世界最大の浮体式洋上風力発電「ふくしま新風」の浮体部分が、小名浜港の藤原埠頭に接岸しています。三菱重工の長崎造船所から曳航されてきました。すでに、2013年11月から福島県沖20kmの場所で稼働している、2MWの浮体式洋上風力発電「ふくしま未来」と、その洋上変電所「ふくしま絆」に次ぐ、3基目です。

それにしても大きい。浮体部分だけで高さ20mはあるし、この浮体の上に、半径90m、直径180mの羽を取り付けるため、水面からの高さは200mにも及ぶそうです。これから巨大クレーンがこの藤原埠頭に設置され、支柱や発電機、羽の取付作業が、来春をめどに行われます。

31

1. ふくしま未来(2013.11~稼働中)
2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備。羽は三菱重工製。浮体は三井造船製。

2. ふくしま絆(2013.11~稼働中)
66kV浮体式洋上変電所。安定性が求められる発電所が洋上に設置されるのは、世界初。変電所は日立製作所製、浮体はジャパンマリンユナイテッド製。

<ふくしま未来 発電開始は、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/33972577.html

3. ふくしま新風(作業中)
7MWの油圧ドライブ式浮体式洋上風力発電設備。この規模の洋上風力発電が浮体式で設置されるのは世界初。羽も浮体も三菱重工製。

55

3つのタワーが洋上に顔を出していますが、水面下の鋼鉄で連結しています。これらが風や波が吹き荒れる外洋でもバランスをとって、支柱が設置される発電設備を安定させるわけです。

02

現在、2MWで発電中の「ふくしま未来」の電力は、洋上変電所「ふくしま絆」で66kVの高圧に変電されてから、海底ケーブルを経て、地上の東北電力に送電・売電されています。これは「ふくしま新風」でも同じ。これまでは規模が小さかったため、既存の送電線を利用して送電していましたが、実証実験を終え商用化の際には、送電設備の見直し、送電先の変更も必要になってくるかもしれません。

11

藤原埠頭付近の水深は、12-15m程度。作業中は、安定しているほうがよいので浮体を浮かせず水面下で固定しています。今の浮体の喫水は9m程度ですが支柱や羽を取付後に、浮かせてから福島県沖20km地点に再度曳航していくことになっているそうです。

04


29

注)上記写真は、すべて許可を得て撮影しております。