いわき市長選立候補予定者公開討論会が、開催されました。これは9/1公示、9/8投票日の、いわき市市長選挙にあたり、立候補予定者のお考えを広く知って頂くために日本青年会議所が主催したものです。平成25年8月22日(木)18:30~にいわき市文化センター大ホールで行われました。

4名の立候補予定者(遠藤氏は、最終的に立候補を断念したとの報道あり)は、東日本大震災後の復旧・復興について、病院や地域医療の考え方、若い世代が安心して暮らせる街づくりなど市政ビジョンを披露しました。
SC3

公開討論会は、以下の順序で進行されました。
・各候補が、立候補を決めた理由
・市民から事前に寄せられた質問事項に対する、マルバツの一問一答
・テーマ別質問(雇用・経済・産業政策について、町外コミュニティについて)
・自己主張発表

写真の順序は、自己主張発表における登場順です。画像の出典は、YouTubeです。
SC6

SC7

SC8

SC9

<マルバツの質問内容 20問>
1. Twitter・Facebook等のSNSを個人的に活用している
2. 市議会議員の定数削減に取り組むべきであると思う
3. いわき市も公務員数を今より減らすべきと思う
4. いわき市独自の女性の社会参加を促す施策を打ち出すべきである
5. 市内の医療体制立直しに対し、これまで取られてきた施策は成功に至っていると思う
6. いわき市立総合磐城共立病院は、建替えるべきと思う
7. 震災後、市内の医療サービスが低下していると思う
8. 市が市民に対し、満足のいく被ばく調査が出来ていると思う
9. 地域コミュニティを含め、いわき市は安心して子育てができる環境が整っていると思う
10. 第1次産業に対する支援策を拡充すべきである
11. 新エネルギー施策を明確に持っている
12. いわき駅前の中心市街地空洞化の問題を解決する具体的な政策を持っている
13. 「フラガール」はいわきの宝であり、これからも今以上に市内外に浸透させるべきである
14. 津波によって被害を受けた沿岸部被災地域の再建は、進んでいると思う
15. 市内の除染は進んでいると思う
16. 震災後、市内の住宅が不足していると思う
17. 市内の町外コミュニティ整備を推進すべきであると思う
18. 復興後に必ず落ち込むであろう景気に対して、具体的な対策を持っている
19. 市として、国や東電に言うべきことは言うべきであると思う
20. 避難地域の人がいわき市に住居を購入した際は、住民票をいわき市に移すべきと思う

<各候補者のマルバツ回答>
SC0

SC1

<動画については、コチラ>
http://www.e-mirasen.jp/koukai_touron/index.html
http://www.gurutto-iwaki.com/detail/index_1134.html

いわき市民の方に広く、各候補者の主義主張を知って欲しいので、上記内容の転載は自由です。またどうぞお知り合いへ、拡散ください。ただし、上記文章を複製・加工したり、コピーしてお使いになることはご遠慮下さい。