いわき市平のイトーヨーカドー隣り(いわき市平祢宜町5-13)に、いわきPITが落成し、関係者によるオープニングイベント&コンサートが回されました。いわきPITとは、東日本大震災からの復興をエンターテインメントから後押しする、一般社団法人チームスマイルが運営するイベント会場のひとつです。PITはPower Into Tohokuの略称で、東北にパワーを注入したい!という思いのネーミングです。

運営主体は、エンタテインメント業界のキープレーヤーの「ぴあ」です。エンタテインメントによって、被災地の方々に勇気や元気を届ける力があるはずだ、そう信じた有志によって、自然発生的に生まれたボランティア活動に賛同する企業やエンターテイナー個人らの協力を得て、一般社団法人チームスマイルが運営されています。

チャリティコンサートの開催や復興支援イベントなど様々な支援活動は、一過性の単発のイベントに終わらせず、「継続性」が大事です。そのために、活動拠点の確保と、その開設と運営をまかなうための経済性の担保が必須となります。これら二つを解決するべく、東北三県(福島、宮城、岩手)と東京に、その活動拠点となるシアターを開設すること、それが、この「PIT」です。

以下、4つのPITを回線で接続することにより、リアルタイムで相互に映像・音楽等をやりとりすることができ、エンターテイメントだけでなく、会議やイベント等に使うことが想定されています。

豊洲PIT(東京都江東区 開業時期2014年10月、収容人数約3,100名)
いわきPIT(福島県いわき市 開業時期2015年7月、収容人数約200名)
仙台PIT(宮城県仙台市 開業時期2016年春予定、収容人数約1,200名)
釜石PIT(岩手県釜石市 開業時期2016年春予定、収容人数約150名)
 
51

ぴあ代表の矢内廣氏による、オープニングの挨拶がありました。氏は、いわき市四倉出身で、チケットぴあを創業された方です。現在も上場企業となったぴあの筆頭株主であり、また一般社団法人チームスマイルの代表でもあります。この方の、人的・資金的支援がなければ実現しえなかった。特にこれまで数十年もエンターテインメント業界で培ってきた、アーティストとの人的ネットワークは超パワフルです。チームスマイルの役員そして、共感して下さっているアーティストのリストは、いわゆる大物俳優、アーティスト、文化人等がずらりと並んでおり、圧巻です。このような活動をしていただいていることに、厚く感謝します。
 
59

オープニングコンサートとして、最初に演奏された方は、ピアニストの熊本マリさんと、チェリストの溝口肇さんの共演。溝口さんは、『世界の車窓から』のテーマ曲を作曲した方です。

ピアニストの熊本マリさんが弾いたのは、会場に設置された豊間中の奇跡のピアノです。音質が柔らかくて弾きやすいと、絶賛されていました。これを補修し、調律し、維持してきた、調律士の遠藤洋さんも嬉しかったと思います。

<豊間中の奇跡のピアノは、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/43550589.html
28

舞台を早変わりして、長唄も披露されました。

28

作曲家小六禮次郎さんと女優の倍賞千恵子さんご夫婦による、熱唱。

03

プリンセス・プリンセスの岸谷香 / 渡辺敦子さんが、サプライズ登場。翌日開催予定のこけら落しコンサートを前倒しして、岸谷香さん(奥居香さん)が「ジュリアン」を熱唱しました。

39

ボーカリストのSalyu(サリュウ)さんもサプライズ登場。

53

大きな期待とともに、このPITをどのように活用していくかが課題です。いうなれば、いわきPITは「ただのハコ」。このハコを、地元のアイデアでどのように使っていくか、発信していくか。「ただのハコ」が若い世代が新しいことを想像できる「基地」となれるかどうかは、発想力と行動力が試されていくのだと思います。