上野の国立科学博物館 「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」に行ってきました。複数の知人が既に行っていて、前評判が高かったイベントです。結論から先に言えば、「素晴らしい」。期間中に行くことを、超オススメします。

1

今回の企画は、モンゴルのゴビ砂漠で発掘された恐竜の総集編の感があります。ゴビ砂漠では1990年代から著名な発掘・発見が続いていましたが、モンゴル国内では発表する機会に恵まれませんでした。それを受けて、ここ東京で、モンゴルのゴビ砂漠の発掘の成果が集結しました。これまで収集した本物の化石、発掘の際のビデオが余すところなく、後悔されていました。
IMG_3737

アジア最大の肉食恐竜はタルボサウルスというのを、初めて知りました。本物の化石ばかりなので、本場感があります。タルボサウルスは、ティラノサウルス(Tレックス)の親戚で、ややスリムだったようです。
IMG_3738

子供は全長2m、大人は10mを越す大型肉食恐竜だったそうです。
IMG_3742

音声ガイドはハイテクです。ipad Miniが、一人500円で貸し出されます。大人と子供用が別バージョンが用意され、子供用はクイズ主体で全問正解で、クリア!の称号が得られます。大人用は、うんちく中心のようでした。小学校低学年の子でも、初めて触ったipad Miniを、見よう見まねで使っていることに驚きでした。
IMG_3747