昭和20年8月、昭和天皇がラジオを通じて国民に終戦を告げた「玉音放送」の(ぎょくおん)音声を記録したレコード盤「玉音盤」の原盤の音声が、戦後70年を経て初めて公開されました。

<玉音放送は、コチラ>
http://bit.ly/1IjMomL

「玉音盤」は、昭和天皇が、ラジオを通じて国民に終戦を告げるため、終戦前日の昭和20年8月14日に録音し、翌15日正午からのいわゆる「玉音放送」に使われたものです。この8/14-8/15にかけての24時間は、8/8公開予定の映画「日本のいちばん長い日」でじっくりと描かれるのでしょうね。

<映画「日本のいちばん長い日」は、コチラ>
同時に昭和天皇が終戦の「聖断」を下した皇居内の地下施設・御文庫(おぶんこ)付属室の写真や映像も公表されました。ぜひ歴史の証拠として、永久保存してほしい。

2015.7.15に宮内庁に公開された御文庫の地上外観は、いたって普通の平屋建ての建物に見えます。御文庫付属室(地下施設)は、御文庫(地上施設)・吹上御殿と地下道でつながっているそうです。

lif1508010013-p2

70年の年月を経て朽ち果てた、御文庫の地下会議室。ここで最後の御前会議が開催され、天皇が終戦を聖断されたところかと思うと、「兵どもが夢の後」です。

lif1508010010-p8

注)写真は宮内庁HP、図は読売オンラインから転載しています。