いわき市内に分譲マンションがいくつあるか、実はこの種の公的な統計資料が存在しないんです。新築建物の着工統計等のマクロ指標はあるものの、「いわき市」かつ「分譲マンション」のカテゴリでは、過去に調査されていません。東京には、東京カンテイ等をはじめとする調査会社が複数あり、分譲実績や各地域の相場を把握することができ、マンション分譲会社が将来の販売計画の策定等に役立てるとともに、市場が透明になることよって取引が活発化するメリットもあると思います。

分譲マンション市場を調べる必要性を感じたのは、市の都市計画としてのコンパクトシティ構想や、街なか居住促進、市街地の高度利用を考える上で、どういった層がどういう目的で、市街地の分譲マンションを購入しているか把握しなければ、上記のような計画・構想は画餅に帰する可能性が高いからです。

残念ながら統計資料がないことは確認したものの、市内の不動産会社や現在分譲中のマンション分譲会社からのヒアリングで、いろいろ分かることがありました。現在いわき市平では、「グランフォセットいわきリバーサイド」というマンションが分譲販売受付中で、イトーヨーカドーの南側にショールームがあります。電話予約した上で、深考全幸(しんこうぜんさい、と読むそうです)という会社の販売ご担当者様からお話を伺ってきました。

<グランフォセットいわきリバーサイド>
http://www.grandfossette.com/fukushima/iwaki/

グランフォセットいわきリバーサイドは、総戸数125戸で、いわき最大級のマンションです。売主は金田建設という郡山市の会社で、深考全幸様はその売主から販売を委託された販売代理会社です。岩手県の会社ですが、いわきで販売を手がけるのは3棟目(アルスイートいわき、サンシティいわき駅前が過去販売実績)で、いわきのマンション市場に詳しいです。

<ヒアリング要旨>
・郡山市は市内に131棟の分譲マンションがある一方、いわき市内には、20棟の分譲マンションがある。ざっくりいっていわき市の分譲マンション市場は、郡山市の1/6の規模
・いわきの購入層は幅広いが、見学者の1-2割は市外の方、また5割が被災者関連
・若いファミリー層だけでなく、市内の一戸建てを売却して入居する高齢者夫婦もいる
・入居人数は2-4人が多いが、3LDKで5人入居のケースもある
・平成28年2月引渡予定と、引渡しまで2年以上かかると見ている。その理由は、建築需要逼迫が主
・広い部屋から申込みが入っている
・角部屋は、すべて完売済
・今後も次のマンションを企画していきたいが、土地価格上昇でなかなか用地仕入れが難しい

IMG_3399

立地は本町通り沿いで、夏井川に面した場所にありますが、バルコニーは南西側にとって、川に面する北東側は外部供用廊下です。そういう意味では方角的には、条件が良いわけではありません。なお敷地内駐車場は全戸分確保しています。逆に言えば、複数台所有の場合は、外部駐車場を自分で賃借手配する必要があります。
IMG_3395

先日、完売した(現在は建築中)、いわき市役所前のアルスイートいわき 72戸です。震災後、初のマンション分譲となり注目されました。避難されている方を中心に人気だったそうです。

IMG_3396

ショールーム内のモデルハウス リビングルームです。北側以外は視界が開けているので、高層階からの眺めは良さそうです。最上階の天井高は2.7mで開放感があります。一方、通常階の天井高は2.5mと標準的。
IMG_3401

モデルハウスのマスターベッドルーム。沖縄畳が敷かれていました。最近の流行なのでしょうか。
IMG_3403

バルコニーの幅は2mあるので、子供用プールが置けそうなくらい広い。
IMG_3405