて、小中高生、どの学年でも楽しめました。カエルの解剖実習の見学など、本格的なパフォーマンスもあって、感心しました。

びっくりしたのが、校庭がない(地下には温水プールがある)!という超都心型の学校であるにもかかわらず、校舎内に自前のプラネタリウムや、天文台を持っているということです。理科系に進学する生徒(いわゆる、リケジョ)が多いのは、ここらへんに遠因があるのかもしれません。

<リケジョ 理系女子あるある、はコチラ>
http://www.mikito.biz/archives/29509647.html
10

入場制限がかかるくらい人気の文化祭です。在校生・卒業生でなければ、きちんと住所・氏名を記入して入館証を受け受けとらなければ、学校に入れません。その受付に長蛇の列がありました。

53

手作りのオリジナルな入校証。学校内は原則として、撮影禁止です。セキュリティの観点から妥当な措置だと思います。

09

桜蔭中学・高校の校章。校名(桜の花びらとその蔭)が形に結実した、シンプルかつ素晴らしいデザインだと思います。花びらを重ねたような特長ある形で、「陰」をくり抜きで表しているのが、秀逸だと思います。

B4XlQpVCAAAmAPV

制服はジャンパースカート。冬はブレザーを着用、リボンは付けません。見どころはベルトです。腰で巻くスタイルは他で見たことがありません。紺の色使いは地味ですが、ベルトのリボン結びはかわいらしい。

2