いわきの偉人、製薬王の星一(ほしはじめ)さんの資料をお借りに、星薬科大学に来ました。レイモンド設計のホールは当時のまま、星一の関連資料も充実展示されてます。こちらの企画にいろいろご協力頂けることになりました。こちらの歴史資料館をミニ修学旅行コースに組み込んでもいいかも。

R0023226

<いわきの偉人 星一(ほしはじめ)氏のおさらい>
星薬科大学の創立者・星一は、1873年、福島県いわき市に生まれました。苦学して東京商業学校を卒業し、20歳で自由の地アメリカへ渡り、コロンビア大学で経済学と統計学を修めました。12年間に及ぶ滞米期間中の経験から帰国後、製薬を始めることを決意し、研究を重ね、ついに“イヒチオール”という湿布薬を販売します。この薬の爆発的な人気となり、その収益を基に、1911年、星製薬株式会社を創立します。星薬科大学のきっかけは、この会社の社内教育部です。星は斬新な発想と行動力で次々と新製品を開発し、会社は順調な成長を遂げました。

第一次大戦終結後、星は科学技術の最先進国ドイツの窮状を知り、明治維新後、多くの日本人が学んだドイツに恩返しができたらと、私費で援助を決断します。1919年~1925年までの7年間、送金を続け、その総額は200万マルク、現在の邦貨で20億円を超えるそうです。この援助により、今日のドイツ科学の礎を支えたといわれています。

星一の長男、星新一氏はショートショートで有名ですが、本名は星親一。その由来は「親切第一」だそうです。同様に次男の本名は、星協一氏。その由来は「協力第一」だそうです。星一の人生のスタンスがここに現れていると思います。

R0023228

胸像の奥に見えるのが、講堂。1920年に竣工の講堂は、当時のまま、震災を逃れてそのまま残されています。現在は、入学式・卒業式等の各種イベントや講演会等で使用されています。世界的な建築家 アントニン・レイモンドによる設計で、創立者 星 一(ほしはじめ)が米国留学時に学んだコロンビア大学のローホールを模しているそうです。

R0023229

1階席800席、2階席400席を有する堂々としたホールで座席数は1,228席です。大正13年に完成した星薬科大学のシンボル的建物です。昭和25年頃には、NHK「のど自慢」にも利用されていたそうです。設計は、アントニン・レーモンド。旧帝国ホテルを設計した巨匠フランク・ロイド・ライトの直属の弟子です。

R0023232

階段がなくスロープで3階まで上れるようになっているのが特徴で、日本建築学会の「近代日本の名建築」、品川区の「しながわ百景」にも指定されているそうです。メインホール天井は創業者の「星」形です。ラジオ時代の一時期、紅白歌合戦の放送にも使われたそうです。
 
R0023234

天井には、薬草をモチーフにしたステンドグラスがあります。第2次世界大戦の祭に、灯火管制のためにガラスを墨で塗りつぶしてしまったので、戦後新たに作り直したそうです。デザインのモチーフは、やはり、薬草です。
 
R0023239

いたるところに、アントニン・レーモンドの意匠が残されています。その建築様式を見るために、毎年多くの建築家の卵がこの建物に訪れているそうです。

R0023241

今回の訪問の主目的は、いわきの偉人である星一氏の資料を拝見し、お借りできるものをいわきの子供達に持ち帰ることです。歴史博物館という形で、大学の創始者である星一の足跡を、しっかりと保存されており、大変助かりました。

星一のフレーズで宥免なのはなんといっても、「親切第一」。長男にその名をつけるほど、他人に尽くすことで国家の利益を考えていた人でした。その直筆の書がこちら。よくみると星一の名前の下に左という字が見えます。これは左手で書いたという意。星一は左利きだった。そしてその横を読むと、「為内田君」と読めます。いわゆる「ためがき」らしく、内田氏が星製薬のフランチャイズ店を出したときに、支援のために直筆を送ったものが巡り巡ってここに展示されています。
 
R0023282

星製薬は京橋に本社を構えて、薬の販売を日本初のチェーンストア方式で実施しました。
 
R0023258

他にも星一の直筆の書が展示されていました。

R0023260

台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、東京市第7代市長の、後藤新平が星一へ送った直筆の書がありました。日本の植民地経営者として、台湾で星のキニーネ製造に力を貸してくれた人物です。個人的には、関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として、東京のグランドデザインともいうべき帝都復興計画を立案した尊敬する人物です。計画は予算の都合から大幅に縮小されてしまいましたが、現在の靖国通りや昭和通りは、後藤新平が計画したものでです。昭和天皇も、後藤新平のオリジナル帝都復興計画が完全に遂行されていたら、帝都の発展はもっとすごいものになったであろう趣旨を発言されています。書には「薬業報国」と書いてあります。製薬業を極めることが、引いては日本国全体に報じることになる、という趣旨です。当時、星は後藤が総統を務める台湾で、世界発のキニーネという医療麻酔薬を、工業生産していました。これを応援する意図が垣間見える書です。
 
R0023261

第32代内閣総理大臣、極東軍事裁判で文官としては唯一のA級戦犯として有罪判決を受け死刑となった広田弘毅の直筆の書もありました。裏返せば後藤新平や広田弘毅と親しかったからからこそ、加藤高明内閣においては、排斥され事業が妨害されるという遠因にもなっています。「皇威靖亜」と書いてありますが、直訳すると国粋主義の匂いをダイレクトに感じます。
 
R0023262

<星薬科大学 星一 歴史史料館は、コチラ>