アクアマリンふくしま 子ども体験館「アクアマリン えっぐ」釣り場で釣り体験に参加してみました。アクアマリ ン えっぐは、子ども向けの体験型釣り堀施設で、蛇の目ビーチに併設されています。子どもが楽しみながら、自然の大切さや生物の多様性、命の尊さなどを 学ぶことができます。釣った魚はその場で食べることができるというものです。
R0018651

料金は竿貸し代800円(えさ代も含む)、魚1尾100円(調理代も含む)です。一人で参加して3匹釣り上げると、800円+300円=1,100円を、事後に券売機で購入することになります。まずは事故のないように、係のお姉さんから注意事項等のレクチャーを受けます。
R0018631

子ども向けと思いきや、けっこう大人も釣りを楽しんでしました。海面まで柵がないので、小さいお子さんが落ちやしないのだろうかと心配してしまいます(実際は、落ちてもすぐ救い上げられるのでしょうが)。
R0018625

エサはオキアミ(小さなエビ)です。尾の部分を取り(手で直接ちぎる)、針を尾から差して、身から少し出してかけます。釣り指導員の方がつきっきりで指導してくださるので、小さい子でも自分でやってもらいます。えさづけなどしたことがない子供にとっては、自らの手でエビに針を刺し、魚のえさとすることは良い実体験になることでしょう。
R0018605
R0018628

本日の釣果、マアジが6匹。制限時間は20分なのですが、(エサを与えられていないせいか)入れ食い状態で、釣ろうと思ったら、無限に釣れそうです。ここの釣堀は、釣りの体験と命をいただくをテーマにした施設ですので 釣った魚は、ここで食べなければなりません。釣った魚のリリースは認められず、必ず自分が釣ったいのちの分だけ、自分で食べなくてはならないのです(1匹100円を支払って)。食べられる分だけということで、制限時間に余裕を残して終了です。
R0018629

食べる分だけ釣った魚は、隣接の調理受付に渡すとから揚げにしてくれます。20-30分の調理時間を待つと、自分の魚が、から揚げになってきます。揚げたて、かつ自分で釣った魚の味は格別です。よく揚がっているので、背骨や尾っぽも食べることができ、ほとんど食べかすが出ません。まさしくすべての命をいただいた、という感覚になります。
R0018632
R0018639

単なる観光施設でなく、体験型のアクアマリンは子供たちの興味の示し方が違うと感じました。釣った魚をその場で調理して食べる一環の食育、蛇の目ビーチで安全に海を体験し、ヒトデやナマコ、ホヤ等もタッチできます。派手なショーはないけれど、命について体感できる最高の水族館です。

水族館裏方を見ることができるバックヤードツアーも、知的好奇心をとてもくすぐる素晴らしいアイデアと実行力だと思います。
<バックヤードツアーについては、コチラ>
http://www.mikito.biz/archives/26568843.html
R0018601

ただ(比較的高額な)入館料についても言及すべきでしょう。大人1600円、子供(小学生以上)800円です。夫婦こども2人で、4800円、さらに釣りやランチ等をすれば1万円は見ておいたほうがよいかもしれません。一方、ショッピングセンターやモールで楽しく家族で1日を過ごすこともできます。余暇の過ごし方として入館料を高いとみるか、それに見合う価値ありと感じるか、私は断然後者に手を挙げたいと思います。